「ほっ」と。キャンペーン

縁の薄かったお話

先日、スコットランドにいる次女との電話。

「TVのニュース見ていたら、空港でレポーターが話している後ろを、酔っぱらったスコットランド人が

アイスランドなんて、でーきれーだ―!!!

って叫んでいて面白かった」って。

事も折り。ちょうどアイスランドの火山噴火が起き、飛行機が次々にキャンセルされ始めた時。楽しみにしていたホリデーに行けなくなり、空港でヤケ酒した客の暴言だったんだろう。

で。今、同じ気持である。

事の起こりは、夫の出張。3週間から、なんと3日に風変りした出張は、とうとうゼロ日となった。夫自身は出張を楽しみにしていたわけじゃないのに、自分のがダメになった途端、それに合わせて決めた、私のイギリス行きも「無理、無理、絶対無理!」と、人の気持ちを無視して、頭ごなしに決めつけている。

面白くない、、、、。

金曜日から日曜日まで、最新のフライト情報が欲しくて、tvにかじりつき。金曜日は、かろうじてバーミンガム行きは飛んでいたが、土曜日はさすがにキャンセル。それが、「日曜の朝1時まで」「月曜の朝1時まで」になり「月曜の午後1時まで」のキャンセルが決定される。

私のフライトは午後1時40分。って事は、まだ飛ぶ可能性、あり?

とは思ってもみたが、あの火山の噴煙を映像で見てしまうと、明日どころか、何カ月も続く可能性も否定できない。

で、日曜の夜、月曜日の全部のフライトのキャンセルが決定された。やっぱり。
ある意味、すっきりした。

イギリス旅行の為に、既に預けたトフィーを連れてきてもらう事にする。心配してくれていたイギリスの友人にも電話を入れる。

「危ないフライトで、死んじゃったら元も子もないじゃない。完全に大丈夫になってからいらっしゃい。うちはいつでもいいからね」と優しいお言葉。

次はいつにしようか、とカレンダーをめくって、「5月半ばか6月の初めかなー」と夫に言うと、

「え~、その頃、忙しいんだよな~」と迷惑そうな顔。

鼻から夫の参加があるわけじゃなし、一体何が問題???
私は、それこそ6月の初めを逃したら、引っ越しでますます忙しくなって、イギリスに行ってなんてられなくなるわけで。

さすがに、ムッとした。

「あなたの忙しい時期と私の忙しい時期は違うので、
私は私の忙しくない時に行かせていただきますっ!」と、宣言!

これ以上、縁の薄い話になりませんように、、、。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-04-19 14:45 | 暮らし | Comments(2)
Commented by さとみーな at 2010-04-19 15:51 x
最初、アイスランドのニュースを聞いたとき、ここまで被害が広がるとは、思っていませんでした。
火山灰って、案外遠くまで飛ぶんですね・・・(汗

実は、あのマッティアの出発がこの火曜日・・・・・・
そして、来週には、夫のノルウェー出張。

火山がまだ活動してるようなら、予定が立てられないですね。
一旦おさまっても、いつ再開するかも分からないし・・・・。

スズメさんのイギリス旅行、早く実現するといいですね♪
イギリスだったら、電車でいく可能性も・・・・(でも、これまたチケットが取りにくいんだった・・・・汗汗)

まずは、火山がおさまるのを祈りましょう。
じゃないと、アイスランドもイギリスも、生活できなくなっちゃいますもんね。
Commented by suzume-no-oyado at 2010-04-19 18:43
さとみーなさん、マッティアの出発って、明日なのですか!ちょっと危ないかもしれませんね。無事、出発できるといいんですが。あんなに楽しみにしているのに。

ご主人の出張も、危なそうだし。でも、僕ちゃんたちは喜ぶでしょうね。でも、行ったっきり帰ってこれないより、まだましかもしれません。

夫なんて、今から2ヶ月後の帰国が出来るかどうか心配してます。真剣に。相変わらず気が早いです。

船があるとはいえ、島国って怖いですね。
<< 春の口紅 Caramella al ra... >>