お好きな国民

夕べ、面白いCMを見た。

8歳くらいの男の子。
バスに乗り込み、窓際の席に座る。
外を眺めてて、何気なく下を見た。
きれいなお姉さんが運転してる車。
お姉さんのスカートが少しまくれて、きれいな足にちょっとドッキリ。
次の日またバスに乗る。
席に座り、ちょっと期待気に窓の下を見る。
あ、またきれいなお姉さん。
おませな彼は、いけないけどと思いつつ、視線は足の方へ。
ドッキーン!!!
息を飲み込み、目がパチパチ。
幼い彼には、刺激が強すぎたのね。

てんとう虫のオス。
メスを見つけて、ブ~ンと、もう突進。
二匹はピッタリとくっついて、離れない。
窓の開いてる車の中へ入り込み、激しく愛し合う。
その振動で、車はユッサユッサ揺れている。
外から見ている人は、「まぁ、真昼間からおさかんね。」という顔つき。
Everything is intense. 「すべてが情熱的」

これは、プジョーのCM。
最初の男の子のはルノーのCM。
若い女性に似合うステキな車って事なんだろうか。

に、したって。

8歳の男の子にてんとう虫とは。
情熱、セクシー。
日本人には、ちょっと刺激が強すぎる事も、なんか自然に流してる。
文化の差をありありと感じる。

面白いのは車だけじゃない。
チョコレートのCMもセクシーさを売り物にしてるのが多い。
大人のスイートをうたい文句に、「あは~ん、うふ~ん」って。

夜寝付かれない美女。
ベットの上で、なんか悩ましげ。
「あぁ~ん、私もう我慢が出来ないわ~。」って、おもむろにチョコにかぶりつく。
見ている私は、何で、チョコ?と、状況を理解できない事シバシバ。

日本じゃありえないってCM、けっこう楽しんでます。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-06-26 01:09 | 暮らし | Comments(2)
Commented by soleil at 2006-06-26 14:11 x
それ両方見たい!! 日本じゃ考えられないCMよね。年に一回年末に世界のCM賞みたいな番組あるのだけど、挙げてくれないかしら・・無理??
文化とか国民性の違いだね。さらりと流すオープンな性に対して、日本じゃまだまだ性に対しては閉鎖的だもの。
チョコレートもセクシー系なのね。情欲の対称に使うところは大人の国フランス。 それだけ魅惑的な味ってことね!! 食欲しか満たされないけどな。
作るとしたら、着物姿のチラリズムで「セクシーな餡子」ってどう??
Commented by suzume-no-oyado at 2006-06-26 21:44
いいかも。何のCMか分からないのもかえって印象に残ったりするものね。セクシー=餡子。結びつかないのがミソかも。
<< 悩ましい検査服 ピッタリの名前 >>