パンプキンカービング

f0095873_230190.jpg


パンプキンカービングをしてきました。初体験。

帰国後、お料理教室を始めた頃から通ってくださっていた生徒さんが、奇遇にもダウンタウンに住んでいたんです。その頃、ギリシャ人のフィアンセだったのが、今は結婚されていて、かわいい8カ月の赤ちゃんがいます。

数週間前に嬉しい再会をしました。久々に赤ちゃんを抱っこして、遊んで、なんだかすごく楽しかったんです。それが、次の日から、やけに腕がだるい。神経痛の様な、筋肉痛の様な。

五十肩かと思ったのですが、よくよく考えて見ると、思い当たる節が。そうです。お調子こいて、赤ちゃんを抱っこし過ぎたんですねぇ。赤ちゃんの抱っこし過ぎで、腱鞘炎になった友人の事が思い浮かびました。

たった数時間で、こんなになったのだから、これが毎日じゃ、そりゃぁ大変でしょう。いずれ孫の面倒をみるかもしれない事を考えて、今から鍛えておいた方がよさそうです。

そんな彼女から、嬉しいお誘いが。赤ちゃんがいて大変だから、一緒にパンプキンカービングをして貰えないかと。

すぐ、やりたーい!と思ったのに、返事をしたのが、つい先日。梨の礫のわたしなんて、待ってないだろうなーと思いながら連絡してみたら、運良く、まだだと。

即、予定を決めて、当日はスーパーの前で待ち合わせ。店の前に山積みにされたパンプキン達。その中から、色良し形良し、大きさ良しのを見つけ出し、レジで支払い。値段の表示もよくされてなかったので、一体いくらなのか?

レジのお姉ちゃん、「ラージよね?」って、私に聞く。そこで、サイズ別のお値段だと判明。当たり前か。パンプキンごとに、LMSの表示があるなら、突っ込みようがないが、別に書いてないし。

「えー大きいのもっとあったから、ミディアムよ!」と、気持ち強気に出ながらも、「安くしてね❤」とラブコール。「うーん、ミディアムねぇ」とちょっと違うんじゃないかい?と言うようなニュアンスで返されたが、だてに長く主婦をしてきたわけではないので、再びごり押し。

結果、果てしなくLサイズに近いパンプキンをMサイズの値段で購入♪してやったり、と思ったけど、果たしてLサイズとMサイズとの値段の差は、大してなかった気もする....。ま、気分が良かったので、二重丸であります。

まずは、カボチャの上の部分にナイフを入れ、蓋のように開けたら、中身をスプーンでそぎ取いて下ごしらえ。それから、どのデザインにするかパターンブックから決め、その紙をカボチャに張り付け、上から、ぽちぽち穴をあける→紙をはがし、小麦粉をすりこむ。すると、下の様に、デザインがミシン目で見えるようになるんですね。
f0095873_2303170.jpg


カービングようの、スペシャルキット(小さいのこぎり)を使い、少しずつ少しずつ彫っていくわけです。で、出来上がったのがこちら。
f0095873_22593226.jpg

撮ってから、蓋が無いのに気が付き、もう一枚。

f0095873_2305736.jpg

....ぼけました(涙)

ティーライトでライトアップをしましたが、これだと中に火が通ってしまって良くないとの事で、本来なら電池式のライトを入れるそう。

家の前に置いておく。が。リスが多いここでは、リスのえさになってしまうので、けっこう悲しい事になるんだそうだ。

もともとちまちまがした作業が好きなので、がっつりはまった感が。今まで、ハロウィンになじめないでいたけど、毎年楽しみになりそうな予感。

ありがとう!Mちゃん♪
[PR]
by suzume-no-oyado | 2014-10-24 23:01 | 暮らし | Comments(0)
<< シカゴフード Tea Cake >>