「ほっ」と。キャンペーン

ひとりランチ

本日のひとりランチは、以前から行きたかったBig Jonesで。

目的は、こちらのShrimp & Grits のグレービータイプ。
f0095873_785167.jpg


はるばるバスで1時間揺れて来た甲斐がありました!近所のレストランでは、このグレービータイプが無くて、ずっと食べてみたかったんです。もう一口目で、「来てよかった~♪」と。

テレビ番組をみて、材料だけの知識で作った自作の物が、かなりいけているのも分かったのも収穫です(笑)

現地のものを食べたわけじゃないので、はたして、これも本物なのかどうかは定かではありませんが、美味しいと思えたからいいといたしましょう。そう、美味しければいいんです。

なにより、ここのグリッツが他とちょっと違って、円やか+プチっとした触感。これは、市販のグリッツには無かったです。食べたきゃ、ここに来いって事でしょう。

思ったよりも軽かったので、あっという間に完食!それじゃ、と何か他を試したくなり、本家本元のフライドチキンを注文しようとしました。

が!いかんせん量が多すぎ。しかたなく諦めて、フライドチキン入りのサラダを注文しました。

f0095873_79786.jpg


が!ここで、また性懲りもなく失敗を。アメリカのサラダは、ドレッシングまみれで、サラダを食べてるのか、ドレッシングを食べているのか分からなくなるんです。なので、ドレッシングはかけてもらわずに別に貰うのが得策。分かっていたのに、頼むの忘れてしまいました(涙)

フライドチキンのスパイシーなお味は、ブルーチーズドレッシングにかき消されて、わけわからなくなってます。ああ、やっぱり多くてもフライドチキンを頼むんだったと、後悔しきり。とりあえず、分からなくなった味を探して、三口、四口で無駄な抵抗はやめました。あとは、お持ち帰り。


f0095873_792422.jpg

レストランの外観です。ダウンタウンと違って、高層ビルが無くて、穏やかな雰囲気。小じんまりしたカジュアルなレストランやカフェが連なっていて、穏やかなアメリカらしさを感じられて、けっこう気に入りました。

バス停の近くで出会った、イタリア出身のシープドッグ。ドレッドヘアのようで、イタリアンというより、やっぱりアメリカンでしょ。
f0095873_791873.jpg


このレストラン、他にも南部のパンとか、数種類のピクルス、加工肉、朝食、デザートなどなど、食べてみたいものが沢山。

しばらく通ってみよう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-05-08 17:07 | 暮らし | Comments(0)
<< おねだりリス シカゴ 物乞い事情 >>