アイ アム ア ジャイニーズ!?

イギリスの片田舎に暮らし始めたのは、今から20年も前のこと。

当時、中国人は沢山いても、日本人は本当に少なかった。
ロンドンならいざ知らず、日本企業は夫の会社のみ。
だから、当然、この手の顔を見たら、直ぐ中国人に間違えられる訳。
別に中国人を毛嫌いしている訳じゃないんだけど、毎回間違えられると、
いい加減に嫌気が差してくる。
それと、香港はコロニーのひとつだったから、移民の彼らは、第二市民扱い。
つまり、ひとつ下に見られてる。

ある日、美術館の前で並んでいたら、前にいた子供が母親に「中国人がいる」って
言ってるのが聞こえた。
「またかいっ」と思った私はその子の方を向いて、指をチッチッとやりながら、
「私、日本人ね」と主張しちゃった。子供相手に何やってるんだろ。
日本に来た白人が常にアメリカ人扱いされて、イヤになるって言う気持ちもわかるなぁ。

引越しのかたずけも一段落して、生活が落ち着いてきたのが夏休み前、
そろそろ英語を習わなくてはと思い、近くのカレッジへ。
クソ田舎なもので、語学学校なんてない。
あるのは、カレッジ。専門学校+カルチャーセンターといったところ。

私の英語力は、トホホレベル。
でも、ずうずうしさは人並み以上で、分からなくっても全然平気。
辞書片手に、カレッジの申込みに行った。
担当してくれたのは、副校長先生。もたもた喋る私に、彼は、
「香港から来たのですか?」と。
「また、香港。私は、チャイニーズじゃ無いんだよ-!ジャパニーズなのー!」と、
頭の中で叫んでいたら、口から出たのは、

「アー、アー、アイ アム ア ジャイニーズ!」

一瞬の沈黙。
何?ジャイニーズ?それは、何人?ハーフだって違うだろー。ねぇ。

目が思いっきり笑ってた副校長先生。見逃さなかったのよ、私は。
鼻から、フッと笑ったのもね。

結局、カレッジに通い始めたのは、夏休み後の9月からだった。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-03-20 18:32 | 暮らし | Comments(1)
Commented by トシゾ at 2006-03-20 23:52 x
コンチワ。ガルシュのトシゾーです(分るかな?)。スズメさんのサンクルーに来る前のイギリスでの面白話、楽しみにしています。
<< ホットなディズニーキャラクター!? ジプシー生活20年! >>