3月のお教室 ラクレットパーティー

f0095873_22474486.jpg

今月のレッスンは、通常のレッスンと少し違います。

フランスのサヴォア地方の郷土料理、ラクレットを楽しむ会です。

レストランで食べるラクレットは、大きなチーズの断片を火で炙り、溶けたチーズを茹でたポテトにかけて食べます。

家庭用には、ラクレット・ストーブを使います。日本でも、二人用から8人用くらいまでのサイズがあります。我が家のストーブは、フランスから持ってきたティファールのもので、6人用。
f0095873_22482013.jpg


f0095873_22484478.jpg

小さなフライパンに具材を入れ、上にラクレットチーズをのせ、こんがりと焦げたら出来上がり!茹でたポテト、またはバゲットにのせて頂きます。チーズ好きにはたまりません♪

パーティー用に今回は、オニオン、トマト、マッシュルーム、パプリカ、サラミ、オリーブ等を用意しました。

食べたいものを選ぶ楽しさ、チーズが焦げるまで待つ楽しさ。子供から大人まで楽しめる事間違いなしです!

そして、ラクレットと一緒に頂いたのが、
f0095873_22524291.jpg

クリーミィチキンと白いんげんのサラダ。柔らかく火を通した鶏胸肉をタラゴン風味のクリームマヨネーズで和えてます。白いんげんは、玉ねぎとドレッシングでマリネ。トマトを添えて頂きます。

赤いのは、紫キャベツのサラダ。紫玉ねぎ、ドライトマト入り。どんだけ食べれる?と言うくらい好きです。

もうひとつは、麦のサラダ。シーフード、オリーブで、さっぱりと。
f0095873_22503676.jpg

そして、最後は、牛肉のタリアータ。イタリア、トスカーナの牛刺しサラダと言う感じ。バルサミコとオリーブオイルとシンプルな味付け。欠かせないのが、パルミジャーノ・チーズ。ラクレットのチーズ味と重なるので、メニューに加えるか迷ったのですが、ぜんぜん違うタイプなので加えて正解でした。

f0095873_22493584.jpg

デザートは、ホワイトチョコレート・ババロア。
ホワイトチョコは、ヴァローナを使用。ホワイトチョコのコクのあるなめらかなババロアに仕上がってます。ストロベリーとブルーベリー、塩キャラメルのソースと一緒に。

ワインは、横浜そごう・エノテカから。新店長・上田さんお勧めの南フランスの白のコルビエール。コクのある白ワインは、チーズにピッタリでした。

DOMAINE DE VILLEMAJOU
CORBIERES
2011

明日のレッスンに1名のキャンセルが出ました。当日でもご連絡くださいませ。

21日(木)に数名の空席がございます。参加可能な方、至急ご連絡ください。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-03-15 22:49 | お教室 | Comments(0)
<< ホワイトチョコレート・ババロア... ラクレット・パーティーのレッスン >>