ご用心

10月に入って、もう2週目が過ぎようとしている。ミラノは、どんどん秋らしくなり、いい加減夏服をかたずけなくてはいけない強迫観念がある、今日この頃。

買い物に行けば、レジの前に並んでいた男性が、完全にヤクっていて、ちょっと、いや、かなり怖かった。

トラムを待っている間、やけにジロジロみる女性がいたので、気持ち攻撃的になり「なによっ!」と言わんばかりに睨み返したら、逆切れされ、これまた怖かった。

前を歩いていたおばさんのズボンのウエストから、どうみたってトイレットペーパーが垂れ下がっていた。さすがに、あそこまでの経験はないが、トイレに行って、拭いて、落ちたはずの紙がくっついたまま、というのはあった。あれは、その究極版だったのかもしれない。

パリから持ってきた車を売った。家の前の駐車場が一家に一台しか停められなくなったため。いざって言う時遠出ができるから、出来れば持っていたかった気もするが、市内は交通が便利なので、売ったところで、そう不便はなさそうだ。

で、所有者変更の手続きをしてきた。
お役所の職員は大抵、無愛想で偉そうだけど、昨日の女性は、こちらの顔さえ見ようとしない。サービス精神のない人間はサービス業を選んじゃいけないって強く実感。チェッ!

更年期障害の症状だと思っていたのぼせ。実は、甲状腺異常だった。
夏に汗だくになったって、わかりゃしない。
でも、なんでも更年期のせいにしてたら、危険だってわかった。

薬を飲み始めて、ちょっと体調がいい気がするのは、気のせいかもしれないが、とりあえず日常に戻った。

そろそろスキーホリデーを考えているので、疲れやすいのは、ちょっと困る。
それに、筋力低下も。

症状が沢山出るのは、もちろん嫌だけど、「体重減少」はウェルカムなんだけど。
なかなかうまくいかないものだ。

でも、病気で痩せたって、戻るのは早いっていうし。
変な期待はよしておこうっと。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-10-10 17:23 | 暮らし | Comments(0)
<< 涙のポスト・オフィス 夏の思い出 その3 初のテレビ出演 >>