「ほっ」と。キャンペーン

共通語

f0095873_2221248.jpg

結婚30年を迎える私たち夫婦。
これだけ長くいれば、だんだん似てくる気もする。

大雑把な私が、だいぶ細かくなり、
神経質な夫が、だいぶゆるくなってきたり。

一言言い返しただけで、向こうが悪くても逆切れされていたのが、30年間で培われたテクニックで、言いたい事7、いやいや6くらいは言えるようになったり。

と、猛獣使いも熟練の域に達してまいりました(笑)

だんだん似て来た部分もあるけれど、だんだん好みの差もはっきりしてきた事も。

昔は、テレビも映画も一緒に楽しめてた気がするのだけど、勧善懲悪もの、アクション、ヒーロー系が好きな夫は、年々ドラマ系とか、SFのちょっと入りくんだストーリーは、面倒くさくて見たくないらしい。

反対に私は、そういったものが好きなので、夫に付き合いはするが、本当に自分の見たいものは、ひとり静かに見る。なんとか夫も見れそうなものを一緒に見ても、読みの浅い夫のコメントがうるさくて、がっつり浸って見れない。

伏線のシーンが織り込まれようなら、「あれ、どういう事?」と必ず聞いてくる。
「後で、分かってくるからね」と言いながらも、
「そんなの知るかー!黙って見ててよッ!」と心の中で呟く妻。

なので、どんどん共有部分が少なくなっていってるのに、老後の危機を感じざるを得ず。
食という共通語は持ち合わせているけど、それだけでは足りない。

そこで、1年半くらい前から始めたゴルフ。かなり運動神経には自信があったけど、なんだかゴルフは別物。動いている玉は打てるのに、止まっている玉が、なぜ打てない????(涙)

何事も「ふんっ!」と力んでしまう性質なので、力を抜いて打つ事が難しい。

それでも、諦めずに続けていたら、このところ少し進歩が感じられるようになり、そうなると楽しくもあり。前回の帰国中も、女子会ゴルフを3回もやり、シカゴに戻ってきてからも3回。

スコアは、一長一短で似たり寄ったり。でも、ストレスを感じずに回れるようになってきたのは進歩かも。

シカゴの北は、すでにゴルフシーズンを終えていて、このあたりも、霜が降り始めてきたので、あと1カ月できるかどうか。

先週末も、霜で1時間半もスタートが遅れ、別の二人と一緒に回る事に。こんなへたっぴぃが他の人と周るなんて申し訳なくて。とりあえず、我慢してくださいね、とお願いして、マッチョな若者とご一緒。気づかいで疲れ果てた前半だったけれど、終わってみれば、それなりに楽しかった♪ ただ、今回のゴルフ場は、めずらしく狭くて、ちょっと右に飛んだら、お隣のホールに入ってしまう。ええ、やりましたよ。しかも、つづけて2回お隣のホールで打ちましたわ(涙) その上、それをもう一回やった時の悲しさ。

18ホールぶっ通しのゴルフ。毎回おべんとう持ちでピクニックのよう。日本のように、美味しいランチと最後のお風呂でリラックス、なんてことは出来ないけれど、それなりに楽しい。サービスは、もうひとつだけど、安いからしかたがないか。

ご近所で、ご主人がリタイアして、「毎日一緒で楽しいわぁ」という奥さまがいらっしゃるんだけど、私には、逆立ちしたって無理!

共通語、もう少し増やした方がいいかもしれない。

f0095873_2224951.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-10-14 02:22 | 暮らし | Comments(2)
Commented by さと at 2014-10-14 04:55 x
30年、大きな節目ですね。おめでとうございます☆
すずめさんのお気持ち、分かるなぁ~(という私は、まだ結婚14年目のヒヨコ?ですが)
ここしばらく、まさにソレを考えていたトコロなんです、<共通語>。
よくよく考えたら、共通語が見当たりません(笑)←イヤ、笑うところではなかろう・・・・と聞こえてきそうですが(笑
食の好みですら、違うんですから!!
共通語、見つけられますかね?
彼が隠居生活に入った後が、怖いわ~。
ってか、それまで持つかしら?(苦笑
ま、年に半分以上は別居生活なので、「それが、結婚生活が長続きする秘訣だ」と、周囲から言われています(笑
Commented by suzume-no-oyado at 2014-10-16 02:17
さとちゃん、定年後の生活の不安は妻のみじゃないかって気がします。そりゃ夫だってあるでしょうが、別の事なんじゃないかと。
ご主人、趣味ある?うちのは、無いからうっとうしい。私も好きな事して、彼も好きな事して、時々一緒っていうのが理想ですが、彼が同じに思ってないと出来ないものね。だから、一生仕事してほしい(笑
<< Week-end in Key... NYに行く理由 >>