Tuiles aux amandes アーモンド・チュイル

f0095873_23394690.jpg


今月のウェルカム・ドリンクの焼き菓子が、このアーモンド・チュイル。
イギリスの最初の友人サージがくれたレシピ。

彼は、フランスでヘッドハンティングされて、私と同じ年に渡英してきたシェフ。
同じ英語のクラスで知り合い、食べ物がらみで仲良しに。

彼のレシピには、よくオレンジが使われている。後に、私の理想となった先生、ニナはレモン好き。なので、私は、よく両方を使う。

そのサージが、またヘッドハンティングされて、ベルギーに行く前に、
いろいろとくれたレシピのひとつがこれ。

チュイルは、瓦の意味。なので、瓦の様に反ったビスケット。
チュイルのレシピもいろいろあって、小麦粉が多めのビスケットタイプのものと、ほんの少ししか小麦粉を使わない、カリッとしたキャラメルタイプ。サージのレシピは後者のキャラメルタイプ。

実は、20年以上前にもらったレシピで、作り方は聞いていたものの、もらった紙には書いてない。で、そんな昔の事、記憶の端にも存在せず、、、(涙

なんとなく作った1回目。恐ろしいほどに生地は溶け流れ、形にならず。それでも、記憶の端にあった味には近かったので、気を取り直して、2回目を焼いた。

とにかく、薄く薄く焼き上げる。ビスケットと言うより、香ばしいアーモンドを食べている感じ。あまりの薄さに、ついつい手が出てしまう。いったい、試食と称して、どんだけ食べた?

当時の味が甦る。
懐かしい人の顔も思い出す。
戸惑いながらの生活も。

鳥の鳴き声。 軒下に巣を作られ、朝うるさくって仕方なかった。 
かわいいリスやウサギが身近にいる生活。 球根を根こそぎ食べられてからは、天敵に変わった。
森の中に暮らしているよう、って聞こえはいいけど、ド田舎って事。

パリに移動が決まった時、「都会なんて嫌~」と涙したのに、生活に慣れたら、「こんな田舎嫌~」って。でも、今は、やっぱり一番に戻りたい場所。

サージのレシピを引っ張り出し、ひとつひとつ再現してみよう。
なんだか、タイムカプセルを開けたみたいだ。

f0095873_23455799.jpg


ps:トップの写真のピンクとグリーンのお菓子は、Aさんから頂いたメレンゲの手作りお菓子。ストロベリーの甘酸っぱさと、抹茶のほろ苦さがとっても美味しかった。ありがとうございました❤
[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-09-12 10:42 | お料理 | Comments(2)
Commented by 森の人 at 2011-09-18 13:42 x
チュイル美味しそうです〜
研究熱心なsuzumeさんだからこそ、美味しいものが出来上がるんですね。

「当時の味が甦る。懐かしい人の顔も思い出す。」
これってとっても素敵です。
思い出と共存する美味しいものってかけがえのない大切な感じがします。そういうの大切にして行きたいです!
Commented by suzume-no-oyado at 2011-09-18 15:29
森の人さん、1回目で成功する、ビギナーズ・ラックもありますが、まぁ2回目で成功はましな方です。物によっては、4回も5回も失敗が続く事もあり、くじける事もあります(涙

嫌な事も沢山あったけど、年月が流れて輝きを増すのは、やっぱり楽しかった事。人間の記憶って旨く出来てるものですね。
<< 9月のアミューズとメインと10... 9月のレッスン 夏の名残りメニュー >>