真夏の夜の夢

暑い。とにかく暑い。
昨日は37度まで上がった。
夏なんだから、寒いより暑い方が良いに決まってるんだけど、エアコンのない部屋で、
夕べはとにかく寝付かれなかった。

無用心だから、窓は開けられないし。そう思うと、日本の網戸っていいなーって思う。
アパルトモンの上のほうに住んでれば別だけど、2階、3階じゃ、
虫は入ってくるしやっぱり危ない。
イギリスも、年に数日熱帯夜がある。
物騒だとは思っても、窓を開けて寝ていたっけ。

何しろ、エアコンなんてついてる家はほとんどない。
数年前の猛暑で、お年寄りが沢山亡くなった次の年から、
チラホラとエアコンを付けているアパルトモンを見るようになった。

湿度が少ないから過ごしやすいといえば過ごしやすいのだが、これだけ暑くなると、
家の中は、まさにサウナ状態。
暑さのひどい日には、シャッターも窓も開けられない。
窓を開けると、熱風が入ってきて、もっと暑くなる。

今日は、扇風機を出さなくっちゃ。

暑い暑いと言えば、思い出すのが、残暑頃のあの出来事。

1985年。私が渡英する前の年。
夫は6月から9月末まで、イギリスに長期出張に行っていた。

日本の猛暑を避けられて、なんと羨ましかった事か。
が、帰ってきても、まだまだ暑い。
甘やかされた身体には、堪える暑さ。

帰国したその晩、夫は暑い暑いと文句を言いながら、寝付いた。

夜中に「ねぇ~ねぇ~。」と呼ぶ声がして起こされた。
どうしたの?と眠い目をこすりながら彼を見たら、

なんと。

下半身スッポンポンの彼がいるじゃぁないか。

はぁ~?と思った時に、
「ねぇ、どうして僕パンツはいてないの?」って、寝ぼけの夫。
そんなの知るかいっ!  こっちが知りたいよっ!

だんだん、目がさえて来た彼は、自分の姿に驚いて、言った言葉にまた呆れた。

「おまえ、遊んだな。」

がーーっっ!!!
誰がーーっ!!
誰が何で遊ぶっつーのよーっ!

真夏の夜の夢。  

早く覚めてしまえ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-07-04 15:11 | 暮らし | Comments(6)
Commented by soleil at 2006-07-05 23:18 x
海外が長いと、スッポンポンになる傾向があるのかもしれないと、妙に納得しました。
我が夫も海外に20年近くいたせいか、すっぽんぽんです。もうなおらないですよ。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-07-05 23:46
ソレイユさん、そうなんですか?あの後、私が脱がしたんじゃないって証明するのに時間が掛かりました。でも、その後も何回か脱いじゃった事件があって、やっと勝手に自分で脱いでるって認めました。やれやれ。
そういえば、隣の一家は全員スッポンポンで寝てるって言ってました。
一回真似したら、風邪引いちゃいました。
慣れない事はしないほうが無難です。
Commented by 睦子 at 2006-07-06 08:53 x
関係ないような、あるようなことなのですが、ノーパン健康法なるものがあって、寝ているときにまでパンツのゴムで大切な腰を締め付けていると腰痛ほか色んな問題が生じるとか。そこでノーパンで寝ると体調がよくなる人もいるそうです。でも夜中に火事になったりしたらイヤですよね。
お宿さん、無意識の内に、ご主人の健康を願ってそういう行動に出た、という可能性もあるのではないでしょうか。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-07-06 13:51
ないない。絶対無いです。そう言えば、娘が小さい時、イギリス人の友達が泊まりに来ると、寝る時、必ずと言っていい程パンツをはかないんです。
いくら仲がイイコとは言え、やっぱりイヤなのか、その子が帰った後、シーツを取り替えてって私に頼んでました。
Commented by soleil at 2006-07-06 15:56 x
あはは、わがやもそう!今は国へ帰ったけれど、息子の大親友(オーストラリア人)も我家に泊まりにきて、パンツをはかないでねていたのね。ちゃんと夜お風呂にはいって寝るのですが、息子もシーツかえてといっていました。
そういえば、ノーパン健康法ってあったような。私も一度スッポンポンで寝た事がありましたが、気になって寝つけなかったような。ある程度肉(脂肪ともいう)を押さえてあるほうが安心しますよね
Commented by suzume-no-oyado at 2006-07-06 19:32
ソレイユさん、私とっても婆臭いとは思うんですけど、ネグリジェもダメだし、パジャマも上着をズボンの中に入れないと、スコスコして寝れないんです。娘達は慣れだよって言うんですけど、やっぱりダメでした。
<< 押し売り 趣味じゃない?! >>