pancake party for Kids

f0095873_10105551.jpg
4月に控えているキッズパーティの試作。

前回どうなるかと思ったキッズレッスンですが、なかなか楽しい時間となりました。小学3年生と女子会状態になる50代。今の子はなかなか深いと悟った日でもありました。

前回は、テーブルマナーもあったので3コースメニューでしたが、今回はとにかく楽しく遊ぼうとパンケーキ・パーティ♪

チョコレートソース、キャラメルソース、ホイップバターを手作りします。

あとはフルーツ三昧。形を変えてカット。
そうするとパンケーキに表情が出て面白い。

全部準備できたら、あとは盛り付け。プレゼンタイムです。

今回はお助け隊二人で大人3人でやったのですが、これが童心に戻って楽しい楽しい。
あーだこーだと、それぞれこだわりでモリモリ。

もうどう盛りつけたって、かわいく見えるパンケーキ。
お申込みいただいたママさんに、「こういう風にやりますよー」と写真をお見せしたら、大人もやりたい!とのお返事。お子様からお習いくださいませ、ね。

さぁ。楽しいレッスンになりますように。



[PR]
# by suzume-no-oyado | 2017-03-22 10:24 | お教室 | Comments(0)

3月のお教室 ドイツ料理第3弾

f0095873_21351916.jpg


3月のレッスンが始まりました。
先月に引き続いてドイツ料理です。

メニューは以下の通り。

アミュゼ:野菜のポタージュ
スターター:キャベツのグリル シイタケとアンチョビスープ蒸し
メイン:リンダールラーデン
デザート:マンデルショコラクーヘン(アーモンドチョコケーキ)

アミュゼは、メインのときに一緒に煮た野菜の再利用です。牛肉の煮込みでいい味を出しているので、無駄にするのももったいなかったので。サワークリームがいいアクセントになってます。

スターターは、キャベツのグリル。普通のグリルよりスープで蒸し焼きにしてるので、より柔らかくより甘みが出てます。最後にしゃかしゃかとパルミジャーノを振りかけて。リクエストしていただければ、好きなだけ振りかけますよー。これから美味しい春キャベツの季節。とっても重宝する一品間違いなしデス。

メインはドイツの伝統料理リンダールラーデン。通常ベーコンが使われるところを合いびき肉になってます。お気に入りのドイツのおばあちゃんたちのレシピ集から。

肉の肉巻きですが、とてもあっさりとした煮込み料理。とろりとしたマッシュポテトといんげんのソテーと一緒に。

デザートは、珍しく焼きっぱなしケーキです。ホワイトチョコを練りこんであるので、しっとりとコクのあるケーキになってます。そのままでも美味しいですが、トップにチョコのグレーザー(グラサージュ)を。

3月4月とこちらのレッスンが続きます。
4月14日までなら、お好きな日でレッスンを組みますので、ご希望の方はご連絡くださいませ。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2017-03-14 21:35 | お教室 | Comments(0)

2月のお教室 ドイツ料理第2弾

体調もすっかり戻り、帰国ライフを満喫しております。

レシピの調整も終わり、あとはレッスンを待つのみ。

時折ふらっと帰ってきてするレッスンなのに、待っててくれる人がいる嬉しさ♡
おかげさまでほぼ満席になっております。

2月23日のみ、残席がございます。
参加ご希望の方は、ぜひご連絡くださいませ。

2月のメニューは以下の通りです。

f0095873_18302324.jpg

Zwiebelkuchen  ツヴィーヴェルクーヘン(たまねぎケーキ)
ドイツ版キッシュとでも申しましょうか。違うのは生地がパン生地であること。アパレイユ少な目で甘い玉ねぎがぎっしり詰まってます。

f0095873_18304854.jpg


サーモンのソテーとシュヴァーベン風ポテトサラダ
バイエルン地方のポテトサラダをシンプルなサーモンソテーと合わせました。簡単なのに満足度があって、最近の手抜き料理の第一位です(笑)

f0095873_1831820.jpg

Eiershcecke アイアーシェッケ
ドレスデン風チーズケーキです。底がタルト生地が多い中で、ドレスデンで食べたケーキの軽さを目指しスポンジにしてみました。カスタード部分もしっとりスフレになってます。


f0095873_18313258.jpg

サーモンと合わせる前のシュヴァーベン風ポテトサラダ
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2017-02-13 18:34 | お教室 | Comments(0)

帰国するたび....

