「ほっ」と。キャンペーン

La plagne パート3

去年、肉離れを起こした時の、あの「ぐにゅ~」と伸びた感覚が、まるで昨日のように思い出された初日。肉離れ経験者の友人オクも、この「ぐにゅ~」がキーワードらしく、この言葉を言っては、二人でゾゾッとしていた。

それでも、3日目ともなると、だいぶ感覚が戻ってきたが、いまだ青コースから脱しきれない。プラーニュは、青コースも赤コースもそれほど差がないのだけれど、ビビりの私にとっては、「赤」を見ただけで、やっぱり、のどがゴクンとなってしまう。以前は、赤コースばかり滑っていたのに、この変わりよう、、、。

3日目は、朝から雪でかなり視界が悪くて、疲れたけれど、4日目は朝から快晴。この日は、お昼過ぎまでの遠出。途中、サラミやチーズのお店を持っているコーチが、ワインやサラミ、チーズを持ってきてくれて、雪の中でピクニック。いいコーチだ。

4日目には、パリからあけみちゃんが合流。2日間、すっかり体育会系になる。が、去年までのように滑れなかった。

去年の夏以降、甲状腺異常で体力が低下したせいか、以前なら1本で滑れた距離が、途中休みを入れても、息絶え絶え。あまりの、ゼ~ゼ~ハ~ハ~に自分が情けなくなった。

あけみちゃんとの1日目の午後。オクはちょっと疲れ気味だったので、ホテルに戻り、二人で山の反対側に行ってみた。

コース一つ一つにそれぞれ名前がついているのだが、その中に「神風」「腹切り」という、なんとも悪趣味な名前が。

「腹切り」を滑ろう、とあけみちゃん提案。が、名前でビビった私のために、もう一つの赤コースを選んだのだけど、これが、なんともはや、大失敗。

長いのは分かっていた。赤コースだと言うのもわかっていた。が、、、これって、本当に赤???行けども行けども、林道コース。途中、2か所ほど、滑れる斜面があったが、1時間半ほど歩いてばかり。アルペンスキーじゃなく、ここはクロスカントリーか!と腹立たしいやら、苦しいやら。スッスッと歩けるならまだしも、途中上り坂ありで、息はきれるは、汗はかくやらで、体力をつけるための強化合宿かっ!と叫びたくなる。

別に待ってもらいたかったわけじゃないけど、先を行くあけみちゃんは見えなくなるし、
「も~いやだ~!」と泣き言を言いながらの1時間半。まるで、おこちゃま状態。

それでも、終わりはあるもので、やっとふもとに到着。その後は、ロープーウェイを乗り継ぎ山頂へ。お昼を食べて、ゆっくりホテルまで戻った。行ってみないと分からないとは言え、まったくもって、時間を無駄にした。「二度といかないっ(怒」と、同感のあけみちゃんと私。

最終日は、オクとあけみちゃんの3人で1日滑る。かなり上に登った時、滑るはずの赤コースが整備のため閉鎖中。残るは、なんと黒コースのみ。冗談じゃない!と思っていると、レスキュー隊の人たちが言う事には、「雪のコンディションはいいし、黒と言っても赤に近いから、大丈夫」だと。

下手な人がそう言うなら信じられるが、エキスパートが言うんじゃ、まったくもって信じちゃいけない。なので、あけみちゃんだけ滑り降りる事になり、私とオクは、ロープーウェイで、次の地点まで逆戻り。

途中、後ろに見える斜面を見ながら、「正しい決断」を実感。案の定、「赤コースと変わりない」をうのみにしたスキーヤー達が斜面で立ち往生。ああ、行かなくて良かった。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、いよいよバカンスも終わり。
午後出発のオクにお別れを言って、私は、朝9時半にバスに乗り込む。ホテルから一緒のイタリア人とシャンベリーまで同行。

ロベルトは、イタリアの南出身の旅の専門誌のジャーナリスト。世界中を回っていると言う。背は小さめだけど、細身ながらスポーツマンらしく、引きしまった体型。40代半ばくらいで、なかなかおしゃれ。すごくハンサムってわけじゃないけど、精悍な顔立ち。帽子が良く似合っていた。

いろいろ話しているうちに、帽子から覗く長髪に、なにやら見覚えが。

ああっ!この髪は、もしや、毎晩レストランで見かけた、あの見事なV字ハゲ!まるで、コマネチ顔負けのアングルのハゲ。しかも、残った髪が真っ黒ときてるから、コントラストがこれまた見事。その見事なハゲにやけにムキッとした鍛えた後姿は、まさに目の前のこの方。

素敵な方だったけど、なんだかガッカリ。だって、帽子の後ろにv字ハゲが見えてしまうんだもの。ああ、こんな事を言ったら、ハゲの方から石を投げられてしまうかも。別に、ハゲが嫌いなわけじゃないが、やっぱりv字ハゲより、ショーン・コネリーのような美しいハゲのほうが、断然好み。

