「ほっ」と。キャンペーン

ベルニナ・エクスプレス part2

f0095873_333186.jpg

ホテルの部屋から見える景色に、しばらく見とれた後は、せっかくだからと、すぐ上の階のハマムとサウナへ。夫は、サウナ派なので、シャワーを浴びては、サウナに戻りを繰り返していたが、私はもっぱら、ハマムのほう。疲れている時にサウナに入って、あわやひっくり返りそうになった経験がある。それ以来、サウナは完全元気な時じゃないと入らないようにしている。

サウナとハマムの横の部屋は、リラックスルームで、ここからも山と湖が一望できる。サンベッドにタオルをひいて、ひと時ぽ~っとする。

夕食は、ホテルのレストランへ。

サン・モリッツはスイスだけど、公用語はドイツ語、イタリア語、ロマンシュとなっている。さすがなのは、ほとんどの店で、英語もフランス語もOK。実に国際的。

レストランのウェイターも、各国語がペラペラ。ドイツ語で話しかければ、ドイツ語でかえってくるし、イタリア語で注文したら、きちんとイタリア語で反応。さすがだ。

で、肝心のお料理のほうは、フレンチ系でなかなかのお味で、言う事無し!
f0095873_375096.jpg

次の日も快晴。早朝は、かなり霧が出ていたが、見る見るうちに晴れていく。
朝食も、かなり充実していて、特に手作りミューズリーが美味しかった。

10時過ぎのアルブラ線でサン・モリッツからトゥージスへ。
駅には、日本人のツアーの方々が沢山いて、トフィーは注目の的。写真大会になってしまう。
f0095873_342391.jpg

トゥージスまでは1時間30分。途中、たくさん川があって、私はかぶりつき。でも、ベルニナ線に比べると、景色が淡々としていて印象が薄い。先に乗るべきだったかもしれない。
f0095873_352020.jpg


お昼過ぎに、サン・モリッツに戻り、ランチ。私の希望で、名物トマト・チーズ・フォンデュを。
夫は、「フォンデュは食べたくない」と言っていたが、2人前からでないと注文できない、と言う事で、むりやり付き合ってもらう事に。
f0095873_36132.jpg

トマト・チーズ・フォンデュは、通常のフォンデュに、トマト・ペーストとフレッシュ・トマトのみじん切りを加えたもの。トマトの酸味がきいて、普通のフォンデュよりさっぱりしていて、後をひく。「食べたくない」と言っていたわりには、やけに良く食べた夫。けっこう気に入ったらしい。ポテトとパンを全て平らげる。今思い出しても、もう一度食べたい。

帰る日の朝食時、ランチ用にサンドイッチを作る。「え~、そんな事していいの?」と、嫌そうに言う夫に、「別に平気よ。電車旅行の時は、いつもやってるから。」と。彼は、気が引けてる感じなので、二人分を作る。ついでにリンゴもふたつ持ち帰り。これで、お昼は確保。

天候にも恵まれ、また、サンモリッツからティラーノまでベルニナ線に乗る。ティラーノからミラノまでの電車の乗り継ぎが恐ろしく悪くて、2時間待ち。ミラノ行きの出発した数分後に到着するなんて、もう少し仲良くなって欲しいものである。

ティラーノ到着寸前に、「もしかして、電車の遅れがあるかも」と淡い期待を抱いていたが、その通りになり、ミラノ行きに駆け込み乗車。2時間の時間のロスを埋めた。

ベルニナ・エクスプレス。超お勧め旅行である。
f0095873_371074.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2009-11-13 07:01 | 暮らし | Comments(8)
Commented by ポポ手 at 2009-11-14 10:29 x
トフィーがおめかししていて可愛い!
しかし、各国語で返すウエイターより、英独仏伊語、その上、日本語まで!のスズメさんのほうが私は凄いと思う。

それにしても早朝の朝日が神秘的。
景色の写真ていつもなら、さほど興味も湧かないんだけど、やっぱり自分の知ってる人、自分の友達が見たと思うせいか、気持ちが入るのだろうか、すごく心に響きます。もっと見たいと思ってしまう。
トマトフォンデュもうまそうです。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-11-14 16:50
ポポ手さん、おめかしトフィーは、ここサン・モリッツでも、何人もの奇麗な女性を射落としていました。

あ、因みにドイツ語は夫担当です。私のドイツ語の記憶は、遥か彼方すぎて、見えません。そういえば、トゥージスに行った時、ほとんどドイツ語だったので、夫にまかせたら、結局、聞いてほしい事も聞いてくれず、無駄な時間をかなり過ごしてしまいました。頼った私が、バカでした。

トマトフォンデュ、一緒に食べたいです。
Commented by 森の人 at 2009-11-15 03:11 x
超お勧めだけあって、本当に素晴らしい〜のが写真からガンガン伝わってきます。
同じワンコ連れとしても、同じ道を辿ってみたいです。
トマトのフォンデュ美味しそうですね〜
これはぜひぜひ教えて頂きたい一品です!
来年の帰国までにこのツアー行けるかなぁ。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-11-15 16:10
森の人さん、思い立ったら、行き時です。少なくとも1泊をお勧めしますが、日帰りでも可能です。

トマトフォンデュは、また食べたいので、近いうちに作ってみます。美味しかったら、一緒に食べましょう。
Commented by yuuk at 2009-11-15 20:49 x
電車に乗りに行く旅、いいですね〜。
私も、車窓から見える川と林を眺めるのが好きです。suzumeさんほど、川愛好家ではないと思いますが(笑)
トマトフォンドュ、ちょっと目からうろこですね。たしかにチーズだけよりさっぱりしてそうで、おいしそうです!
Commented by さとみーな at 2009-11-16 05:43 x
絶景を眺めるノンビリ時間、良いですねぇ~。
日常から離れて、心も体もノンビリされたんですね♪
あと何年すれば、私にノンビリ週末がやってくるのやら・・・・(ははは

トマトチーズフォンデュ、酸味があって、食べやすそうですね。
フォンデュ鍋は買ったのに、まだ一度も箱から出していません(苦笑

お出かけトフィー、カメラ目線っ!!(笑
「旅行だぁ~」って理解してるのね。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-11-16 15:24
yuukさん、車は便利ですが、運転者が景色を満喫できないし、ぽ~っとできないんですよね。(されたら困る)マニュアルな旅にハマってます。
素敵な川があったら、教えてください。
Commented by suzume-no-oyado at 2009-11-16 15:29
さとみーなさん、子供と体当たり出来るうちはしておかないと。大きくなったら、よけられちゃいますからね。ある意味、小さいうちが花です。ああ、可愛かったころが、懐かしい、、、。

トフィーは5歳児のように、窓にかぶりつきで景色を見てました。その姿を見ているのも癒しです。
<< ホタテのマリネ ベルニナ・エキスプレス Part1 >>