Il corso di Primi piatti

昨日から、プリモのコースが始まった。
前日に、前回のパスタのコースでご一緒だったMさんからご連絡。

「明日、ストだけど大丈夫かしら?」と。

スト? ああ、金曜日だった。 こちらのストは大抵金曜日。
それでも、通勤・通学に迷惑にならないように、朝(8時45分まで)と夕方(3時から6時まで)は運行するのだが、私たちのコースが始まるのが9時半からで、終わるのが12時半。

さて、朝は早めに出るとして、帰りはどうしよう。
動いてなかったら、お茶でも、と半ば楽しみにしながら出かけた。

学校には9時前についてしまい、一番乗りかな、と思ったら、すでに一人いらっしゃった。
みんな、ストで早めに出る羽目になったようだ。

コースは総勢8名。ちょうどいいサイズ。9名以上になると、手狭な感じ。
そのうち、なんと、日本人が4名。3名は以前ご一緒した方々。もう一人は、若い奥様。隣町のパビアから3時間かけての参加。うーん、ガッツがある。

で、そのうちの二人が、このコースのシェフの名前を見てうなった。
聞くと、アジア人嫌いで、あからさまな態度を取ると。質問なんて、出来る感じじゃない、と。

まぁ、取ってしまったものは仕方がない。じゃ、突っ込んでみようか。それとも、シェフ心をくすぐってみようか、といたずら心が出てくる、始末に負えない性格。

日本人4人が、並んで座ったら、さぞ気分が悪かろう、と一人端に移動。
お隣には、ミドルエイジのイケメン。悪くない。

神経質そうなシェフ登場。こちらに二コリは無いものの、最初から悪態は、さすがに無い。
レッスンが始まる前に、一通りの説明。で、最初の5分で気づいた事が。

シェフ、生徒みんなに話しかけると言うよりは、私の隣のイケメンにしか見ていない。
って事は、彼はゲイか。隣のイケメンは、かなり彼好みって事か。

確実に、なにやらはしゃいでるシェフ。かわいいじゃない。なので、私が話しかけても、嫌な顔をせず応対。そりゃ、できないだろう。隣に、気になる彼がいるんだもの。

レッスン中、爽やか光線を出すシェフ。

彼の嫌な態度を知っている彼女らは、「人が変わったよう」とコメント。
なので、事の詳細を説明。皆、納得。

残り3レッスン。イケメン殿がいる限り、このクラスは安泰そうだ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-10-24 18:11 | 暮らし | Comments(8)
Commented by M at 2009-10-25 06:04 x
すずめ隊長〜!!!
あのシェフが講師ということで、私は結構ストレスです(笑)
でも隊長初めみんながいてくれるので、とっても心強いです。
その筋だとすると、あの結婚指輪はどういうことに???
あの素晴らしい微笑みがかえって怖かったです〜
来週もガンガンいたずら心で構ってあげて下さいませ(笑)
私はけんかしない様にガンバリマス。。。
でも手打ちパスタ悔しいほどに美味しかったなあ。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-28 04:04
Mさん、「結婚指輪」ってほんとうですか?ぶきみです~。あの熱い視線はあきらかに、、、、。

ま、どちらでも、あの神経質なシェフが、ハッピーで愛想が良ければいいんですよね。

3種類とも、すごーく美味しかったですねー。今週も楽しみです。
Commented by kagatas-table at 2009-10-29 07:25
で、どんなパスタを習ったんですか?(笑)
Commented by suzume-no-oyado at 2009-10-30 00:03
kagataさん、突っ込みますね。(笑
初日、帰って来てから、ひとつ作ったのですが、写真取りませんでした。

3種類で、「ソーセージとアスパラガスのタリアテッレ」と「フレッシュトマトとエビとオニオンのタリオリーニ」、山羊のチーズのラビオリ、バジルソース」です。山羊のチーズは食べれそうもないと思っていたら、意外に臭くなかったです。バジルソースはクリームでしたが、あっさり目でした。
Commented at 2009-11-09 00:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-11-12 15:18
鍵コメKさん、メールを送りました。もし、届いてないようでしたら、ご連絡ください。
Commented at 2009-11-12 20:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-11-13 03:31
Kさん、再度トライです。届いてないようなら、またご連絡ください。
<< ベルニナ・エキスプレス Part1 今年も白トリュフ >>