帰国して、早1週間。やっと時差ボケから抜け出しつつある今日この頃。

年齢的に時差ボケからの脱出が難しくなっているとはいえ、今回ばかりは参った。

フライト時からいつもと違う感じ。通常は、離陸時に寝落ちし、ご飯のころに、待ってましたとばかりに目が覚める。そのあとは、うとうとしながらも、この時とばかり映画三昧。フライト中の睡眠はほどほどにしておけば、到着して、夕飯食べて飲んで、ほろ酔い気分でバタンキュー。なのに、映画1本見た後、気が付けば、あと2時間で成田到着。その上、リムジンの中でも寝落ち。

いつものパターンで夜を過ごしたが、案の定寝付けない。お酒を飲もうとつまらない本を読もうと眠気はやってこない。やっと寝入ったのが4時前後。丁度ドイツの寝る時間。で、起きたのが午後1時半。どっぷり時差ボケに突入!

これはマズい。ふらふらしながらも体を疲れさせようと日中動いたものの、その日に寝付いたのは朝5時過ぎ。目覚ましをとりあえず9時にかけておいたが鳴ったのも気が付かず。宅配便にお兄さんのチャイムで、どうにか10時半には起きだした。

寝るためにお酒を飲むのも嫌だったので、もうとりあえず成すがまま。
やっと、昨日からまともな時間に起きだした。やれやれ。

前回もそうだったが、帰国早々、故障が発覚。
マンションも築9年目となると、色々と支障が出てくるわけで。

前回は、仕事の命綱ともいえるオーブンレンジが突然息途絶えた。
で。今回は、ウォシュレット。

トイレで大仕事を終え(笑)、ウォシュレット発動。止めようと思ったら、スイッチがきかない。当然、シャワーは出っ放し。ど、どうやって止めればいいの?立ち上がるわけにもいかず、シャワシャワと浴び続ける事数分。あれやこれや押しているうちに、運よく水は止まった。

本当に壊れたのか?もう一度試してみたいけど、水が止まらないと困るし。
で、とりあえずマニュアル本を読んでみたら、便座の横にスイッチがあると。それでは。ともう一度確認してみたら、壁のリモコンはやはり動かず。

ご存知の方もいるかと思うが、原因はリモコンの電池切れ。電池が消耗すると、止めスイッチと乾燥スイッチがきかなくなるんだそうだ。

電池交換で事なきを得てよかったよかった。

次にイカれるのは、そろそろディスポーザーかな、と。

便利なものはいつか壊れるもの。    

願わくはあまり金額が張らないものであってほしい。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2017-01-31 14:14 | 暮らし | Comments(0)

帰国レッスンのお知らせ

先週、ドイツに寒波が来ていましたが、今日本が寒いことになっているようですね。
皆さま、お風邪なと召されないように。

さて、次回の帰国レッスンのお知らせです。

 ★ 日程 ★

2月23日(木)、24日(金)、25日(土)、26日(日)
3月14日(火)、15日(水)、17日(金)、18日(土)、19日(日)


を予定しております。

2月のメニューは、玉ねぎケーキとシュヴァーベン風ポテトサラダとサーモンのソテー

3月のメニューは、リンダールラーデン(ドイツ風牛肉巻きの煮込み)


です。スターター、デザートはまだ未定部分がありますが、決まり次第お知らせします。

お教室への質問、参加ご希望の方は、こちらのメールまでお知らせくださいませ。
cadelpassero@gmail.com

[PR]
# by suzume-no-oyado | 2017-01-12 06:13 | お教室 | Comments(0)

