「ほっ」と。キャンペーン

Opus one festa パート2

f0095873_1453064.jpg

楽しいフェスタの始まり。

噂のopus oneを飲もう!と企画したこの夜。ワインの他にも、自身で輸入なさっているプーリアのオリーブオイルやカナダのメープルシロップもプレゼント。が出っぱなし。

「飲むぞ!食べるぞ!」と準備すること数日前から。

以下、その日のメニュー。

アペリティーボ:イタリア・ピエモンテ coppoのスプマンテ。たるの香りのするグリーン・ノートなお味。
グリーン・オリーブ
streghe ストレーゲ:チリガーリック風味、ローズマリー風味

ワイン:カリフォルニア opus one 2006

アミューズ: カリフラワーのポタージュ

アンティパスト・ミスト: waldorf salad, tomato and basil tart, rillettes, ocean stick

プリモ: トマトソースのカヴァッテッリ (いただいたプーリアのコクのあるオリーブオイルをかけて)

焼きリゾットのスープ仕立て


セコンド: 牛肉のギネス煮込み

前の日に焼き上げた、天然酵母のパン2種類:コルドンとフィグ・ノア 

ドルチェ: ブッシュ・ド・ノエル、グレープフルーツとオレンジのジュレ

エスプレッソ
ココ酒(チョコレート味の日本酒)

**************************


事もあろうに、写真なし(涙
でも、奥さまのサロンのブログにアップしてくださったので、よかった~。

で、噂のワインですが、opus oneは2006年のビンテージもの。開けた途端、華やかな香りとまろやかな味。夫婦そろって、ガッツーン。すっかり恋に落ちました。



*************************


海外時代も通訳の方や元CA、元NASA、音楽家などなど、自分の知らない世界を持っている人との出会いがあって、本当に楽しかった。

そして、今回も。

いやはや、驚いたのは、たくさんの「初めて物語」があった事。最初に日本に持ち込んだものが、話していると、あれもこれも出てきて、「へぇ~~」を何回言った事か。

それと、つくづく思ったのは、実業家って、行動力はもちろんだけど、ギャンブラー的な部分が無くちゃ出来ない、と。

事業がうまくいけば、ばんばんざいだけど、失敗したら、借金だけが残るってこともあり得るわけで。もちろん、詳細な計画のもと行っているのは、重々承知だけど、それを分かった上でも、やっぱり肝が据わってる。小心者のサラリーマン家庭には、怖くてできない。って、だから、サラリーマンなんだろうな~と実感の夜。

以前、イギリスでカジノに行った事があったが、そんな小心者は大きく遊べない。だから、大きく損をすることはないが、大きく勝つこともできない。

人生一度きり。大きく勝負に出ることも面白いかも、と。こういうエネルギッシュな人たちと話していると、なんか自分たちにも出来るんじゃないかと、思えてくるから不思議。

opus oneの美味しさに魅了され、夢見た夜。

さて、とりあえずは、今月のメニューのレシピを調整しようっと。
まずは、足元を固めなくちゃ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2012-03-09 13:59 | 暮らし | Comments(4)
Commented by Roomy at 2012-03-09 20:01 x
こんにちは。
おおっ、OpusOneだーーー!!!
鼻息荒くなっておりますっ。

以上!





Commented by suzume-no-oyado at 2012-03-09 21:58
roomyさん、Opus one 最高でした~!人気があるのに納得です。
Commented by Mima at 2012-03-11 04:06 x
実業家はギャンブラー的要素があるって、本当にその通りだと思います。うちなど主人はいわゆる公務員ですから、実業家が打ち上げ花火だとしたらうちは線香花火と言ったところでしょうね(笑)。いつもセイフティーネットを求めているような、リスク回避型ですが、人それぞれ得手不得手がありますから、私のような小心者にはこのような生活型が合っているように思われます。Opus One は日本でも人気なんですか?ナパバレーでは、この他にMondaviとCoppola (映画監督のフランシスフォードコッポラ所有)にも行きましたが、どれもそれは素敵なところでした!
Commented by suzume-no-oyado at 2012-03-14 22:22
Mimaさん、ワイナリー巡り、したいですね~。
イタリアでもいろいろまわりましたが、みんな、それぞれ特徴があって楽しかったです。

「リスク回避型」。夫もそのタイプです。
<< 牛肉とごぼうのリガトーニ Opus one festa ... >>