お出かけ三昧

あれから娘が日本に戻り、入れ替わりに日本から大学時代の友人がミラノに到着。

パリに旅行の予定が決まりそうな所へ、たまたま私が電話をかけ、「最後の機会だから」ってパリの前にミラノに遊びに来てくれた。

滞在は1週間。到着した翌日、Pollenzoに1泊2日。星付きレストランとワインテイスティング、帰りには大型アウトレットでショッピング。

月曜日はコモ湖へ。美味しいパスタ専門のレストランで、一人2皿のパスタを堪能。

火曜日はベルガモへ。お目当てのレストランで、ベルガモアルタ風のラビオリを食べる予定だったのに運悪く定休日。前回は、イギリスの友人が急病で食べれなかった。3度目の正直はあるのだろうか??

水曜日は別行動。私はお料理学校のコース。友人は一人観光。

木曜日はそろってお料理学校へ。魚コースの最終日に飛び入り参加の彼女。

そして、金曜日。休む暇なくパリへと旅立って行った。

彼女が参加したパリツアーは、なんとも豪華。某元首相がパリで個展を開くので、その元首相夫妻とご一緒の文化ツアー。

泊るところは、な、なんとホテルクリオンに5泊。ルーブル、オルセーと主だった美術館は全てガイド付き。食事はすべて星付きレストラン。しかも、1日はホテルクリオンのパーティールームで晩さん会。著名人も沢山で、なんとも豪華だったとか。

飛行機も、行き帰りビジネスクラス。費用は、、、。汗が出る程おたこうございました。

「現地参加も可能だから、あなたも参加しない?」と誘われ、因みにお値段は?と聞いたところ、

50万円~~!!

もちろん、お断りいたしました。はい。

確かに、値段は高かったが、ツアーの内容を概算すると、かなりお得感がある。この値段でこの内容、であるが、しかし、、、。高いもんは高い!

先日、全ての工程を終え、帰国した彼女から報告が。

クリオンでの晩さん会は、さすがに素晴らしかったと。でも、その他の星付きレストランでの食事は、ぜんぜん美味しくなかった、と。

一瞬、「パリの星付きレストランでまずいの??」と思ったが、どうも団体さん用のメニューだったとか。でも、いくら団体用だったとしても、星付きともあろうものが!プライドは無いのか!プライドは!「星返せ!」である。

観光で来ると、数あるレストランの中から、美味しいのを選ぶのはけっこう難しい。しかも、いくら美味しいとされているレストランでも、全部のメニューが美味しいわけじゃなく、運の悪さが終結すると、結末が悲惨な事がしばしば起こる。

自身の最初のパリ旅行も惨敗だった。

込んでいるレストランは、ハズレがない、と入ったレストラン。生肉のハンバーグが出てきた。何回「もっと焼いて」と頼んでも、まっ赤っか。こんなんだったら、メニューに「タルタル」って書いてほしかった。夜は夜で、歯が溶けそうな、クレープシュゼットだったし。

その後、ロンドンに行ったが、あの時代のロンドンは、パリよりもっとハズレが多く悲惨だった。でも、暮らしてみて分かったのだが、パブにしろレストランにしろ観光地のは美味しくないって事。

20年以上も前のイギリスでも、地元のパブや屋台のジャンクフードでも、たくさん美味しいものがあった。友人が訪ねてくるたび、そう言ったところに連れていくと、皆口をそろえて「イギリス料理は美味しくないって覚悟していたけど、美味しいんだね」って。

ケンミンショーでも言っている。どこでも「秘密のごちそう」があるものなんだ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-03-14 17:29 | 暮らし | Comments(8)
Commented by さとみーな at 2010-03-14 17:59 x
おや? 
すずめさんの更新、見逃していました~(涙

確かに、「秘密のごちそう」ありそうですね。
例に漏れず、私もイギリスの食事はおいしく無いと思っていました。
フィッシュ&チップスとか、ロースとビーフくらいしか、思い出せないし(苦笑
ってか、その前に、まだ行ったコトがなかったんだった。
早く行きたい行きたいと思っているのに、なかなか実現できずにいます。

イタリアでもね、やっぱり当たり外れがありますもんね。
「これだったら、家で食べたほうがマシ」と、何度思ったことか(笑

Commented by suzume-no-oyado at 2010-03-14 21:37
さとみーなさん、お久しぶりです。って、私はあなたのブログ、読み逃げしてましたが(笑 新車、良かったですねー。因みに私は新車の匂いが好きですが、酔います。

「当たりはずれ」ありますよね。こんなのにお金払うのか、と情けなく思う事がよくあります。

イギリス、行く前にご連絡くださいね。美味しいもの、伝授いたします。
Commented by ゆきも at 2010-03-14 23:42 x
お出かけ三昧、ご一緒できて、楽しかったです。
お世話になりました。本当にありがとう!

星の数もさることながら、家庭料理の美味しさは永遠ですよね。
ごちそうになった焼きリゾットやキャベツのからすみ添え?は絶品でした!ごちそうさまでした。

suzumeちゃんのご帰国を首をながーくして、お待ちしています。
そうそう、ベルガモの三度目の正直をお祈りしています!
Commented by suzume-no-oyado at 2010-03-15 02:58
ゆきもさん、コモ湖のパスタはよかったですが、ベルガモが残念でした。食べさせたかったな、あのラビオリ。

ところで、なぜハンドルネームが「ゆきも」さんなのでしょう?たしか、以前もコメント残してくれたよね?その時は、あなただと分かってコメント返しをしていませんでした。
Commented by Mima at 2010-03-15 06:40 x
Suzumeさんお久しぶりです。帰国前に色々と旅行をなさっているようでいいですね。たくさんの思い出を作ってください。

私も観光地の近くに住んでいますが、人気のレストランでもメニューによって当りハズレがあるというのを実感します。肉嫌いの私は更にオーダーできるものが限られてしまうし・・・。どんなにおいしいレストラン食でもそれが毎日続くと胃にもたれてきますし、飽きるんですよね(特にアメリカ!)。それにアメリカのレストランで出される量は軽く日本の2倍はありますから、お持ち帰りしたとしても過食気味になり体によくないと思います。

結局ファーマーズマーケットのような新鮮な食材が手には入るところで仕入れて自宅で作って食べるというのが一番いいのかもしれませんね。
Commented by ゆきも at 2010-03-15 09:09 x
ゆきもです。
そうでした、変なハンドルネームですよね、以前、お話したと思ってました。
スイス人の友人が家族宛ての手紙に私の事を「YUKIMO」と書いたことから、それ以来、「ゆきも」。
アルファベットにすると、なんとなく…でしょ?
Commented by suzume-no-oyado at 2010-03-15 15:09
Mimaさん、お久しぶりです。お元気でしたか?

本当に「ここのこれは美味しいけど、他はね、、、」って事よくありますよね。それに、外食が続くと、本当に飽きてきます。今回も、ランチが外だと、夜まで外って気にならず、おうちご飯でした。

そうですか。2倍ですか。なんだか想像しただけでお腹いっぱいになっちゃいました(笑     
Commented by suzume-no-oyado at 2010-03-15 15:12
ゆきもさん、な~るほどね!アルファベットにしたら、よくわかりました。そう言えば、長女も同じ理由で、ハンドルネームをつけてましたね。

「ゆきも」ってなんだか、ほんわかしてかわいいですよね。「まりも」のイメージがあるからかなー。
<< ローストベジタブル・クスクスサラダ お教室 >>