Rinderrouladen リンダールラーデン

f0095873_18255729.jpg

遅まきながら、明けましておめでとうございます。
新年、スタートいたしましたねー。
さて、どんな年になるのか、どんな年にするのか。楽しみであります。

シカゴ以来、行ったり来たりの生活でどっちつかずの落ち着かない生活をしております。なんて贅沢な、と思う反面、やっぱり落ち着いた生活も欲しい、という相変わらず無い物ねだりです。

年末のドイツ語レベルテストも無事ハナマル満点!まぁすごい!と思われがちですが、私で満点取れたって事は、どんだけ簡単だったか。基礎の基礎はきっちり入っているので、とりあえず満足デス。

年明けすぐに珍しく夫が休みを取れて、4泊5日のホリデーに行ってきました。これは、後程ご紹介。

そんなこんなで、やっと日常に戻り、レッスンに向けてしっかり準備を始めた次第。

まずは、前から気になっていたRinderrouladenリンダールラーデンから。

どこの国もそうですが、場所が違えば同じお料理も違ってきてて、まさか全国行脚をするわけにもいかないので、レシピを調べ上げて比較して試作しての作業になります。多少の調整は必要だとしても、一発でお気に入りのレシピに当たるのは超ラッキー。

その超ラッキーが今回のこのお料理。お気に入りのドイツのおばあちゃんのレシピ集から。

リンダールラーデンは、ドイツのクラシック料理。牛肉巻きの煮込みです。ベーコンを使ったものがほとんどですが、こちらは合いびき肉を使用。肉の肉巻きで肉肉料理です。中にはGurkenグルケン(日本だとガルキンの方がポピュラーでしょうか)も巻き込んでます。で、これをお野菜と一緒にスープや赤ワインとコトコト煮込みます。ほろっと柔らかいので、切り分けるのが大変なせいか、たいていのプレゼンはごろんとお皿の上で寝てます(笑)

が。

いかんせん見た目悪すぎ。ということで、少し軽く見えるようにしてみました。いんげんのソテーととろっとマッシュポテトにスープたっぷりが好み。

3月のレッスンで行う予定です。

本年も数少ないレッスンですが、よろしくお願いいたします。

すずめ
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2017-01-11 18:23 | お料理 | Comments(0)

メリークリスマス!

f0095873_23365171.jpg


まだまだと思っていたクリスマス。もう目の前です。

デュッセルドルフのクリスマスマーケットも街中にあふれ、暗くなってくるに従って、どこからともなく人が集まって、あれよあれよといっぱいになってきます。

ライン川沿いのクリマには観覧車も出て、散歩ついでにひとり乗り。のはずが、動く寸前にポーランド人のビジネスマンが。ちょっとカッコよければ、心も弾んだところですが、007の悪役をすこし穏やかにした感じの方。縁あって、4周もご一緒してしまいました。


今年のクリスマスは少し特別。ちりじりになった家族がこの時期に集まるのは、なんと10年ぶり!昨日、次女が到着し、今夜長女がやってきます。

10年ぶりのプレゼント交換も楽しみ♪ それぞれ自分のお金で買ってくれるのも、年月と成長を感じさせてくれます。

英仏英米国は25日にお祝いするけど、ドイツ・デュッセルドルフは日本同様24日に大きくお祝い。あ、でも南の方は25日だとか。

24日は14時くらいでお店はしまってしまい、次に開くのは27日。なので、あれやこれやと買い込んでしまいました。二人だけなら、あり物で済ましてしまうけど、せっかく来た娘たちには美味しいものを食べていってほしい。

さてさて、どんなクリスマスになりますやら。
皆さま、飲みすぎ食べ過ぎに気を付けましょうね~。

Merry Christmas to you
with very best wishes !!

