「ほっ」と。キャンペーン

エレベーター

昨日は、夜遊びをして帰ってきた。
夫も子供も顧みずする夜遊びって、なんて楽しいんだろう。
独身時代の開放感が私を包む。

別に夫が厳しい訳じゃない。機会があると,行ったら?と言ってくれる。

でも。

顔に似合わず、遠慮しぃーの私。
本来遊びベタなんだろうな。

そうは言っても、なに?この開放感。
昼間に出かけるのとどうして違うんだろう。
やっぱり時々は思い切って夜遊びしよう、と心に決める私であった。

ジューン・フェアの打上げ会。
娘の学校(アメリカンスクール)のお母さん数人が集まった。

いつも思うことだけど、パリの日本人は個性豊か。
特に、アメリカンスクールのお母さん達は海外生活が長い人が多いから、尚更。
イギリスにいた頃は、浮きまくっていた私だったが、
ここに来てからは、私って地味って思う。
バイタリティーのある人の多い事。

昨日集まった方もそうだった。

一人はファッション・ライター。
海外育ちで、世界を股にかけて活躍中。
オーラが違う。

もう一人は、アメリカでお料理とお菓子を勉強なさって、ホテルで修行。
その後、イギリスでお菓子を学びなおし、パリに来てからは,
リッツで見習をしていたと言う、ツワモノ。
その上、美人ときている。

ブログによく登場するキッシュさんも一緒だった。
彼女だって、20歳の頃から、フランス語の通訳をしていたほどの才女。

あと一人は、一見普通の奥様。
だけど、なんとオペラ歌手。
ここでリサイタルもやっていた。

以前にも、同じことを書いた気がするけど、再び自己嫌悪。
みんな、凄すぎ。
自分が小さく思えてくると、とことん落ち込む私。

イギリス人のような面の厚さが欲しい。
彼らは、一言、二言、単語を知ってるだけで、
『私○○語が喋れるのよ。』といいのけてしまう。
図太い。

そうだ。
以前そういう人に出会って、このレベルで先生やってるんだって、
反対に勇気を貰った事もあったっけ。

そうだ。そうだ。
オット、元気が出てきたぞ。

上がったり下がったり、忙しい一日でした。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-06-18 15:59 | 暮らし | Comments(12)
Commented by OKU at 2006-06-18 19:32 x
”お宿さん”だって、すごいと思いますよ。海外生活をこんなに長くしながら、子育てもし、お料理教室も順調にこなして。どこにでもすっと馴染んでいける性格はうらやましいな、と思っています。それにワンコに「ウチに来てしあわせかい?」って聞けるやさしさも持ってるし。ブログを読んでいると「お宿さん」もとっても幸せで充実した毎日を送っているのが感じられます。フレーフレー!!(って掛け声って、そういえばもはや死語?)
Commented by suzume-no-oyado at 2006-06-18 20:38
OKUありがとう。ポポ手さんにしてもOKUにしても私はいい友人に恵まれてるとつくづく思います。
『フレーフレー』の声援。しっかと受け取りましたっ!
Commented by ポポ手 at 2006-06-18 23:25 x
いい友人て言ってもらえて、しみじみ嬉しいです。お宿さんのブログ見てると、こんなことでくじけていては…といつも励まされます。ワンコに「うちに来てしあわせかい?」って聞く人のワンコはきっと幸せだよね。
Commented by 睦子 at 2006-06-19 01:05 x
お宿さんが地味?!なことはないですよ~っ!!全然。
それにしてもポポ手さんやOKUさん(憶えてしまった)、お宿さんのような長きに渡って励ましあう雰囲気っていうのは結構めずらしいのかもしれません。こんなブログでしょっちゅう声掛け合えるっていいですね。私もちょっと影響を受けて幼なじみと電話で話したりしました。
Commented by soleil at 2006-06-19 01:17 x
夜遊び、この響きいいですね。ずっと頑張っているから、時にはいいのですよね♪ 
suzumeさんがおとなしく見える面々。きっしゅさんはよく存じ上げています!才媛ですもの。みんな個性豊かで本当に楽しそう!!
やはり一番楽しいのは人ですよね。素晴らしい人たちに囲まれるというのも、魅力あるからなのですョ♪
Commented by suzume-no-oyado at 2006-06-19 03:07
睦子さん、幼馴染はいいものです。OKUなんて幼稚園から一緒なんです。でも、学生時代はOKUもポポ手さんもただの同級生で、こんなに親しくなったのはここ数年。でも、何十年ぶりにあっても、同級生って不思議に違和感ないんですよね。貴重な存在です。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-06-19 03:13
ソレイユさん、次は一緒に夜遊びしましょうねー。癖がある人に出会うたび、苦労もするけど、話のネタになって楽しいです。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-06-19 03:16
ポポ手さん、お互い様です。帰国するたび、励まして貰ってるのは私の方ですもん。
Commented by china-weihai at 2006-06-19 10:40
suzumeさんもとっても素敵で、そして強くて・・・、憧れてます。
去年の春と秋に、“足つぼ”でパリに数ヶ月行っていた友達が、パリに長く住まれている日本人は違う!って言ってました。
また行きたいようです。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-06-19 17:35
chinaさん、励ましありがとうございます。私はどちらかと言うと『ブタもおだてりゃ、、、」の部類ですので、立ち上がりも割と早いほう。
パリにいらっしゃる事があるなら、是非連絡くださいね。
Commented by きっしゅ at 2006-06-21 21:46 x
すずめさんにもちあげていただいたグータラ主婦のきっしゅです。すずめさんの「きっしゅ評」は真実ではありませんがたまにはこうやってくすぐられるのもいいものだわ。わたしはすずめさんのその生きるひたむきさを見ているだけで勇気をいただいているのよ。お料理教室を催しているバイタリティー、ただただ感服です。平成と明治の両方を持ち合わせたあなたは
ステキです。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-06-22 00:45
きっしゅさん、ありがとう。おだてられて、暫くは空を飛んでいられそうです。落ちて地面にめり込んだ時には、また宜しくお願いします。
<< ドンマイ 第7回料理教室 >>