「ほっ」と。キャンペーン

たった3円のプライド

暴漢に襲われて怖い思いをしたり、騙しのフランス商法にまんまと引っ掛かったり、
ホトホトフランス生活に疲れを感じてた矢先、またもや事件が。

あれは、ちょうど石原都知事が「フランス人は計算が出来ない」って
余計な事を言った去年の夏。
思わず、諸手を挙げて賛成したくなった事を覚えている。

マルシェに行った。
いつも行く八百屋さんが込んでたので、仕方なくもうひとつの店へ。
ここは好きじゃない。
だって、店の人がやな感じだから。
でも、急いでたし、しょうがないか、、。

あれやこれやと買い込み、締めて15ユーロ84ソンティーム。
20ユーロ紙幣を出したら、21無いかと言われ、21ユーロを渡す。

おつりを渡され、見ると5ユーロ14ソンティーム。
ん?2ソンティーム足りないじゃん。

たった2ソンティーム。
どうでもいいといっちゃあ、いいんだけど、舐められたみたいでなんか面白くない。

思い切って言ってみた。
「ムシュー、2cts足りないんですけど。」
そしたら、ムシュー、首を大きく振りながら、
「貴方は私に21ユーロ渡したんだから、これで合ってるんだよ。」と。

「ノン、ノン、ムシュー。14じゃなくて16でしょ。」

ここで、はぁ~、とため息をつかれる。
「21からじゃ、貴方には難しすぎたかな。」

はぁあ?!
ちょっと何を仰ってるの?
私が計算が出来ないって?  ざけんじゃないわよっ!
私を誰だと思ってるのよっ。
暗算お得意日本人だって―!

あんまり腹が立ったので、つたないフランス語はもっとつたなくなり、でて来ない。
隣に立っていたおじさんが英語ができるというので、事の説明をした。
そしたら、この彼、「ムシューがあってる。」って。
うん。 ぇえっ?!
あ、あんたっ!英語は出来るけど、計算は出来なかったのかいっ!
聞く人を間違えた。

だって、だって、1ユーロから84引いたら16でしょうって言ったって、
みんな、違う違うって。

誰か~助けてよ~!

気がつけば、私の後に長蛇の列。
みんな、「このバカ女、早くしろっ。」って顔して見ているし。
もう限界。
たった2ctsごときで、これ以上粘るエネルギーは残っていなかった。
それっぽっち、差し上げますよーだっ!

「ハイハイ、分かりましたよ。」と言って、立ち去ろうとした私に、とどめの一言。

「あんたにゃ、難しすぎたね。」

キー―!! ぐ~や~じ~!!

2cts。日本円にしたら3円ぽっち。
このたった3円で、私のプライドはズタズタになった。

暴漢に襲われた時は、二日もしたら忘れちゃったのに、
今回は野菜を使い切るまで尾を引いた。

こんな事なら、もっと粘ればよかった。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-07-08 03:10 | 暮らし | Comments(7)
Commented by むつこ at 2006-07-08 16:48 x
ええっ?読んでもむかむかっ!そうそう欧米ではこんなことよくあると聞きますし、私も似たような経験があります。が、が、が、お宿さん、もっと戦ってほしかった!ちなみに私はこんなとき、ちょっとだけ英語が普段よりうまくなります(ぞんざいに扱われたとき)。
でも、お宿さんってこんな戦いを英語だけではなくフランス語で・・・・・・柔道も剣道も有段者ってところでしょうか。
野菜をつかいきって終わるっていうのがまたお宿さんらしくて爽快。
Commented by ポポ手 at 2006-07-08 17:32 x
むつこさんに同じく私も読んでてムカムカ。この話は以前にも聞いたことあるはずなのに、それでもこうして読むと改めてムカー。電卓をつきつけてやりたいですよね。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-07-08 20:12
睦子さん、ポポ手さん。一緒にむかついてくれてありがとう。
なんであの時ペンを借りて、書いて説明しなかったのか悔やまれます。
英語だったら、何処までも噛み付けるんですけど、フランス語がそのレベルになるのは、気の遠くなるような話です。
Commented by soleil at 2006-07-09 16:52 x
そうか、やっぱりフランス人って基礎計算できなかったんだね、とあらためて実感。(ムカムカ) それもそこにいた人全員が同じだなんて救い様がありませんね!! 
彼らはおつりを出す時も小さいほう{小銭)から必ずわたすでしょ。いっぺんに計算できないんだろうか。パリに行った当初、おつりは小銭だけもらって買えってきたことあります。呼び止めもしないのよね。
考えさせないようにぴったりださないと分からないのね、きっと。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-07-09 21:34
ソレイユさん、基礎計算のアベレージは本当に低いと思います。
二度としないって決めたのは、細かいお金を出さない事。例えば、5ユーロ10ソンティームだとするでしょ。「10ctsあります?」って言うから渡したら、細かいのいくら貰ったか忘れちゃったりもする。あれー?なんていってるから、その時はさすがに、「おつりは5ユーロよっ!」って押し切っちゃった。相手が計算できないって思っていたほうが、気が楽です。
それと、もうひとつ言えるのは、自分の出した答えを、確認すると言う行為をしないですね。常に、自分は正しいと。
厄介な人たちです。
Commented by OKU at 2006-07-10 17:06 x
ベルギーは、わりと計算ができると聞いていたのですが、つい先日、おつりが1ユーロ足りませんでした。実は私は引き算が苦手なので、もしや自分の間違いでは!と、どきどきしながら計算したものの、やっぱり違う。で、違う、と言ったら、そのお姉さん、筆算してました。この態度はあっぱれだったので、許す気持ちになりましたが、今回のエピソードは「超」のつくムカムカですね。私だったら悔し泣きしちゃうかも。その場で。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-07-10 17:36
ささやかな抵抗は、他の店で買った沢山のお野菜を手に、その店の前を素通りする事。「絶対、あんたの店では買わないよ~」ってばりばり主張してるつもりです。
<< クランペット  ボディー・ラッピング >>