涙のポスト・オフィス

先日まで半袖で過ごせたミラノ。数日前から、急激に冷え込んできた。
薄手のコートやカーディガンの時期をすっ飛ばしそうな勢い。ついでに、春一番ならぬ、秋一番のような強風。紅葉の前に葉っぱが無くなるんじゃないかと思えるくらい、葉っぱだらけの道路。

娘たちに荷物を送ろうと、中央郵便局まで足を運んだ。
以前、大きめの荷物を送った事があったので、その場所にいたおばさんに、「小包はここでいいんですか?」と尋ねたら、「あたしゃ、知らないよっ!」とどなられた。どうも、たまたま、そこにいたのか、今日だけそこで使われているのか、臨時働きらしい。あまりの不意打ちに、迂闊にもおののいてしまった。なんだか、悔しい。

そこで、優しそうなおじさんに聞くと、小さい荷物は、普通郵便の受付と同じだと。
で、チケットを取り、順番待ち。

窓口に行くと、全部紙で包んでいないと、送れないと言われる。そんなのって、、、。
確かに全部は包んでいなかった。十分紙が無かったから。でも、どこの国でも今まで送れたのに。大抵の事がいい加減なのに、なんでこんな事に細かいんだ!と突っ込みたくなる。

「包み紙は売ってますか?」と聞くと、売ってない、と仰る。これも、今までの国のポスト・オフィスには封筒から便箋、小包に必要な物、包み紙、ガムテープ、箱が売っていたのに、イタリアは何もなし!

「じゃ、どこで買えるの?」の質問には、「たぶん、タバッキ」と。うそつけって。そんな所に売ってるわけないでしょうが!

仕方なく、包み紙を求めて、近所をさまよい歩いた。行くとこ、行くとこ、ありません。
歩いて、歩いて、かなり遠くまで。まるで、紙を探して三千里って感じ。

やっと、見つけました。包み紙と、ガムテープと鋏を購入。思わぬ出費。

そして、ポストに戻り、急いで包み直し、また順番待ち。
やっと番が来たと思ったら、今度はここじゃないって。

うそだ!さっきは、ここでいいって言ったじゃない!

仕方が無いので、言われた窓口に持っていくと、「重さは?」と聞くので、「2キロ以下だと思います」と答えた。すると、切手をくれようとするので、「2キロ以下ですけど、正確な重さはわからないですけど」と告げると、「あなたが2キロ以下って言ったから」って。

普通、最初に計るだろう、と思った事を言うと、自分で計ってから持ってきてくれと。

もう、もう、もう、信じられない。自己申告なのか、この国は。
今まで、窓口で重さを計って、切手を買って貼って、お金を払って、受付終了だったのに。
なんで、こんなに面倒くさいわけ?

肝心の料金がいい加減なんて、いい加減にしてくれよ、です。

また、優しいおじさんのところに行き、重さを計ってもらい、窓口へ。

その時には、窓口のお姉さんも少し気の毒に思ってくれたのか、何やらやけに優しい。
なんとなく手とり足とり風になり、晴れて完了。

と、思いきや、支払いがカードでできない、と。運悪く、現金を十分持っておらず、しかも、さっきの紙と鋏とガムテープで出費。あれさえなければ、足りたのに、、、。くっ、、、。

「荷物は持って行ってくださいね」と言われ、紙袋にまた入れ直し、銀行へひとっ走り。幸い、通りの向こうでお金はおろせた。

ふたたび、いえいえ、三度、ポストへ舞い戻り、優しくなったお姉さんに、お金を払い、無事荷物を送る事が出来た。

本当にサービス不足。荷物だけじゃなく、手紙を受け取りに来たときだって、動きはのろいし、どこに何があるのかも、うろ覚えだし。効率が悪いなんてもんじゃない。

期待はしていないけど、やっぱり毎回、むかつく。
もう少し、鈍感になりたいものだ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-10-14 05:02 | 暮らし | Comments(10)
Commented by さとみーな at 2009-10-14 05:34 x
まぁまぁまぁまぁ・・・・完璧に現場を想像できる私もカワイソウかな(笑
郵便局・・・いわゆる公務員ですよね?(多分)
なのに、職員としての<プライド>がまーーーったくありませんね。
そして、<マニュアル>もないでしょ。
担当者によって、こんなにも言うコトがコロコロ変わるなんて、ありえませんよね。
私も、今までに何度も心の中で「ありえへんっ!」って突っ込んできたことか・・・・・(涙

そして、みんな手作業、遅いですよね。
ったく、バイトじゃあるまいし・・・って、言いたくなります。

普段のあのアバウトさは、一体どこに隠しているんでしょうね。

Commented by wei at 2009-10-14 12:01 x
イタリア在住の方の本に、隣の町までの郵便物もいつまでも届かないイタリアの郵便事情というのがありましたが、本当なんですね。
日本の郵便局が優秀すぎるんでしょうか・・・

