「ほっ」と。キャンペーン

まさかのホロリ

9月7日に、成田を出発して、同日にシカゴに到着。

これだけ、行ったり来たりしていると、日本を離れることに対して、かなり鈍感になっていて、どうってことないはずだった。

なのに。 嬉しいサプライズが。

いつも通り、アラームなしで早起き。
子供のころから、大事な日は、いつもこう。
小心者なんだろう。

準備を整え、しばしの別れと、マンションの部屋を見渡し、鍵をかける。
豚のようにパンパンなスーツケースを転がし、タクシーの待っている正面玄関へ。

目に飛び込んできたのは、熱心にお教室に通われていた、かわいい若奥さまふたり。

大体の出発時間を言ったような、言わないような。
いつから待っていてくれたんだろう。

もう、この時点で、感激屋の私はうるうる。

「先生、気をつけていってらっしゃーい!1月のレッスン、楽しみにまってま~す!」

って。おふたり。

こちらこそ楽しみにしてますから~。

そして、YCATへ到着。リムジンに乗る前に、飲み物を買う。
すると、目の前にまたひとり。

生徒さんでもあり、私のヨガの先生である純子先生。
ヨガの時に流していた、お気に入りのCDをプレゼントしてくれた。

ここまで来ると、もうダメ。
初めての渡英の時以来の涙。

だからー。4ヶ月後に、また帰ってくるんだってば~。

なにやら、特別な出発日になった。

ありがとう♪ 本当に嬉しかったよー❤
[PR]
by suzume-no-oyado | 2013-09-18 23:51 | 暮らし | Comments(0)
<< 諦めの悪い奴 楽しかった最後のレッスン >>