[PR]
# by suzume-no-oyado | 2016-12-23 23:38 | 暮らし | Comments(0)

尻尾を巻いて逃げ出した話

1週間放牧状態のワタクシ。2週間前からいろいろイベントを考えていたわけで。

夫の留守中に派手に遊ぶのも何かと。それでは、小さくひとりクリスマスマーケットツアーにでも参加してしまえ!とひそかに目論んでいたのに。

うかつにも風邪をひいてしまい、ぐずぐずと1週間引きずり、やっとよくなってきた今日この頃。なもんで、一人お泊り旅行はギブアップ(涙)

「21日にレベルテストね」とドイツ語の先生に言われた昨日。心穏やかではなく。かといって、せっかくの自由時間を何もしないんじゃもったいない。ええ、とてつもなくもったいなーい!

ケルンにあるテルメに電車で行ってしまおうか、とよぎってみたが、そこは結構小心者。とりあえず地元のテルメなる物に行ってみようと思い立った本日。
しっかり下調べをして、いざ!

テルメとは名ばかりのなんとなーく市民プールに毛が生えた感じ。イメージは保養所か。
サウナは苦手だけどスチームサウナは大好き。なので、スイミングとサウナのチケットで入場。

サウナ組は2階のサウナの近くの更衣室へ。ドアを開けると、長い廊下。右側にはまるで病室のようなマッサージ用のベッドが並ぶ。なんか辛気臭いなぁと思いながら進む。

6個のロッカーが並ぶ部屋に入りカーテンを閉める。水着に着替えて、借りたバスローブを羽織って外に出た。

うおおおおーーーー!

目の前に裸のおっさんが尻を向けてるじゃないかぁぁ。

ああ、そうだった。ドイツのサウナは男女一緒。しかも、皆様すっぽんぽん。

て、聞いてはいましたが、テルメのHPのサウナでは、とりあえずバスタオルを巻いた男女の写真。すっかり忘れておりました。

頭がひょーっと飛んだのもつかの間。サウナルームの方から、次から次へと裸のおっさんがあられもない姿でうようよ湧いてきまして。もうもう、どこに目をやっていいんだか。頭の中であたふた。とりあえず、早くここから立ち去らななければと思うだけで、なにやら不審な行動をとってたらしく、ヒトリのすっぽんのおっさんが話しかけてきまして。

ドイツ語を考える余裕はこれっぽちもないので、とりあえず即英語。スイミングプールへの行き方を尋ねたら、すっぽんおじさん、まずはタオルで前を隠してくださり、親切にプールまで連れてってくれ、使い方を教えてくださいました。隠してくれて、ありがとうオジサマ。

ひとしきりスイミングでさっきの悪夢のような光景を忘れ去り、屋外のソルトプールでジャグジーを楽しみ。ああ、やっぱり来てよかったと思った頃に、覚悟を決めてサウナの方に戻ってみたら、また、ガビーン!

自分のロッカーの並びに男性が!はぁぁ?更衣室も男女一緒なんですかぁ?

くらっと来たけど、その前に、やっぱりサウナ料金を払ったからには、入っていかなきゃもったいない。ガウンを着たまま、サウナルーム探検。

シャワールームは仕切りがなく、すっぽんおじさんたちがシャワー中。無理だ、無理無理。この中でシャワーを浴びるなんて。

その先にサウナとスチームサウナがある。ちょろっと覗いたら、やっぱりおっさんばかりなり。いきなり出てきたおっさんに微笑まれる。が。すでに泣きたい気分。

いいですよ。男女一緒でも。せめてタオルでかくしていただけてたら、ぜんぜん問題ないんですけど。たとえ、自分はタオルを巻いて入ったとしても、大勢のすっぽんおじさんの中にいられれるかって、そりゃ無理な話。リラックスという拷問だわ。

