What a gorgeos day ! Part2

出不精の私としてはめずらしく、1日2回ものビッグイベント。

朝から、北鎌倉でお花のレッスンを受け、帰宅したのが午後4時半。
それから、トフィーの散歩とご飯。そして、速攻でシャワーを浴び、身支度して、今度は代官山へ。

そう、もうひとつのイベントは代官山のイータリーでワイン会。

6時半に、粉研メンバーのkyokoちゃんとデート。彼女は、イタリアンの先生。6年以上のベテランで、本格的なイタリアンを自宅のスタジオで教えているツワモノ。

その彼女が、すてきなこの会に声をかけてくれたわけ。

今回のテーマは「夏野菜を食べつくす」。

アペリティーボのシャンパンに始まり、アンティパスト、プリモ、セコンドと続き、ドルチェまで。ワインはお料理ごとに違うワインを味わえる。しかも、少し飲むと、注ぎ足してくれるサービス。ほぼ飲み放題状態。ワイン好きにはたまらない♪

ピエモンテ州で修業をしたというシェフ。けっこう好み。

f0095873_10133663.jpg
ウサギの南蛮漬け風 美味しかったけれど、ちょっと日本風すぎ







f0095873_10135345.jpg
かぼちゃの花のリゾット。
シンプルなのに、すごく印象的な一品。







f0095873_1014769.jpg
ブラ風ソーセージ。
ピエモンテ・ブラの子牛肉のソーセージ。本当は生で食べるが、日本では火を通さなくてはならないのが残念。








f0095873_10142286.jpg
ミントのジェラート。抱えて食べたいほど好きだった。












朝から、五感が刺激されっぱなしの一日。

夏のバカンスのスタートは、贅沢に始まった。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-07-09 16:49 | 暮らし | Comments(2)
Commented by ポポ手 at 2011-07-29 12:08 x
こりゃうまそうですね〜今度私も行きたいわ〜。

も一つ上の次女さんの元彼の件は大変でしたね。箇条書きの文章がかえってストレスと緊迫感を伝えていて、まるで平安時代の貴族の日記のような感じがしました。
若い頃はいろいろありますよね、お嬢さんにとってはむしろ若いうちで良かったというか、いい経験でしょうが、親にとっては難儀でしたね。
Commented by suzume-no-oyado at 2011-07-29 16:51
ポポ手さん、お久しぶりです。夏バテしてませんか?
このワイン会、毎月行っているので、都合のいい時、ご一緒しましょう。
今度連絡しますねー。

元彼には、とても感謝しているのは、今も変わりませんが、とにかく別れて良かった。

男も女も、束縛タイプは大変ですよね。娘ももう少し、見る目を養って欲しいです。ああ、疲れた~。
<< 撃沈の日々 What a gorgeos ... >>