「ほっ」と。キャンペーン

やせ我慢隊

地震から2週間と少し。

津波被害に原発事故。
それでも、少しずつ前進しているが、あまりのヨチヨチ歩きに、不安といらだちは隠せない。


「自分のできる事をする」

毎日何度となく耳にする言葉。そして、自問する言葉である。

計画停電もそのひとつ。

停電を実行しなくてすんでいる時があるってことは、
みんなの努力が実を結んでいるってことだろう。

我が家がある横浜西区は、計画停電から除外されている区域のひとつである。
こうして不便なく暮らせる事は、もちろん、ありがたい事なんだけど、なんだかサミシイ。

だって、「蚊帳の外」って感じ。

一日の3時間の停電なら不便のうちじゃないのに。
計画だから、事前に心の準備もできているし。

ヨーロッパなんて、ちょっと大きい雷だと、落ちる事がよくある。で、その度、停電。
そう、いきなりである。

あれは、ベルギーの友人宅に遊びに行った帰りの事。

パリ・ブリュッセルを直通で結ぶタリス・エクスプレス。
着いた初日もテロの爆弾騒ぎで、駅の構内を右往左往させられた。
そして、帰りは帰りで、パリ近郊で雷が落ちて、電車はストップ。
復旧の見込みは皆目分からない、と車内放送。

夫に電話を入れる。

「で、どこで止っているの?」「わからない」「わからないって、そんなことないだろうが!」って、重たい夫の心配で、しまいにケンカ。

分からないもんは分からないんだって。タリスは直通。しかも、ノンストップだから、駅なんかないんだよーだ。だから、野っぱらに止ってるのは分かるけど、野っぱらでここがどこか分かるわけないっつーのっ!

そんなこんなで、車内に5時間。そして、無事、電車は動き出した。

夕方着くはずの電車は、夜10時近くにパリ北駅に到着。

無駄とは分かっていたけど、とりあえず夫に迎えを頼んでみたけど、
「北駅のへんはよく分からないし、治安が悪くて怖いからムリ」って。
おいおい、妻が心配だったんじゃないの?

でも、めげません。これも想定内ですから。

夜11時近くのパリ北駅は、想像以上に怖かった。人種差別をするわけじゃないけど、ホームにいる人は、ほぼ100%有色人種、というか、ほとんど黒人。

夜の北駅 → 治安が悪い → 絡まれたらどうしよう、、、。

とこの3つが頭の中でぐるぐる。ほとんどが危ない人に見える中に、ビジネスマン風の人を見つけ、さりげなく寄り添う。

御蔭さまで、無事家にたどり着きまして。

「おかえり~。良かったね、無事に帰れて。心配したよー」と夫。
そんな言葉、ビールの泡と一緒に飲みほしてしまいましたけどね。ふん。

あんなビビった夜の北駅。一度、そんなもんだ、と思ってからは、ぜんぜん平気。
慣れって、怖いものだ。


話しは元に戻るが、停電は、もちろん不便。
でも、自分が子供の時や、娘たちが小さかった時は、けっこうわくわくした時間だった。

停電は常にいきなりだから、予定していた事ができなくなったり。楽しみにしていたテレビが見れなくなったりしたけど、真っ暗の中、蝋燭だけの光で、みんなで肩を寄せ合って、普段と違う雰囲気を楽めた。

蝋燭の明かりの中で入るお風呂。
いつもより早くベッドに入って、覚えている物語を話したり、勝手に物語を作ったり。

夜は暗いものなんだって、改めて思ったりして。


いやいや、停電の楽しさを書くつもりじゃなかった。

こちらのブログを見ていたら、入隊できる人たちが羨ましくなった。

今は除外されてても、夏になったら、おそらく全域にわたるであろう計画停電。

いつでも準備はできている。さぁ、どれくらい節約できるか。

意外とすごい事になる気もするが、願わくは、去年のように猛暑となりませんように。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-03-28 16:33 | 暮らし | Comments(4)
Commented by さとみーな at 2011-03-28 22:48 x
ご主人の肝っ玉大きさには、脱帽です。
そうですか・・・・
奥方を、深夜お一人で帰宅させるなんて・・・・そんじょそこらのハートでは不可能ですよ。

我が家もまったく関係ないんだけど、何かするたびに、電気のありがたさを感じています。
こちらでも、一般家庭では、なるべく平日夜か、土日に電力を使うように言われているので、私も時計を見ながら、お洗濯したり、食洗機のスイッチいれたりしています(料金が違うから、節約にもなるらしく・・・・)

こういう事態にならないと、電力のありがたさが分からないとは恥ずかしい話だけど、資源には限りありますもんね。
電力問題、これからも続くと思うけど、やっぱり一人ひとりの心がけが大事ですね。

だから、ナイターなんかしてる場合ちゃうっちゅーねん!(個人的に怒りを感じております・・・・ハイ)
Commented by suzume-no-oyado at 2011-03-28 23:32
さとみーなさん、「肝っ玉が大きい」ですか、、、。(笑
ものは考えようですね。いざって言う時は、やっぱり自分です。

ミラノのアパートの電気量の少なさには閉口しました。だって、パリと同じように、オーブン使いながら、洗濯の乾燥機を使ったら、すっ飛びました。あ、乾燥機とアイロンもだめでしたね。

大家いわく、私たちが来てから、電気の容量を増やしたって言ってましたけど、それでも、これです。

「これとこれしかつかってないのに」っていったら、「そんなに使ったら、とぶにきまってるよ~」って、何バカなこと言ってんだって顔されましたから。

パリのアパートは平気だったんですけど。

イタリアの電気は、たしかフランスからもらっているんですよね?
だから、高いんでしょうか?

今のマンションはオール電化で、電気を使わなければ生活できませんが、この状況下だと、なんとなく申し訳ない感じです。

Commented by けんちゃんママ at 2011-04-01 11:47 x
こんにちは・・
まず、ご主人様・解ります わかります。
ねーー、わが家も同じです。でも、すずめさんは大人です^^。
私はすずめさんより相当年上だと思うのですが、
ビールと一緒に飲み込めません(お酒も飲めないのですが・・)!

それから
「入隊したい」・・私は自衛隊の女子部に入隊したいのかな?って、一瞬思ってしまいました。
だって、すずめさんだったら出来そうなんですもん。
私も今回は関係ない地域におりますが、やせ我慢して少しでもお役に立てると良いな・・って思います。

すずめさんはズット元気でいてくださいね。
Commented by suzume-no-oyado at 2011-04-01 18:30
けんちゃんママさん、同じタイプですか、、、。ご苦労お察しします。

ちょ、ちょっと、、。「自衛隊」に入れそうですかね、、、?そう言われれば、体育会系と言えば、そうなんですよね。あー、でも、勢いはいいですが、尻つぼみタイプなので、泣きをみそうです。

お互い、元気でいましょうね。そうなんです。元気だけが取り柄ですから。とほほ。
<< たかが皿、されど皿 Ca`del Passero ... >>