「ほっ」と。キャンペーン

La Plagne  ラ・プラーニュ パート1

先々週の今頃は、白銀の世界でスキー三昧だったのに、なんだか、それも遥か昔のような。

ヨーロッパ最後となる今季。さて、どこでスキーを楽しもうか、と選んだのが、ラ・プラーニュ。フランス側のアルプスである。

イタリアに住んでいて、なにもわざわざフランスまで、電車を乗り継いでいかなくてもよさそうだが、広大さにかけては、やっぱりフランス側が一番。それに、3年前、20数年ぶりにスキーを再びやり始めたのも、ここプラーニュだったせいか、思い入れがある。

前回は、ヒッキーの娘と一緒だった。同じ地に再び来て、あのどん底状態を思い返すと、今の娘の元気さが信じられなくて、思わず、ホロっと来てしまう母。

で、今回、一緒に来たのは、現在パリ在住の友人オク。彼女とは、幼・小・中・高校と一緒。途中、親しかった頃もあったが、特別ではなかった私たち。それが、1997年に高校卒業後、ドイツで再会して以来、同じ海外転々組として、似たような苦労を分かち合っている。

日程は、1月10日(日)から7泊8日。オクはパリから、私はミラノから現地集合。
去年は、1回の乗り換えで行けたのに、今年は、2回の乗り換え。しかも、朝の5時15分発。

3時過ぎには起きて、4時過ぎには家を出る。相変わらず、早くしすぎた。
トリノ行きの電車に乗り込む。ただでさえ、がらがらの車内。その上、真っ暗。中で何が起きても不思議はない感じ。おおっ、怖っ!なので、人が(安全そうな)多そうな車両を選ぶ。

寒いローカル電車でトリノに到着。ここからは、インターシティでシャンベリーまで。

やっと暖かい電車に乗れた、と思ったら、凍えるように寒い車内。こんな中で3時間もいれない、と危惧していたら、車掌さんが来て、暖房の不具合なので、席を移れと。

安堵したのもつかの間、移された先は、普通の席ではなく、6人ひと部屋のコンパートメント。移された3人の人たちと、ひとしきり文句を言っていたが、何はともあれ、暖かいので良しとした。

が!数分後、自動ドアが故障で、開けっぱなし。駅に着くたび、外気が入って来て、全員凍える。踏んだり蹴ったりである。中の一人が、「僕、通勤でこの電車使っているんですけど、同じプロブレム、今週で3回目です。高いチケット代払っているのに、これはないですよね」って怒っていた。そうか、3回目とは気の毒に。1回目の私としては、我慢するっきゃない。

その後は、何事もなく、無事ホテルに到着。一足先に到着したオクと、久しぶりの再会。

クラブ・メッドのツアーは3食付き。食べ放題、飲み放題である。
1日目の夜は、イスラエルからのビッグ・グループと一緒になり、とめどなく喋り、とめどなく飲んだ。どうやって寝たのかも覚えてないくらい。大学生じゃあるまいし、と、ちょっと反省。

スキー初日の朝は、二人して、グッテリと目が覚めた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-01-25 18:08 | 暮らし | Comments(2)
Commented by さとみーな at 2010-01-25 19:45 x
初日から、なかなかハードでしたね(苦笑
ま、「ココ、イタリアダカラ・・・・」っていう免疫がついてしまっているんですね(爆

幼稚園時代からのご友人も、ヨーロッパで生活されているなんて、偶然でしょうか?
ん~、つよ~いご縁・・・でしょうね。
で、そういうお方と、ゲレンデで待ち合わせ・・・・なんて、またまたスケールが大きいお話ですね。

続きも楽しみにしています♪


Commented by suzume-no-oyado at 2010-01-25 22:45
さとみーなさん、そうなんですよね。何が起こっても不思議はない、イタリア、フランス。ったく!と思いながらも、腹を立てる事もなく、ただただ不運な自分を慰めていました。

友人もおなじヨーロッパ内を移動していましたが、同じ時に同じ国に住む事はありませんでした。でも、隣り合わせただけでも、幸運です。

では、次回に、また。
<< La Plagne パート2 ... A Happy New Year ! >>