イタリアの郵便局員を世襲制に・・という記事を読みましたが(nikkei↓)、それってどうなんでしょう? 永遠にそんな感じなんでしょうかね。なんか嫌ですねぇ~。 本当にいろいろ問題はあるにしても日本の郵便は優秀で良かったです。
ttp://www.sankei.jp.msn.com/economy/finance/091010/fnc0910100841009-n1.htm
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-14 22:35
さとみーなさん、肝心な事はアバウトで、どうでもいい事がアバウトじゃないて、まったく、バカかこいつらはっ!って思います。
バイトだって、もっと優秀な気がしますがね。

何度か郵便物を取りに行ったときだって、保管している場所が分からないんですから。毎日、何を思って働いているんでしょうか。

期待はしていないのに、それ以下ってあんまりです。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-14 22:40
weiさん、郵便物が届かないって聞いていましたが、今のところ、それはありません。イギリスから送った時のほうが、無くなる事がありました。

それより、イタリアは、海外からの小包に税金がつくって聞きました。それが、たとえ古着だったとしてもです。

日本はサービスが良すぎます。あれに慣れきっていると、海外生活はできません!(きっぱり) 気が狂いますって。

Commented by mina-milano at 2009-10-16 04:20
おつかれさまですーーー。
ポスタ・・。なるべく足を踏み入れたくない場所です。
何かあっても夫に、まかせた!!としたり。
中央駅の近くの小さいポスタは、なかなか感じが良く普通に
働いてくれていたので、よくソコまでいっていたのですが、少し前に
人がいろいろ変わったりしたらしく、まったくもてダメでした。
はたらけーー。

体調はどうです?
急に寒くなりましたね。無理しないで、ね!
Commented by yuuk at 2009-10-16 19:05 x
suzumeさん、お久しぶりです。夏の思い出から、続けて読ませていただきました。あ〜、いろいろありましたね〜。盛り沢山!

この郵便局の件、ほんと、そうなんですよね〜。お疲れさまでした〜!
私も何度同じような目にあったことか。壊れ物と書いた小包を、「ちゃんと梱包してるのか?」と、わざと壊されそうになったり、日本ではもう何十年も当たり前のサービスを聞いてみたら、「バカかこの女!」という扱いを受けたり・・・ここ、中世で時が止まってます・・・(←おおげさ。でも涙)。変わらないでしょうね、このまんま。
いくら鈍感になっても、気づいちゃいますよ(笑)。やっぱり他の人のように、その場で大声で相手に罵声を浴びせて、それですっきり気を紛らわせるという術を覚えるしかないのかも・・・^^;。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-16 23:36
minaちゃん、ありがとう。薬が効いたようで、すっかり調子がいいです。

ポスタ。出来れば行きたくない場所って、よくわかります。
最初は、怒鳴られましたが、最後は、感じが良かったので、まぁ、よし!とします。

でも、こんな目に会うと、途端に日本が恋しくなりました。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-16 23:42
yuukさん、お元気ですか?トリノはもっと寒そうですね。

「イタリアは一番」って言いきるなら、よその国のサービスを知ってほしいです。サービスにおいては、第3国です。

イタリア人のみならずフランス人も、よく怒鳴り合いますが、見ていて、ストレスが溜まらなさそうで羨ましいです。

日本人は我慢しすぎなんですよ。でも、こればっかりは国民性ですから。
いきなりやったって、喧嘩慣れしていない日本人同士だったら、それこそ大変な事になりそうです。こちらは、根に持ちませんから。

でも、あちらが悪いのに、こちらが怒鳴られると、つい謝っちゃう小心さは、どうにかしたいものです(涙
Commented by yuuk at 2009-10-17 00:33 x
suzumeさん、わかりますよぉ〜!!!
ほんとにね〜、我慢しちゃって忘れられない国民性と、自分に非があっても怒鳴って力づくでやり込めて、ケロッと忘れられちゃう国民性の組み合わせですからね〜。やり込められちゃう側としては、悔しいし、悲しいし・・・ですよね〜。
これでこっちも怒鳴っちゃったりしたら、きっと、自己嫌悪に落ち入ったりしちゃうんですよ。とほほ。さらっと、冷静な嫌みを言ってやり込められるようにしたいな〜とは思ってるんですが・・・難しいです^^;。
このところ、イタリアにやり込められてて弱ってるので、suzumeさんのこのエピソードに、すごく共感してしまいました。

トリノはこのところずいぶん寒くなりましたが、でも青空なんですよ!まだ、冬の灰色空にはなってません!^^これは嬉しいです!
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-17 15:57
yuukさん、少し凹み気味なのですね。元気出してくださいね。

美味しいものでも食べて、お互いがんばりませう!
<< 今年も白トリュフ ご用心 >>