恋に落ちて

大抵はいつもゴロ寝の年末。夫の「カウチポテト化」は、年々目にあまるものがある。
私もお家大好き派だが、夫は更に上を行っている。

なので、貴重な休暇を、外でもっと楽しもう!と9月中に企画していたホリデー。

注文の多い娘の為(大晦日は友達と)、クリスマス直後の26日から29日まで、ミラノから2時間弱のBOARIOという温泉町へ行ってきた。

イゼオ湖の北にある山間の町。そこで、恋に落ちた
f0095873_031125.jpg


ホテルから2、3分のお店に彼らはいた。そう、相手は木彫りの人形。
人目見た途端、胸キュン。
トフィーの夜のお散歩中で、お店は既に閉店。暫くウィンドウにガッツリへばりつく。

昔から、この手のキャラの濃い人形が好き。美しく整った顔には魅力を感じない特異体質。野菜や果物に可愛くない顔のついた人形(私にはかわいい)とか眉のある犬とか。
f0095873_161756.jpg

次の日、早速お店に行った。
「ボナセーラ」と挨拶をしたが、職人気質のセニョールは愛想が無い。
ワクワク・ウキウキの気持ちを抑えつつ、いろいろ質問。興味を示した私に気をよくした彼は、私を工房まで案内してくれ説明してくれる。

実は、今回は「欲しい」だけじゃなく、「作りたい」と思ってしまった。なので、ミラノで習えないかと聞いてみたが、残念ながらNO。お店もこのエリアで2店舗のみで、ローカルなものだと。

HPはこちら。 artigianato comuno del legno

これらの人形たちの他、家具もあるとの事。(大きいほうのお店にあり)
お店の写真も快く撮らしてくれ、「外からの方が綺麗だよ」と言われて、外からもパチリ。
f0095873_16104879.jpg




f0095873_16112522.jpg


今回は、一目惚れした彼らを買ったが、本当は天使も太陽も月も欲しかった。
特に、お月様。なんていいお顔なんでしょう。(HPに写真あり)

新しい家族になった彼ら。名前も付けてあげよう、なんてアホなことを考えてる今日この頃。作られてから、どれくらい経っているのか分からないが、まだ、とても良い木の臭いがする。

また、あの仲間達に会いに行こう。
f0095873_152259.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-01-16 16:15 | 暮らし | Comments(2)
Commented by さとみーな at 2009-01-17 20:12 x
木彫のおじさんの目が~(笑
なんともいえない表情です。
座っているお野菜にも、つられ笑いしそうです。

イタリアの温泉は、良かったですか?
私はまだ入ったことがありません。
・・・もうしばらくは、行くこともなさそうですが(涙

うちの夫は、私の目が怖いので、子供たちを連れだそうとしますが、その行き先が「映画館」で、怒ったことがあります。
冬ならまだしも、春の暖かい日に、映画館って・・・・(怒

お尻叩き続けないといけないのかな?(苦笑
Commented by suzume-no-oyado at 2009-01-17 21:29
さとみーなさん、私の変わった趣味に、小さい頃の子供達は迷惑したそうです。「恐かった」と今でも言います。他にも恐い顔の人形、うちにごろごろしてます。野菜は子供に好評で、長女は学校のアートで玉ねぎを作ってくれました。

これから、その温泉について書きますが、日本の温泉と比較してはいけません。別物です。

しつけは、子供も夫も同じかもしれません。どちらも、口八丁手八丁で口説き落としましょう。がんばれっ!

既に諦めているすずめより、、、。
<< 究極のパンツ クリスマスの掟 >>