最後まで楽しませてもらった1週間のスキーホリデー。元気で帰宅した次の日、ゲロゲロで目が覚めた。風邪がお腹に来たらしい。毎日ふたりでボトル1本飲んでいたのが、こんな形でツケが来ようとは。トホホである。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-02-02 06:26 | 暮らし | Comments(6)
Commented by yuuk at 2010-02-02 07:34 x
うわっ、すごいじゃないですか〜!ほんと、滑りまくってますね〜。
よかった、以前、お誘いいただいた時に、「スキーできません」って言っておいて(笑)。私は、とてもみなさんにはついていけません。私、ヨタヨタ〜ですもん^^;。
そしてこのV字はげ話、強烈!途中までは、すてきな方を想像してたのに・・・。
いるんですね〜、はげの方。常々、こっちには禿げてる人が少ないな〜。日本人は、黒髪とのコントラストがあるから、不利よね〜、目立つよね〜と思ってたんですが。そうか、いるんですね〜。(いや、本人には何の責任もないんですけどね)
↓え?ミラノより都会のトリノって、どこですか?!全然、田舎ですよ〜、ミラノに比べたら。ミラノからトリノの中央駅に戻るだけで、「ああ、小さい町だ。ホッとする」って思いますもん^^(←どんだけ田舎もん?)
来てくださいよ、トリノに。お待ちしてますぅ〜。
Commented by M at 2010-02-02 16:52 x
V字ハゲに反応してしまいました〜
いろいろ想像していますが、本物を見てみたいです。
イタリアおハゲの方多いですよね。
実は我が家の義父さん!かなりのおハゲなんです。
でもそれを右から左に隠すので、簾の向こうに見る満月状態。
結婚した時、いずれ遺伝子受け継いでいるから夫も来るかなあと思っていたら最近兆候が見え始めました。。。
どうぞあの素敵なショーンコネリー様の様になります様にと思っているのですが、どうなることでしょう(笑)

スキーは途中でもう結構!と思ってもたどり着かなければならないのが辛いところですね〜なんだかスキーした気になれました。
Commented by さとみーな at 2010-02-02 17:12 x
アラフィフさんの冬休みだなんて、思えないんですけど~。
まさしく、大学のサークル活動のような感じ!!
スズメさん、体力ありますねぇ。
そんな華奢な体なのに・・・・・。

V字はげっ!!(爆
なかなかのネーミングに笑ってしまったけど、さて、我が夫は、いかに・・・・・・・
そんなにカーブの酷くないUってとこかしら?(笑
あ。
でも、私、剃るように言いましたから。
だって、「他」の髪の毛が長いと、落ち武者みたいだもん(爆
今では、髪の毛が5ミリになったら「あ~、伸びてきた~、剃らなくっちゃ~」となりました。
冬は、絶対帽子を手放せませんけどね(笑


Commented by suzume-no-oyado at 2010-02-02 19:18
yuukさん、トリノは小さいんですか。駅の付近は通りも広くて立派な感じでしたが。実はまだトリノに行った事がないんです。帰国前には、ぜひ行きたいので、その際にはお会いしたいですね。

イタリア人、ハゲ少ないですか?私の周りには結構いますが、すだれハゲは、あまりいませんね。
Commented by suzume-no-oyado at 2010-02-02 19:25
さとみーなさん、好きでこんな体力強化合宿をしたわけじゃありませんって。泣きたくなるくらい、辛かったです。

「落ち武者」まさに、それでした。黒髪とのコントラストも凄かったですが、精悍な顔立ちだけに、あわれ、というか、、、。そうそう、ハリー・ポターにでてくる、猫を飼っている学校の用務員みたいなおじさんのような、後姿でした。

V字ハゲじゃなかったら、帽子から覗く、ロン毛もかっこいいんですけどね。今から思えば、前から見たハゲ姿を見て見たかったです。
もし、私が彼のパートナーだったら、やっぱり剃らせますね。そのほうが、ずっとセクシーだと思います。
Commented by suzume-no-oyado at 2010-02-02 19:34
Mさん、本当に「すだれハゲ」の方にモノ申す!です。「悲しい未練」は、十分理解できますが、それでも、未練がましすぎて、男らしくないです。見た目も、ハゲを強調してしまいますし。
ショーン・コネリーのハゲはいいですよね。

仰るとおり!スキーは途中で、「もうけっこう」と思っても、滑り降りなきゃ帰れないんです。体力を消耗しきった後、なんどか自分を奮い立たせました。毎回、スキーホリデーの後は、少し強くなった気がします。
<< キャベツとからすみのタリアテッレ  La Plagne パート2 ... >>