「ほっ」と。キャンペーン

りんごのシャルロット

f0095873_12374777.jpg

Charlotte aux pomme りんごのシャルロット


実はこちら、アップル・ババロアのケーキをシャルロット仕立てにしてみた。
大好きな斎藤美穂さんのレシピを参考に、いろいろと形を変えて見て、やっと落ち着いたのがこれ。

最初に作ったのが、ラズベリーのシャルロットで、イタリアン・メレンゲを使ったもの。濃厚なムースが、美味しいケーキ。

先日、友人のブログで見つけた「無花果のシャルロット」。あんまり美味しそうなので、すっかりスイッチが入ってしまい、このところ、すっかりシャルロット・ブーム。

生クリームを使ったケーキだと、テイクアウトするのに難しいけど、シャルロットはビスキュイに囲まれているので、その点安心。

そこで、先日、粉研で「ラビオリの会」があり、早速、りんごのシャルロットを持って行った。

イタリアン教室をやっている京子先生宅で、いつものことながら、豪快に飲むは、食べるは、とはしゃぎまくり。
f0095873_917341.jpg

テーブルは秋満載のセッティング。さすが京子先生。
f0095873_9175033.jpg

まずは、お野菜中心のアンティパスト。それから、粉研部長Kさんのチョコとヘーゼルナッツのバゲット。「今日の出来はいまひとつ」と仰っていたが、ついつい手が出てしまう、危ないパンでありました。


f0095873_9183497.jpg


2種類のラビオリ。サツマイモとリコッタは、ローズマリーの香りのトマトソースで。リコッタとパルミジャーノは、キノコソースで。

残りのパスタで作ったガルガネッリは、王道のトマトソース。
もうひとつの残りパスタ作はコルツェッティ。これは、グリーンオリーブのソースが良いお味。





f0095873_9192239.jpg

メインは、Kさんからの美味しい牛肉でタリアータ。こちらは、トリュフソースで頂く。
そして、デザートは、このケーキ。Jさんのお土産の美味しいぶどうと共に。

いつも通り、密な1日だった。

タリアータとラビオリのお土産も頂き、夕方から千鳥足で帰宅。
時間はずれの酔っ払いは、あわや駅で降りそこないそうになり、慌てた拍子に手すりに頭突き。大きなタンコブもお土産に持ち帰った次第。

トホホ、、、。
f0095873_9161225.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2011-10-02 12:34 | お料理 | Comments(2)
Commented by 森の人 at 2011-10-02 15:44 x
いやぁ〜密な1日でした。
りんごのシャルロットはこうやって出来上がったんですね。
とっても美味しかったです!ご馳走様でした。
私はお菓子はもうsuzume先生にお任せします(笑)
代わりにパンはもうちょっと上達すべく日々精進!
手打ちパスタもやっぱり楽しい〜!とこちらも頑張って日々精進!
今年のうちにもう一回手打ちパスタの会やりたいですね〜
Commented by suzume-no-oyado at 2011-10-02 17:53
森の人さん、パスタ会、楽しいですねー。あの生地ひとつで、一体何種類出来る事か!奥が深いです。
最近、インターネットの調子が悪くて、写真をアップしずらいんです。
機嫌を見ながら、残りものせたいです。

パンはお任せします。昨日も失敗してしまいました(涙
おかしいなー???
<< 洋ナシのシャルロット 北鎌倉のお花レッスン >>