頭の中で、「やっぱり無理ーー!」と叫び、自分のロッカーに誰もいないことを確認して、さっさと着替えて退散。

誰か一緒にいてくれたら、少しは勇気がわいてきたかもしれない。でも。いちいち「わぁぁ!」「うぉぉぉ!」と脳内叫びをあげてる小心者にはハードルが高すぎた、ドイツのサウナ事情でございました。

帰り際、隣接しているSalzgrotte 岩塩の洞窟で迷走した精神を癒してきました。あ、こちら、20度くらいのひんやりとした岩塩の壁で覆われた洞窟の部屋で45分間ベッドで寝るだけで、お肌や呼吸器にとっても良いと歌ってますが、真偽はいかほどに。

f0095873_5533583.jpg

[PR]
# by suzume-no-oyado | 2016-12-09 05:51 | 暮らし | Comments(0)

Florentiner ApfelKuchenフローレンス風アップルケーキ

f0095873_23433855.jpg


すっかりクリスマス一色になったドイツ。有名どころのクリスマスマーケットも興味津々だけど、とりあえず地元のクリスマスマーケットを楽しむつもり。ご報告は後日。

近所に火曜日と金曜日に立つマーケット。日々の食材はもっぱらそこから。その中にほぼリンゴだけを売ってるりんご屋さんがある。膨大なリンゴの量と種類。またどっさりまとめて買っていくお客さんにも驚かされる。りんごの消費量、半端ないデス。

なので、リンゴを使ったケーキの種類も半端なく。いくつかレシピをピックアップしてある中から、今回はこちらのフローレンス風アップルケーキ。

なんでドイツで、フローレンス??と、自分でも突っ込みたくなったけど、なんだかおいしそうで食べたかったから(笑)

最初はオリジナルレシピで、と思ったけど、いかんせんインスタントカスタードパウダーが使われているので、これはさすがに却下。あとは、ほぼほぼオリジナルのままで。

うーん。仕上がりは今一つでしたが、味は気に入ったので、調整をして再度作り直しましょう。
本来なら、上のアーモンドキャラメルがカリッとするはずだったんですが、型に中身を入れすぎたために流れ出てしまったという情けない結果に。

ケーキとなってるけどタルト。タルト生地は、いつものサブレ生地とほとんど一緒だけど作り方が違ったら、やっぱり食感も違ってくる。お菓子はだから面白い。

さて、次回いい報告ができるといいなー。
[PR]
# by suzume-no-oyado | 2016-11-19 23:44 | お料理 | Comments(0)

シュヴァーベン風ポテトサラダとサーモンソテー

f0095873_21305531.jpg

ああ、気が付けば、もう11月。

次女は誕生日を迎え、今年で26歳になったなんて信じられない。長女もそうだけど、娘はいくつになっても子供ような気がしてしまう。
という自身も気が付きゃ、四捨五入したら60になるんだった。
ふぅ、気が遠くなる。

10月最初にドイツに戻り、すっからかんに抜けきったドイツ語を取り戻すこと数週間。
後半からレッスンが始まり、これまた数週間後にレベルテストだと!

毎日やることが大事だとはわかっているが、子供のころからのムラのあるある性格は今に至り。がつっとやっては一休み。これじゃぁ、身につくものも身につかーん!と、少しばかり奮起している今日この頃。

そんなこんなで手抜き料理の日々も反省。勉強がてらドイツのレシピ本を読んでいたら、下がりに下がったモチベーションが上がってきた(ばんざーい!)

お気に入りのレシピ本。ドイツのおばあちゃんたちのレシピ集。素朴な伝統的なお料理たち。

以前から気になってSchwabischer Kaltoffelsalat シュヴァーベン風ポテトサラダ。
南ドイツ西部の郷土料理のひとつ。スープベースのドレッシングで和えたシンプルなサラダ。温かくしていただきます。

今回はサーモンソテーと一緒に。シンプルだけど、軽くてほっこりとしたお料理です。
f0095873_21312066.jpg

[PR]
# by suzume-no-oyado | 2016-11-11 21:31 | お料理 | Comments(0)