「ほっ」と。キャンペーン

冷や汗ショッピング

すっかり、ヴァカンス太りした体に「喝!」を入れるべく、エクソサイズを始めた。

ジム通いが出来ない事に、とうとう気がつき、今までで一番続いたwiiをまた復活。
そして、最近話題のカーヴィ・ダンスにも手を出した。

さて、今回は成果が表れるまで続けられるか、覚悟のほどを見せてもらいましょう!
って、自分の事だった、、、(汗っ

でも、昨日、がんばったはずなのに、体重増加。なぜ???
うーん。めげるもんかぁぁ。

秋物がちらほら出る今日この頃。最後のサマ―セールに誘われながらも、夏の散財が身にしみて、さすがに手を出す気にはならない。

7月から始まったセールには、初日とまでは行かなかったが、姉と一緒に楽しんだ。

姉とは5つ違い。学生の時は6学年違うので、小さい時は相手にされなかったものだが、中学後半くらいからは、なくてはならない相棒である。

似てるか?となると、そうでもない。でも、笑いのツボがまったく一緒で、ノリがおんなじ。
なので、こんなに一緒にいて、楽な人は、二人といない、貴重な存在。
娘いわく、「マミーが二人いる」そうだ。

でも、性格はかなり違う。なのに、気が合うのは、お互いにないところがあって、そこが、お互い、羨ましいところだからかもしれない。

はっきり言って、天然の彼女。そんな姉に、すっかりやられた。

あの日は開店と同時に、行動開始!まずは、そごうから。
セールとは関係ないが、間もなく帰ってくる次女のプレゼントを探している間、姉はアクセサリー売り場で物色。気にいったネックレスをとりあえず腕に掛け、キープ。私が戻った時には、3つも4つも腕にぶる下げていた。

で、結局、「やーめた」って。キープしていたネックレスを全て返し、上の階に移動。
そして、4階に着いた途端、突然「うわっ!」と姉。
見ると、返したはずのネックレスがひとつ、腕にぶる下がっている。

「ばっかじゃないのっ!」   「万引きに間違えられちゃうじゃんっ!」

と、天然姉にブツブツ言いながら、慌ててアクセ売り場へ舞い戻り、そうっと返却。
「もうないよね」ともう一度確認し、ホッとしながら、洋服売り場へと向かう。

「どうせなら、いろいろ着て、遊ぼう」と、あれやこれやと試していた。

「じゃぁ、これ着て見るね」と試着室に入って行った姉。
数秒後に、すごい勢いで私を呼んだ。

「どうしたの?」と見ると、服を脱いだ姉の腕に、またもやネックレスがぶらーん。

「さっきチェックしたよね?ね?ね? なのに、どうしてぇ~?」と泣きそうな姉の腕から、
ネックレスをむしり取り、

「あなたって人は、、、。これで、最後だよねっ!」  「うん。今度こそは」

姉を試着室に残し、アクセ売り場へと急ぐ。で、無事返却。
本当、冷や汗ものである。

その後、ひとつひとつの姉の行動が信じられず、確認の一日。

ほっとけない姉である。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-08-18 14:18 | 暮らし | Comments(6)
Commented by yuuk at 2011-08-22 18:21 x
わはは〜、おかし〜、取っても取っても出てくるネックレス!
すずめさんのお姉さん、マジシャン?!
ほんと、女兄弟(姉妹)は、すこし大きくなってきてから、なくてはならない存在になりますね。
私も妹と2歳違いなので、小さい頃は邪魔だったな〜(笑)
うちも性格がまったく違うんですが、何かツボが同じなんですよね。一緒に楽しめる、一緒に笑えるところが一緒だったりするから。
一緒にお買い物して、楽しかったでしょうね〜。ずっと離れて暮らしていたから、それはなおさらでしょう?
私もずっと離れてるから、一緒に買い物したいなあって思いますもん。
これからは、また「愉快なお買い物」たくさんできますね!
Commented by suzume-no-oyado at 2011-08-23 23:17
yuukさん、楽しい姉でしょ?

私も小さい頃、かなり姉から邪魔扱いされてました。ノートに「○○のばかやろ~!」って書いてありましたからね(笑

さかなさんも、妹さんと離れていると言っても、幸い同じヨーロッパ。日本よりかは、いいじゃないですか。

とはいえ、同じ日本でも、数か月に1度しかあえないんですから、ヨーロッパといえども、国が違ったら、やっぱり遠いですね。

ちなみに妹さんのキャラを動物にしたら、なんなのでしょう?
Commented by yuuk at 2011-08-24 23:37 x
> ノートに「○○のばかやろ〜!」って
わはは、すごい!
子どもで5つ違うと、運動能力も考えることも全然違いますもんね。
私の2つでさえ、遊びに行くときついてこられると面倒で・・・だって走るの遅いし(笑)

今は同じヨーロッパ内だから近いんですけどね。問題は私の経済力のなさです(爆)
向こうはおいでっていってくれてるし(子守りも欲しいんでしょうし^^ 甥っこは5歳と8歳です)、私もすごく会いたいんですけど。
もう5年会ってないなあ。
この年末には行けるように、がんばっております。

妹を動物のキャラにしたら・・・これね、けっこう難し〜。
彼女って、しっかり足が地についていて、自分は絶対損しないようにできるタイプ。人間、なんですよね(笑)
でも私から見ると、やっぱりこんないい歳になっても、妹は妹。子犬とか小熊の顔を見ると、妹に似てるなあと思ってしまうのです^^
すずめさんも、そんなふうに思われてるんじゃないですか?ふふふ
Commented by さとみーな at 2011-08-25 19:57 x
残暑(ミラノは酷暑)、お見舞い申し上げます♪

天然な人、家族に1人はいますね。
我が家の場合は、「母」なんですけど。
でもスズメさんのお姉さまは、かなり<師匠>クラスかも(笑
試着室で、すっごく焦られたんでしょうね(苦笑
というか、お姉ささま、そんなにネックレスをキープしたのに、購入ゼロ・・・私もよくありますが(ははは

3才下の妹、外見も中身も私と正反対。
絶対姉妹には見えないです。
お互いに「クラスメートだったら、絶対仲良くなってないね」って(笑
それでも、ボケて突っ込んで笑えるのは、家族だからでしょうね(笑
Commented by suzume-no-oyado at 2011-08-25 23:34
さとみーなさん、お久しぶりです。ブログの方へは遊びに行っているのですが、読み逃げです(苦笑

天然、我が家は二人でした。姉の師匠が母で、すご腕でしたわ(笑
なので、一人私がきりきりしていました。だって、嫌な事を右から左は、いいのですが、肝心な事も右から左でしたから(トホホ

そうなんです。あれだけ候補を選んでいたのに、寸前で「やーめた」ですから。

何のかんのいっても、家族はすごいです。娘たちが壮絶なケンカをしても、数分後に笑っていますから。他人だったら、そうはいきません。
Commented by suzume-no-oyado at 2011-08-25 23:36
yuukさん、そうですか。「近くて遠い」ってやつですね。
それでも、娘たちが言ってましたが、しょっちゅう会えなくても、近くに住んでいるってだけで、なんだか安心だったそうです。

今度姉にあったら、お互いどんな動物か考えてみます。
<< Ca`del Passero ... とんでも家族 >>