今年も白トリュフ

f0095873_384667.jpg

秋を満喫する事もなく、突然冬へと、すとっ飛びのミラノ。

今年もやってきました白トリュフの季節。

ちょうど日本から出張に来ていた友人と一緒にピエモンテ出身のピエロからのご招待。
彼の友人が持っているレストランは、アルバの横のクーネオの丘の上、Monte Lupo オオカミの山の Ca` del lupo オオカミの家の名前が付いている。バツ一ピエロが2度目の結婚を祝った、思い出深いところ。
f0095873_34682.jpg

丘からの山々の美しい景色を眺められるように、全部ガラス張りのレストラン。
景色も美味しいなんて、なんて幸せ。

ランチはコースメニューのみ。
デザート以外は2種類ずつあったが、わがまま言って、2種類とも少しずつ頂く事に。

まずは、アンティ・パスト。
f0095873_302671.jpg
子牛の薄切りとタルタルにピエモンテのツナクリームを添えて。あっさりとしたタルタルは、いくらでも食べれそうだった。







f0095873_305897.jpgもう一品は、tapaniという根菜のフラン。茶碗蒸しのよう。あっさりチーズソースと待ちに待った白トリュフと一緒に。ふわっとした香りにうっとりとし、そして、また、かすかに歯ごたえのする食感が好き。






f0095873_312686.jpgプリモは、ピエモンテのパスタ、tajarin タヤリン。卵黄を多めに使っているので、しっかりとした黄色のパスタ。お味は、バターとあっさり塩味。そのシンプルな味の上に、「僕がメイン」と言わんばかりに白トリュフがかかっている。確かに主役はこちらのほう。
去年行ったレストランより、このパスタはここのほうが美味しい。

ピエロと友人は、この後ラビオリを食べる。目は食べたかったが、これを食べたら、セコンドまでたどり着けないので、つまみ食いのみ。

このラビオリ。中身は玉ねぎ。それに、クリームを軽く絡めてあるだけ。
次は、これを食べたい。絶品です。(写真が無いのが残念)



f0095873_32426.jpg
セコンドは、ウサギとポーク。で、やっぱりポークを選ぶ。
ハーブたっぷりでローストされたポークは、なんとも言えずしっとり。
シンプルなローストポテトと一緒に。

だんだん、塩加減が強くなってきて、〆でぐっと味を引き締めた。
うーん、やられた。



f0095873_33856.jpg
ドルチェは、ナッツたっぷりのヌガー風クリームとチョコレートソース。さっくりと美味しかった。






今回は、もちろん白トリュフがメインだったけど、忘れちゃいけない、ピエモンテはイタリアワインの大御所、バルバレスコとバロッロの産地。

最初に軽めを1本。2本目に、濃厚なのを1本。って、ほとんど、ピエロと友人が飲む。
濃厚な2本目は、有名なGajaを試したが、うーん、ハッキリ言って、好みではなかった。

f0095873_353029.jpgそれより、ピエロがブドウ畑から失敬してきた、バルバレスコ用のぶどうが、甘くておいしかった、という、何とも情けない話。これこそ、「豚に真珠だろう」って。

「ブドウ畑からブドウを取ったら、捕まっちゃうんじゃないの?」と聞いたら、収穫後のセコンドのブドウは別に平気だと、ピエロ談。本当かな?

ドルチェの後は、コーヒーと食後酒。食後酒と言えば、グラッパ。
友人のレストランと言う事で、4種類ものグラッパをビンごと、抱えて運んで来たピエロ。
それと、私にぜひ飲ませたいと、別に1本。

バローロのキナート。濃縮された甘いワイン。

ポートワインほどの濃厚さと癖は無く、どちらかと言うと、冬に飲む暖かいワイン(モルド・ワイン/ヴァン・ショー)に近い感じ。抱え込んで、飲みたくなったほど。

食後は、カンティーナへワインを買い付けに。
こちらも、ピエロのお父さんの友人というから凄い。友達の輪、全開である。

ただワインを買うだけかと思ったら、工場見学に、試飲までさせていただく。
思いもしなかったので、余計嬉しい。

2種類のワインを試飲してから、ショップへ移動。そこでも、4種類のワインの試飲。
全部飲んでいたら、沢山味見が出来ないから、捨ててもいいのはわかっていても、ついつい捨てるのはもったいない気がして、無理して飲んでしまう。「タダ」だと、どうも、がめつくなる。

