栗のパブロバ(パブローバ)

f0095873_0184835.jpg

11月のデザートは、フレンチ・モンブランって決めていたのに、遊んでいるうちに、栗のパブローバに変更することに。



師匠の千葉先生のマロンクリームを使う予定が、パブローバがベースとなると、リッチすぎるし、いつものパブローバにしてしまうと、甘さが足りなかったり。

塩加減と同じで、甘さも抑え過ぎると、どうもボケボケの味になってしまう。かと言っても、舌に残るような甘さではダメだし。

で、中のクリームや上にかけるマロンクリームとのバランスを調整して、ちょっと嬉しい自信作となった。
f0095873_019819.jpg

真中のクリームには、マロン・クランブルが混ぜてあるので、栗栗感が満載!

今月8日(木)のレッスンに空席がございます。
お申し込み、お問い合わせはこちらまで。
cadelpassero@gmail.com
[PR]
by suzume-no-oyado | 2012-11-06 00:19 | お教室 | Comments(2)
Commented by sato at 2012-11-07 01:51 x
あかん・・・・・。
これ、めっちゃ美味しそうすぎます!!
大阪からだったら、絶対に新幹線乗ってレッスンというより、食べに行きたかったくらい!!(笑
見た目もすっごくお上品♪
一人で、ホール食べきる自信あるんですけど~(笑
マロンクランブル?
食べたことないけど、美味しくないワケがないっ!ですよね?
Commented by suzume-no-oyado at 2012-11-09 17:06
さとちゃん、次の帰国の時にこっちに遊びに来てくれたら、ご馳走しますよ~。
<< 11月のお教室 秋のメニュー 乙女な娘 >>