「ほっ」と。キャンペーン

Farewel trip さよなら旅行 1

やっと行ってまいりました。
約1か月前、アイスランドの火山の影響でキャンセルになったイギリス旅行。

すぐは怖かったので、間をあけたのがアダになった、と、まぁお粗末な話なんですけど。

大陸続きの旅行は、簡単にトフィー連れでOKだけど、いざイギリスとなると、ちょっと無理がある。なので、いつも預ける事に。彼の行くアニマルペンションは遠いので、1週間預ける事にした。だって、送迎が無料になるから。

1週間の自由時間。それじゃぁ、と、イギリスの友人に会った後、パリの友人にも会いに行く事に。
もう、わくわく♪

が!事もあろうに、前日から、アッシュ(火山灰)注意報!?
またかい! なんで、今なの~、と半泣き状態。

16日(日)の朝。アイルランドとイギリス北部の空港は閉鎖。午後、ヒースロー閉鎖。
いや~な、予感。

でも、今回は、主に南のスペインやポルトガル、アフリカ大陸が影響を受けているので、
もしかしたら大丈夫かも、、、。

午後2時。出発前にフライトチェック。とりあえずキャンセルされていない。
なので、ダメもとで空港へ。

午後3時30分。チェックイン。「飛びますか?」の質問に『YES』。でも、まだ、待っている状態なので、荷物は後で、とボーディングカードだけもらう。??

30分後に戻って来て、と言われたのに、荷物のチェックインはまだ。

待つ事しばし。誰が、聞いても、何回聞いても、「We are waiting」
みんな、いらいらし始める。だって、それ以外のインフォメーションがない。

夫から電話。17時25分出発の予定が19時になっていると。空港にいる私たちより、WEBのほうが情報が早いなんて、なんなんだ!

周りの人たちと情報を分け合う。数分後、夫からまた連絡。今度は20時に変更になったと。
夫が調べて、バーミンガム(イギリス)からの到着便がかなり遅れている事が発覚。ここで、「待っている」のが、アッシュ情報ではなく、到着便とわかり、皆でちょっとホッとする。

19時。やっと荷物のチェックイン。やれやれ。

遅れのお詫びにと、ディナーチケットをもらう。そこで、バーミンガム行きのフライトが、空港閉鎖の為、目的地に到着しない、と告げられる。

冗談でしょう~~~!!

で、一体、どこへ行くって言うわけ?! えっ?Exeter エクセター! ってどこー?

どこだ、どこだ、と数人とパニックになっている所へ、お助けマン登場。紙ナプキンを広げて、ボールペンで地図を描き、「ここが、バーミンガム。で、エクセターは、ここね」。

示された場所は、バーミンガムから、どーんと下の、海岸線。横はコーンウォール。
あまりにかけ離れた場所に、一瞬クラっとなる。

そこからバスで3時間かけて、バーミンガム空港まで連れてってくれる、と。ってことは、
一体、何時到着??

現実が分かった途端、

アイスランドなんて でぇきれーだ!

アッシュなんて くそくらえ~!

と、皆で憤慨!

「まぁまぁ、20年後に、こんな飛んでもない経験をしたって、笑って話せますよ」
って説明の彼。

20年後?! 私は、今、笑いたい~!
 
って、思わず叫ぶ。

午後21時20分。離陸。

午前0時少し前。エクセター到着。私たちの便の到着を待って、空港閉鎖。これで、イギリス全土の空港が閉鎖となる。

午前0時30分。バスはバーミンガムに向け、出発。

午前3時30分。バーミンガム空港に到着。5月半ばと言うのに、凍え死にそうなくらい寒い!その中、気の毒な友人夫妻が迎えに来てくれた。ありがた~い。

「申し訳ない」を連呼する私に、「あら、この年で夜中に出発なんて、なんか夜遊びみたいでわくわくしちゃった!」となんともかわいい事を言ってくれる。相変わらず、優しい。

午前4時30分。友人宅到着。

午前5時。暖かいお茶を頂き、少しだけ話して、ようやくべッドへ。

こうして無事に着いたら、ついさっきまでの「とんでもハップン」が、すでに過去の事のよう。
20年後まで待たなくても、もう笑えてきた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-05-30 16:02 | 暮らし | Comments(2)
Commented by sachi at 2010-06-08 22:31 x
終わりよければ・・・で、なによりでしたね。火山の様子は東京でも伝えられていますが、現場でのリアル体験記にハラハラでした。NYなど大雪の空港で自分が遭遇したのを思い出しました。さすが体力、精神力のSUZUMEさんです。そして出迎えの、ご友人のユーモアある優しさ・・・すてきですね。それからベネチアの旅も楽しく読ませて頂きました。私もガラスのキャンディーいっぱい買いました。かわいいですね。ムラーノ島の赤いグラスは、孫に壊されましたが、他のグラスは粉々でしたが、ベネチアのグラスは首が折れただけ・・さすが質が良いと実感しました。其々の国の名品(ブランド)として伝承されているものはその価値がありますね。いっぱい思い出の国のお土産抱えての帰国・・・報告も勝手に楽しみに致してます。

Commented by suzume-no-oyado at 2010-06-10 16:21
sachiさん、すでに経験済みなのですね。5時間の遅れはありましたが、別の場所に連れて行かれたのは初めてでした。次は慌てず、諦めも早い事でしょう。でも、次があっては困るんですけど。

ベネチアって何回行ってもいいです。さすがにヨーロッパの景色は飽食気味なんですけど、ここは好きです。

帰国まで、とんでもない事が起きない事を祈ります。
<< Farewel trip 2 Venezia 3泊4日 >>