「ほっ」と。キャンペーン

リベンジ

娘ふたりが学校に通うようになってから、自分の時間が持てるようになった。
さて、何をしよう。
ふと見回すと、数人テニスを始めたお母さん達がいる。

大抵のスポーツはそこそここなす私だか、ことテニスになるとあまりいい思い出はない。

学生時代、友人がテニス部の部長をしていた事もあって、教えて貰う事に。
中学2年間、しっかりバドミントンはやっていた。
だから、そんなに下手な事は無いだろうと、やっては見たが、打つ球全部ホームラン。
終いには、友人にため息をつかれた。

楽しくなんか無かった。

でも、テニスが出来たら、やっぱりいいな。
で、30代半ばで再び挑戦。
なんだ、できるじゃない。 少なくとも学生の時より、全然マシ。

ある日のレッスンのあと、そのクラブでバドミントンも習える事が分かった。
体がムズムズした。
ああ、ほんとにやりたいのは、テニスじゃなくてバドミントンだったんだ。

早速、コーチに連絡。
そしたら、なんと! そのクラブの専属コーチが、国内ランキング5位と言うすごい人。
なんか、松岡修三にコーチして貰うがごとき。
もう、ワクワクである。

初レッスン。
あら?ずいぶんイメージが、、。
テニスの時のコーチがイケメン君だっただけに、そのギャップで、ちょこっとだけがっかり。
同じ教わるなら、かっこいいほうが得した気分。
でも、コーチは顔じゃないさ、と自分を納得。

「以前やってたそうですね。」とコーチ。
「やってたって、かれこれ25年前ですから。」と答えた後、
えぇ~、25年!? もう、そんな前の事なのかと、と自分でビックリ。

若い頃に覚えたことは、自転車と一緒で体が覚えていてくれた。
すぐに感を取り戻し、ビシバシ打てるようになった。
そこで、クラブ内のサークルに参加。

「オール・スタンダード・ウェルカム」  どのレベルでも歓迎。

なのに。

ダブルスの試合をしたことが無い私は動きがよく分からず、みんなの足手まとい。
メンバーの中には勝ち負けにかなり固執する勝気なじいさん、ばあさんがいる。
じいさん、ばあさんと言えども侮れない。
昔やっていた人が殆んどだから、お年を召していようと、動きは素早い。
だから、私は嫌われ者。
分からなくは無いけどね。
私が入ると、試合が面白くなくなるから。

だからって。

じいさんったら、欲求不満を、私の顔にスマッシュを当てて解消しなくったって。
ひどい~。 思いっきり顔だもの。
痛いし、情けないしで、半泣き状態。
こんなとこ、二度と来るもんかっ! ばかやろー!

そのあと、近所の体育館のサークルを見つけ、練習を積んだ。
和気あいあいとしたグループで、楽しく実力が付いた。
そろそろいいかも。
けちょんけちょんにバカにされたあのサークルに行ってみたくなってきた。

いつもの嫌な顔がチラホラ。
フン、負けるもんか、と思いと、またバカにされるかも、の思いが交差。

プレー・タイム。
あら、なんかみんなスピードが無いじゃない。
そうか、男の人たちとの試合が多かったから、知らない間にスピードがついたんだ。

赤子の手をひねるよう、とまでは行かなかったけど、どの試合も軽々勝っちゃった。
嫌なじいさんとばあさんの鼻をあかせたね。

二度とこんなとこ、来てやんないもんねっ。
後ろ足で砂をかけるように、彼らを後にした。

リベンジ、成功 !!
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-10-13 18:47 | 暮らし | Comments(0)
<< 誕生日 キャッチボール >>