「ほっ」と。キャンペーン

蟻にたかられたすずめ

昨日、鎌倉にお墓参りに行ってきた。

今年は、母の7回忌。
いつもは姉に、すっかりおんぶに抱っこなので、今回は一緒に参加出来てよかった。

9月も半ばを過ぎたと言うのに、まだまだ暑い。
鎌倉駅で、待ち合わせをして、車で拾ってもらう。

霊園について、花とお線香を買い、お墓へ向かう。

「あれ?何処だっけ?」と、お間抜けな姉の質問。
いつも、ついていくだけの妹には、分かるはずも無し、、、。
とんだ姉妹だ。

ちょろっと迷いながらも、すぐにたどり着く。

そして、草むしりとおそうじ。

姉の夫が、いつもは手が届かないところを掃除してくれる。

「この木、腐ってるよ」と、ポキッと枝を折った。

そこから、出るわ出るわ、うようよと超小ぶりの蟻の大群。
そこだけ、クローズアップしようものなら、確実にホラー映画。
細かい蟻で地面が黒い!

「イタッ!」

首を抑えると、蟻が1匹。続いて2匹。  

噛まれた!

地面に投げ出された、蟻たちは、事もあろうに人間にまとわりついた。
近くにいた、私と姉の夫が被害を受ける。

さすがに彼は騒がず、一人対処をしていたが、私にそんな事が出来るはずもなく。

2匹にとどまらず、次から次へと体から見つかる蟻に悲鳴を上げ、事もあろうに、墓前で服を脱いでしまった。

幸い、キャミソールを着ていたので、ブラ丸出しにはならなかったが、かなりみっともない姿になった。

とはいえ、そんな事は言ってられなかったわけで、、、。

バタバタとブラウスをはたき、体をチェックして、何もいない事を確認。

無事、お墓参りを終え、その後、お寿司屋さんへ行く。

怖かったね~、気持ち悪かったね~と、さっきの事を話していたら、
今度は姉が「イタッ!」

首に蟻が1匹。

「白い色が好きなのかしらね」なんて、悠長な事を言っていた姉だったが、ただ単純に黒ぽい服を着ていたから、分からなかっただけだったんだろう。

その後、また1匹、また1匹と見つかる蟻に、もうお手上げ。
恐るべし生命力、である。

さすがに家にはお持ち帰りしなかったが、それでも、あの感触は忘れられず、1日経った今日も、なにやら、足や手がむずむずしてくる感じがする。

その度、黒い塊がいるんじゃないかと、ぞっとしながら確認。

ああ、早く忘れたい。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2010-09-22 00:10 | 暮らし | Comments(4)
Commented by Sagami at 2010-09-22 05:12 x
うわー 蟻の攻撃すごいですねぇ。呼んでてこそばゆくなってきました。むしずが走るって感じですか?(違っ?)
Commented by mokamama at 2010-09-22 08:54 x
suzumeさんこんにちは!
ありんこ体験…先日私も同じようなことが(T-T)
思い出してもゾゾゾーっとしてしまいますよね。
日本に帰っていらしたとの事、生活には慣れましたか?
それにしても、パブローバ、おいしそうです~
パソコンの前で娘と「おいしそうね~」とうっとりして見ていました。
グラニュー糖の粒子の粗さで仕上がりが変わるなんて繊細なお菓子なのですね、食べてみたいです!!

良かったらレシピ教えてください♪…お菓子づくりは大好きですが腕はいまいち!?なもので作れるか謎ですが^^;
Commented by suzume-no-oyado at 2010-09-22 10:35

Sagamiさん、いまだむずむずしてます。それに、あれって、噛むんですもん。体を這われるだけだって嫌なのに、あんまりでした。(涙
Commented by suzume-no-oyado at 2010-09-24 01:18
mokamamaさん、こんにちは。
ありって、小さいだけにやっかいですよね~。お互い気をつけましょう。

日本の生活にはだいぶ慣れてきました。こんなサービス満点な国ってないです。でも、これも、そのうち、あたりまえに思えてくるんでしょうねー。

それから、パブローバに興味を持っていただいて、とっても嬉しいのですが、レシピは公開していないんです。ごめんなさい。

お近く(横浜)でしたら、近いうちにお教室を始めますので、そちらに来ていただけたら嬉しいです。
<< Crumpet クランペット パブローバ前線 >>