「ほっ」と。キャンペーン

恐怖の歯医者

先日、歯医者に行ってきました。シカゴ2度目の歯医者デス。

前回の歯医者では、夫にダッチワイフみたい、と酷い言われようでしたが、今回は別のにトライ。以前のところは治療に関しては満足だったんですが、高額治療の押しつけと明確じゃない請求書が感に触ったので止めました。騙されているんじゃないのは分かってるんですが、自分が納得できないと払いたくない。

今回選んだのは、あのジョン・ハンコックの32階にある歯医者。エレベーターに上がるにも、毎回IDカード提示し名前入りのパスを貰います。

スタッフも感じいいし、先生もいい感じ。だと思ったんですが。

レギュラーチェックとクリーニングが目的で行った今回。ええ、前回同様、レントゲン用の口に入れるパネルは、当然アメリカ人使用。でかいんですよ!口に入れてセットして、歯で噛んで下さいって言われても、口が閉まんない。それを無理やり噛むんですから、食い込む食い込む。苦しくて痛くて、自然に涙が目じりからぽろりぽろり。これだけ人種が居るんだから、パネルも大中小と作ってもらいたい。切なる思いでございます。

そして、クリーニング。歯石を取るので、こちらはドクターが。あの先の尖がった器具でがりがりごりごりするわけですが。これが、怖かったのなんのって。

不快なのはわかってますよ。でもね、この先生、兎に角、乱暴。丁寧にがりがり、じゃなく、スゴイ勢いでがしがし。慣れてるのでしょうけど、あまりの早さと勢いと力で、いつ歯茎に突き刺されるんだろうって、もうもう怖くて怖くて(涙)

治療済みの歯のクラウンがきちんと被さっているか調べるのも、引き抜かんばかりに満身の力を込めて引っ張る。顎が取れそうな気がしてきたし。

「早く終わってくれぃ」と心で念じた数十分。なんとか何事もなく終わりました。全身から力が抜けました。

当然口の中は血なまぐさいわけで、日本ならここで口をゆすげるのに、アメリカは違います。チューブで洗ってくれて、チューブで吸い取ってくれます。便利なようですが、十分ゆすげてないので、口がまずいまま。

幸い特別な治療はなかったけれど、薄くなってる歯の補強を勧められましたが、1本10万以上。しかも、先生。やるなら最低8本はやらないとって。

金額もくらっと来たけれど、なにより、先生。ワタクシ、もう無理です。
これでサヨナラです。 
バァイ!!
[PR]
by suzume-no-oyado | 2015-11-20 02:45 | 暮らし | Comments(0)
<< 大騒ぎのキーウェスト旅行 旅立ち編 スープの季節 ミネストローネスープ >>