ベルニナ・エキスプレス Part1

早くアップしようと思いながら、数週間が過ぎてしまった。

あれは、9月の半ば。友人からのDVDでNHKの世界遺産への招待を見た夫。
テーマは、「スイス・アルプ」で、ベルニナ鉄道とローザンヌのブドウ畑の特集。
最近、なにやら鉄道の旅に興味のある彼。見た途端、「これ乗りたい!」と子供のよう。

思い立ったらすぐ企画。の

10月末に行ってまいりました。
前の週まで、雨、雨、雨のミラノ。でも、週末には秋晴れとなり、滞在中もずっと晴れ。

ベルニナ・エキスプレスとは、スイスのレーティッシュ鉄道のティラーノTirano(イタリア)からサン・モリッツSt.Moritz(スイス)を結ぶ線。この線の景観が世界遺産に指定されている。それから、もうひとつ。サン・モリッツからクールChurを結ぶアルブラ線のトゥージスTusisまでの景観も世界遺産指定。

出発は日曜日の朝。もちろん、トフィーも一緒。朝6時ミラノからティラーノまでの電車に乗る。4時半過ぎには起きて、6時少し前に中央駅に到着。ホームを確認しようとしたが、あと20分で出発だというのに、まだ出ていない。「遅れているのかな?」と思いながら、駅の時計を見たら、ななんと、時計は5時を指している。

がっびーん!!

そうだった。昨日は10月最後の土曜日。今日から冬時間だったんだ。
夫婦ふたりして、どーっと疲れが出てきた。

ヨーロッパに住んで、約25年。あたりまえのように、冬時間・夏時間を過ごしてきたのに。
こんな間違え初めて。しかも、こんな時に。

えっ?てことは、4時半に起きたって事は3時半に起きたってことだ。しかも、旅行の前は寝付けないって言うのに。睡眠不足、はななだしい。自分たちのバカさ加減に、脱力感。前日は、旅行の準備で、時間が変わるなんて、これっぽちも思い出さなかった。

「でもさ、夏時間に変わる時だったら、電車乗り損ねてたから、ま、運が良かったのよ」と慰めにもならない慰めをしながら、ホームで1時間以上待つ事に。

で、やっと電車に乗り込む。しょぼい電車のくせに、トフィーのチケットも買わなくてはならず、しかもワンコ連れは、2等車の最後に乗らなくてはならない。所要時間は2時間半。途中から、湖が延々と続き、しょぼい電車ながら、景色はなかなかのもの。

そして、ティラーノに到着。とても小さな駅。改札を出るとすぐ横がレーティッシュ鉄道の駅。わかりやすくて、いい。

駅前のバールで朝食を食べた後、いざ、ベルニナ・エクスプレスへ!

このベルニナ・エクスプレス、パノラマ電車が1日に何本か出ている。天井近くまでの窓で、出来れば乗りたかったが、時間が合わず断念。でも、普通車だって、十分堪能できる。

サン・モリッツまで2時間30分。電車が出て、10分もしないうちに、すでに山あいの中。
もう、景色にくぎづけである。
f0095873_20501970.jpg

まずは最初のスポット。ぐるっと回る鉄橋ならぬ石橋。町もかわいい。

f0095873_2051261.jpg



そして、Miralago。
f0095873_20514246.jpg

この世のものとは思えない程の透明な湖。逆さナントか、とかよくあるが、映っているというより、湖底に町があるかのように、はっきり、くっきりと見える。景色にかぶりつく、大人ふたり。


f0095873_20521465.jpg



f0095873_20524492.jpg



帰りの電車で気がついたが、この透明感あふれる景色を見るには条件が必要。
まずは、朝日のあたる、午前中であること。しかも天気がよく、風が無い事。
そうでなければ、ここは、ただの湖でしかない。

客車には、私たち二人のみ。なので、右の景色が良ければ右に座り、左の景色が良ければ左に座りで、好きかって。実に楽しい。

思ったよりは、滝が無かったけど、山あいを流れる川が、なんともそそられる。
というのも、自称「川フェチ」。

「うーん、いい川だわ」と言う私に、夫は、「なにをもっていい川なの?」と。

まずは、堤防が無い自然な状態で、あまり大きくない川。そして、岩やら石やら、障害物が適度にあり、水しぶきが見える事。川原があれば、尚いい。これが、私の基準。

川に山に紅葉。しかも、山はどんどん雪山になっていく。
f0095873_20541192.jpg

サン・モリッツの手前で止まった ospizio bernina。
ここは、アイス・ランド?と見間違えるような湖の色。吸い込まれるようなミルキーグリーン。(写真よりミルキーだった)一度はアイス・ランドに行ってみたいと思っていたが、これを見て、とりあえず、「もういいかな」と思えてきた。

ころころと変わる景色に飽きる事もなく、あっという間の2時間半。無事、サンモリッツに到着した。
泊ったホテルは、真正面に雪山とサン・モリッツ湖。部屋はさほど広くないが、バスルームのきれいさに、これまた感激。ホテルのレストランも充実していて、今のところ大満足の二人と一匹。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-11-10 21:03 | 暮らし | Comments(4)
Commented by さとみーな at 2009-11-11 17:09 x
きーんと澄んだ空気が想像できますね。
まさに、<世界の車窓>な雰囲気です♪

ですが、スズメさん、やっちゃいましたね(笑
まさか、まさかのスズメさんが・・・・・って感じです。
今年は、31日が土曜日だったので、イタリア人でもイマイチ25日から冬時間とは思っていない人が多かったですよ。
でも、1時間遅れて着くよりは、良かったですね。
旅行記、続きも楽しみにしてまーす!

でね、夫が帰国しまして、先日頂いたオープンパイ、作ってみましたー。
正直、やっぱりスズメさんのとは違いましたが(苦笑)、夫も気に入ってくれたので、良かったです。
パイ生地は、RANAのを使いました。
結構サクサクで美味しかったのですが、パイ生地の上に乗せる割合も大事ですよね。多すぎず、少なからず・・・・ですよね。
あと、松の実が無かったのが残念でした。

今度は、年末年始に向けて、何かレッスンをお願いします☆
Commented by suzume-no-oyado at 2009-11-11 18:58
さとみーなさん、ほんとうに「まさか」でした。事もあろうに、「夫」もです。あの、きっちり、かっちりの彼が忘れるなんて。「猿も木から落ちる」でしたね。

パイ、好評でよかったです。トマトをのせすぎると、水っぽくなりすぎるし、アーティチョークのオイルをしっかりしないと、これまた、ぐっちょりですから。松の実も美味しいですが、黒オリーブも必須です。(前回忘れましたが)

レッスン、ご希望の日をお知らせください。
Commented by ポポ手 at 2009-11-12 10:14 x
まさに絶景ですね。
この、湖にうつった家や山と、それから雪の川。
それにしても、
人はあまりに素晴らしく美しい人や光景に出会うと、なぜ「この世の者とは思えない」って感じるんだろう。ふだん見るこの世はそれだけ小汚いからなのかなと思ったり。
心までさーーーーーーっと漂白されていきそう。
ありがとうございます。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-11-12 15:17
ポポ手さん、お元気ですか?
言われてみれば、おっしゃる通り。なんで「この世のものとは思えない」って感じるんでしょうね。

人間が作った数多くの素晴らしいものも見てきましたが、自然がおりなす素晴らしい景色には、とうていかなわないって気がしました。心の揺さぶりが違います。

仕事が落ち着いたら、ぜひ遊びに来てください。ご案内します。
<< ベルニナ・エクスプレス part2 Il corso di Pri... >>