ボディー・ラッピング

夏になって、薄着になってくると、どうしても気になる自分のデブさ。
比較的顔が小さく、膝から下が細い為、着方によっては細くは見える。
Gパンとかピッチリ目を選び、まるでクッションの中身を押し込むように、
プヨプヨを中に入れてしまえば、何とか隠せはする。

でもね。それも夏は無理。
羽ばたけるほどの腕が出ちゃうし。

次女を産んだ後、ちょっと悪あがきをしてみた。

ボディー・ラッピング。

sea clay シー・クレイ、海底の粘土質の土を使って、やせる方法。
身体の中の、毒素を出してくれると言う。

6インチ(27センチ)だったか10インチ(45センチ)だったか、記憶は定かではないが、
ボディーラッピングをたった1回で、それだけは痩せられると言うギャランティーつき。
もし、嘘だったら、お金を受取らないと言う。

ほんとー?と思いながら、「6インチ、返金」と言ううたい文句に踊らされて、
試してみることに。

まず、真っ裸になり、全身のサイズを測る。
それから、シー・クレイをベットリ含んだ、幅広の包帯を身体中に巻かれる。
かなりしっかりと。
帯を巻く要領で、息ができるように気道を確保したつもりだったが、その努力空しく、
なんか息苦しい。

巻き終わった。
ぐるじ~。

粘土で体中を覆われてるのと同じで、ものすごく重たくて動けない。
大リーグ・ボール養成ギブスってこんな感じだったのかしら?
なんてしょーも無い事を考える。

暫く寝ていてくださいと。
寝ているだけでも、大変。だって、息が、息が、、、。
ヒ~ホ~、ヒ~ホ~。まるで、大手術を受けた後の患者のよう。
甘く見ていた。
やっぱり楽して痩せようったって、そうは問屋は卸さない。

後、何分?と待つ事しばし。
ベルが鳴る。
終わりかと思ったら、そこに立てと言う。

寝ているのもやっとの私に、今度は軽い体操をしろと。
言われるがままに、やっては見るが、何せ養成ギブスが、、。
ギクギクとやっとの思いで動かしてみるが、息切れの方がひどい。

へ~ほ~へ~ほ~~~。

こんな事までして痩せたいの?と思いもしたくなってきた。

終了。
やっと解放。
着物を脱いだ時とは、比較にならないほどの開放感。
はぁ~。よかった。

さて、お楽しみの、サイズチェック。
こんな思いまでして、痩せてなかったらタダじゃおかないぞ、と心の中でスゴム。

ウエスト3センチ。  ヒップ2センチ。
ふくらはぎ1センチ。 太もも2センチ。
首周り、手首、足首とかなり細かく測り、合計なんと30センチ以上。
なんか嘘のよう。
スカートをはくと、確かにゆるいんだけど。
中には5ミリなんていうのもあって、ホントに痩せたんだろうかって、疑いたくもなってくる。

そのあと、炭酸は飲んじゃいけないとか、カフェインもダメとか、色々規制もあったが、
一応真面目にこなした。

引き締まったのは確か。
でも、二度とイヤ。
恐ろしく苦しい。

もう甘い夢を見るのはやめよう。
人生何事も日々の積み重ねなのね。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-07-06 14:54 | 暮らし | Comments(2)
Commented by studiopinot at 2006-07-06 21:53
ボデイー・ラッピング体験記。おかしくておかしくて笑ってしまいました。でもしんけんでらしたのですよね。ごめんなさい。
ずいぶん細くなるのですね。翌日は如何でした。(野次馬)
Commented by suzume-no-oyado at 2006-07-07 01:27
だからですね、studioさん。それでも、数日は細かった気がします。
でも、お手入れはし続けてこそ、効果も長持ちするんですよね。
今は、そこらじゅうプヨプヨです。
<< たった3円のプライド 押し売り >>