普通の顔・ひどい顔

早いもので、もうすぐ1ヶ月。日本の生活にも慣れてきた。

暑い、、、。気がつけば、腕にはシミが増えているし、足の甲は、日焼けと言うよりどす黒い。ああ、もう少し、マメに日焼け止めを塗るべきだった。

一時帰国するたび、「コンビニの人に挨拶しないようにね」って言われていたのに、未だに、マニュアルの挨拶に、「こんにちは」と返してしまう。

あちらでは、店に入る時も出る時も、挨拶するのが普通。さすがに店を出る時「ありがとう。さようなら」は、言わないようにしている。これ以上、へんなおばさんになるのは避けたい。

帰国前、友人オクが言っていた。
「居酒屋やカフェに入るとね、知りたくもない人の誕生日や血液型までわかっちゃうの。聞き耳立てなくても、ぜんぶわかっちゃうから、ある意味煩いのよね。」

他の言語だと、ボーっとしていたら、音としては聞こえても、何を話しているのかまでは分からないでいられる。が、さすが母国語。無意識でも頭に入って来てしまう。

そんな先日の事。交差点で信号待ちの時のOLの話が面白かった。

原因は分からないが、大事なイベントか何かの日に、すごい顔になってしまったAさん。その朝、先輩に、「こんなひどい顔ですみません。」と誤った彼女。それに対して、先輩は。

「大丈夫よ、Aちゃん。いつものあなたの顔、見慣れているから。」って。

Aちゃん、ショック。周りは爆笑。だって、それって、いつもの顔もひどい顔も、そうたいして変わらないって事??いつものひどい顔見慣れているから、多少ひどくなっても、同じって事??

聞こえた私も、思わす噴いた。

でも、先輩が言いたかったのは、「いつものかわいい顔を見てるから、ひどい顔になっても、あなたはあなたよ」って事らしい。

それが、Aさんに伝わったから良かったものの、なんて紛らわしい。
良い後輩を持って、先輩もよかった。

こんな、「よかったね、チャンチャン」で終われるような話ならいいが、身も蓋もない話がある。

あれは、イギリス時代。長女が幼稚園の頃。

彼女の最初の友達ナターシャのお母さんリンジーから英語を教わっていた時。彼女は、優秀な語学の先生。

「この前ね、ナターシャが高熱を出して、顔が腫れちゃったのよ。それは、それはひどい顔で、特に目がすごく腫れてモンスターみたいだったの。
そうそう、ちょうど、あんな感じに

彼女が指さした先には、にっこりと笑った長女の写真。

そう言った直後に、「あ、しまった!」と思ったのか、思わず手を口にあてたリンジー。

何も言えない私。

取りつくろう事の出来ない雰囲気。

そして、何事もなかったように、再開したレッスン。

でも、頭の中で繰り返し問いかける私。「モンスターかい?うちの娘は???」


サイドボードの上の長女が、悲しそうに微笑んでいた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-07-24 10:10 | 暮らし | Comments(4)
Commented by さとみーな at 2010-07-24 17:39 x
まさに、<口は禍の門>ですね。

あ。先に白状しますが、<口は災いの素>だと思っていたのですが、念のため、広辞苑チェックすると、こちら↑でした。
ひとつ、勉強できました(笑

ひとまず、ここで終わります。
次男から呼び出しかかっています(涙
Commented by suzume-no-oyado at 2010-07-25 09:43
さとみーなさん、実は私も目からうろこでした。そうなんですね。勉強になりました。
Commented by sakanatowani at 2010-08-01 21:06
suzumeさん、お久しぶりです。yuukです。いろいろごたごたしてて、すっかりご無沙汰してしまいました。
無事、ご帰国されたんですね。ご無沙汰していた間の分、読ませていただきました。
浦島花子さんの生活、ふふふって思いながら読みましたよ。
私はまだこっちに来て7年ですが、実はsuicaも使ったことありません。こっちで、果物のスイカの発音で話したら、「違うよ!スイカだよ!」と、酢イカの発音になおされたぐらいです(笑)
これからは、ちょくちょく遊びに来させていただきますね。

私もブログデビューしました。はじめの登録の時、こうなるとは予測せず、違う名前になってますが(笑)。よかったら、遊びに来てください。
Commented by suzume-no-oyado at 2010-08-02 08:48
yuukさん、お久しぶりです。昨日、ブログにお邪魔しました。イラストが本当に可愛くて、感激でした!なんとも愛らしいワニ君とさかなクン。写真が多い中、イラストは暖かさを感じます。

ミラノにいる間、お会いできたら良かったのに、と今更ながら思います。すぐ近くだったのに、、、。でも、もしかしたら、来年あたり、実現するかも?です。

これからもよろしくお願いします。リンクさせていただきます。
<< 月 夜 浦島花子 >>