赤・白ワイン、数本と、忘れずに、バローロのキナートも。大事に飲もうっと。

なんだか、ものすごく密な一日。
全てが、期待以上で、しかも、それが、みんなの心配りから来ている感じがした。

人間関係って、本当に大事だ。

f0095873_371120.jpg
壁一面、歴代のバロッロが並ぶ。









f0095873_374564.jpg
樽から試飲。それだけで、美味しい気がしてくる。









f0095873_381167.jpg
ワインの残りかすのブドウ。これからグラッパが出来る。

訪ねたカンティーナはこちら。アグリツーリズモもあって、次は泊ってみたい。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-10-22 03:22 | 暮らし | Comments(9)
Commented by 森の人 at 2009-10-22 03:39 x
すっごい幸せな友達の輪ですね〜
おいしそうな私の知っているピエモンテ料理に!!!たくさんのトリュフ達がのっている。。。
きっと別なお料理になっているんだろうな〜と想像しています。
素敵な旅ですね〜直に濃いお話聞けるのを楽しみにしちゃいます。
今日は魚のクラスの最終日、もしやお会い出来るかも〜と期待していましたがこういうことでしたか。フムフム
イタリアって楽しみ方がたくさんあって、忙しいです〜
Commented by さとみーな at 2009-10-22 04:40 x
写真に釘付けです♪
特に、パスタ!!
白トリュフがいーーーっぱい乗っていて、美味しそう!!
どれも、優雅な香が漂って、羨ましい限り。
いいなぁ~、いいなぁ~しか、言葉が出てきません。

美味しいワイン・・・コレは、もう子供のシッターが必要になりますね。
美味しく飲んで、ゴロンって寝たいもの(笑

色んなご縁があるんですね。
会うご縁はあっても、それが、1回2回と続いていくのは、やはりスズメさんのお人柄ですね。

Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-22 07:19
森の人さん、すごいのは、この二人の友人の人脈です。なんか私たち夫婦はそれに、タダ乗りさせていただいている感じです。

ピエモンテ料理、結構好きです。年越し前に、もう一度、このレストランに行きたいです。
私も見習って、貪欲にいろんな地方の料理を食べつくしたいので、ご指導のほど、宜しくお願いしまーす。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-22 07:25
さとみーなさん、ワインを飲んでゴロンって、いいですよね。後先考えずにって。

トリュフがかかると、本当に別物になりますね。去年は、のど元までトリュフを詰め込んでしまい、ありがたさのない食べ方をしてしまいました。
なので、今年は名残惜しい食べ方を。

人のご縁は、大事にしたいです。特に海外にいると、優しさが身にしみます。
Commented by yuuk at 2009-10-25 02:43 x
おお〜!最近、すっかりここに嫌気がさしているところに、このピエモンテ料理のおいしそうなこと!!
ここに住むようになって、意外に好きになったのは、野菜のフラン。こういう茶わん蒸し系、以前は好きじゃなかったんですよ。
タヤリンに白トリュフか〜。食べてみた〜い。玉ねぎのラビオリ、おいしそうですね〜。興味津々!
私は締め(笑・デザート)に、ブネッを食べるのが楽しみなんです。suzumeさんはお好きですか?
寒くなって、雪のアルプスの山並が見える、大好きな季節になりました。こういう景色を美ながらのピエモンテ料理は最高でしょうね。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-25 05:17
yuukさん、「すっかりここに嫌気がさしているところに」に笑いました。その感覚、すごくわかります。

タヤリンに白トリュフ。シンプルなだけに、パスタの美味しさと微妙な塩加減がとても大事だと思いました。

「ブネッ」はどんなドルチェでしょう?まだ未開です。

明日から、電車に乗るのが目的でサンモリッツに行ってきます。
写真アップ、楽しみに待っててくださいねー。
Commented by yuuk at 2009-10-25 18:58 x
あら、ブネッ(Bunet)はまだ食べたことなかったですか?
アーモンド粉をベースにしたアマレットというビスコットを牛乳でふやかして、そこに卵とカカオを入れて焼いたプディングです。お酒を入れることもありますね。
カカオ味が濃厚でおいしいんですよ。でもまあ、他のピエモンテ料理同様、高カロリーなのですが(笑)。次回、お試し下さい。

電車に乗るのが目的でサンモリッツ!!いいですね〜!!
写真アップ、楽しみにしてます!
Commented by kagatas-table at 2009-10-29 07:23
うわー ラビオリ見れないとなるとどんなのか見たい!
全部美味しそうです。ワインも試飲したいです。はぁー
決算さえなければ私も今月ミラノ入りできたのにーーーーー
代わりに、Stoke on Trentに家族に行きました。Alton Towersいって、ウエッジウッドとロイヤルドルトンとブリッジウォーターの食器かってきました。

#↑Bunet食べてみたいです!!!食べるのでしたら写真撮ってきてくださいね!
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-29 23:58
kagataさん、実は昨日、作ってみました。微妙なところは違いましたが、思った味に仕上がりました。でも、ちょっと改良の余地ありだったので、次回アップします。

この美味しい時期にいらっしゃれなくて残念です。
Alton Towers懐かしいです。よく行きました。ネメシス乗りました?
ウエッジウッドのファクトリーは健在なんでしょうか?
行きたいですー。
<< Il corso di Pri... 涙のポスト・オフィス >>