「ほっ」と。キャンペーン

突然のマンチェスター

7月末に帰国して、はや1週間を過ぎました。すでに1回夏バテで寝込み、体調が戻らないままに、6年ぶりの家族勢ぞろい。

実は帰国寸前に、一週間ばかり、イギリス・マンチェスターの次女のところに行ってきました。今回も飯炊き母の出番で、何をしたわけじゃないんですが。

帰る前日、近くのとてつもなく大きいショッピングモールに連れて行ってもらう事に。で、さぁ出かけようと娘が扉を開けたら、手にペンキがべっとり!うっわぁ~!なんと!扉がぜんぶペンキ塗りたて状態。

あんまりな事にふたりパニクり、ペンキ屋を大声で呼びつけ、「どうしてくれるのよっ!」とがなりたて。慌てたペンキ屋が自分の服を脱ぎ(って上半身裸デス)「これで拭いてくれ」と。拭いただけで落ちるわけがないだろうと、ペンキを洗う液を持ってきて!と命令し、わぁわぁ言いながらなんとか落ちてくれて、ほっとした女ふたり。

困ったペンキ屋さん曰く、レターで知らせているはずだと。が、娘は貰ってないと言い張り。はてはて、事実はどうなのか?シカゴのアパートだと数週間前に通達しても、前日には確認メールが来たりする。そう思うと、けっこう好い加減な伝達。おそらく同じ目に合っている人は少なくない気がする。しかし。久しぶりの冷静さを欠けたふるまい。思い返すと、ちょっと恥ずかしくなってきたいい年の母でありました。

行きのフライトは3時間も遅れ、そんな遅れるとは思わなくて、ラウンジでシャンパンをがっつり飲んで寝て行こうと思っていたら、ゲートでの待ち時間中にふらふらになり始め、幾度となくあった大事なアナウンスもうっかり聞きそこなって、そのたび隣の人に聞くありさまで。次からは、いい気になって飲むまい!と固く誓ったのでした(笑)

帰りのフライトは時刻通り。ただ後ろの座席に5歳児がひとり。悪さをしなきゃいいな、と思っていた矢先、座席についているテーブルをばたんばたんと遊び始めました。がまん?ええ、しません。しっかりと目をにらみつけ見て、「しーっ」としたら、思ったより素直にしてくれました。いい子いい子。

飛び立つ前に飲み物が配られ、さっそくシャンパンをくいっと。うしろの5歳児にシャンパンを勧めてるCAに周りの大人も大笑い。オレンジジュースを選んだ彼に「ナイス・チョイス」とも。こういうジョーク好きですねぇ。

さて、明日から温泉~夫の実家で1週間の旅行。温泉はいつもの松本の扉温泉・明神館。そこから、電車3本乗り継いで松山に入ります。9時間ほどの長旅。お目当ては駅弁です。

とりあえず寝込むことなく、日程をクリアしたいです。

皆様、良い夏休みを♪




[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-07-23 11:32 | 暮らし | Comments(0)
<< 9月のお料理教室のお知らせ つぼみ付きにんにくの芽のフリット >>