誕生日

今日は、朝から大忙し。
日曜日だと言うのに、朝6時に起きて、犬の散歩。
そして、飲み物やスナックも用意して、いざフリー・マーケットに!

数日前から用意していた、捨てるに捨てられなかった物達を売りに出かけた。
9時過ぎに搬入を終え、10時前にはお客さんが入り始めた。

日本人主催だったので、日本人のお客さんが多いかと思ったら、
他のお国の人たちのほうがずっと多かった。

友人のキッシュさんがテーブルを確保してくれて、私が便乗。
彼女はよくもまぁ、こんなに沢山どこにあったの?と思うほどの量。
私は、少しの大物と大してお金にならなさそうな小物類を持っていった。

朝9時から夕方6時までの長丁場。
そこそこ売れて、お片づけ終了という頃に、突然フィリピンの女性軍団登場。
あまりのかしましさに、ドサクサにまぎれて全部持ってってしまわれるんじゃないかって
怖くなる。

それが、彼女達。
いい年した女子高生みたいに、はしゃいで買いまくり。
でも、しっかり言い値の半額に値切ってくる。
売ってた私たちも、荷物が減るのが嬉しくて、もうどうにでもなれ状態。
もってけドロボー! ってなもんで、売りまくり。
好い加減帰りたい私たちは、今度は4月に会いましょうねって、無理やり閉店した。
すごかったけれど、なんか楽しかった。

そういや、今日は誕生日だったんだ。
何が悲しくて、誕生日にフリー・マーケット?
年々、軽く扱われる誕生日。 ま、いいけどね。

イギリスにいる長女から、ハッピー・バースデー・コールが入る。
やっぱり、おめでとうって言われると、この年じゃ、おめでたくはないけど嬉しい。

締めくくりは、日本レストランで。
沢山は食べれないけど、好きなものだけ頼んで、すごく満足。
家で待っている娘にお寿司を折り詰めにして貰う。

遅くなっちゃったと、家に着いたのは夜の10時過ぎ。
玄関のドアを開けたら、なにやら見かけぬ靴が。
えっ?誰?
不信に思ってたら、なにやらキッチンから楽しそうな声が。

あれ?あけみさんだ。

なんと、バースデー・ケーキを焼いて持ってきてくれた。

ゴメンね。こんなに遅くに。
電話したらYちゃん(次女)が今からでも来ていいって言うからきちゃった、ってあけみさん。

なんか、ほんとに、とっても嬉しい。
今までで、一番嬉しいくらい。
ほっぺにキスして抱きつきたくなっちゃったのを、ちょっとした恥じらいで抑えた。

焼いてくれたのはバナナヨーグルト・ケーキ。
気合を入れて焼きすぎて、上が少し焦げちゃったって。
じゃ、上を切っちゃったらいいじゃないって次女。
切った面を下にして置いたら、なかなか綺麗なケーキに見える。
飾りはつけないの?と次女に問われ、ろうそくは持ってきたけど、飾りは持ってきてない、
ハテ、どうしよう、と相談してる所に、私が帰宅したと言う訳。

ろうそく○○本に火をつけ、お決まりの歌を歌ってもらい、願いを込めて吹き消した。

               みんなが幸せでありますように!
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-10-16 07:40 | 暮らし | Comments(8)
Commented by ポポ手 at 2006-10-16 09:31 x
ほんとに楽しそうなお誕生日! おめでとうございます。なんだか読んでる私もほこほこした気持ちになりました。ろうそく○○本て、年の分きちーんと用意したってわけではないですよね? 
Commented by soleil at 2006-10-16 10:08 x
お誕生日おめでとう!!!!手作りのケーキを持ってきてくださるあけみさん、私からもアンブラッセしたいくらいです。
手作りのケーキにロウソク立ててお祝いなんて、いくつになっても嬉しいですよね! 素敵なお誕生日でしたね!

フリーマーケットもお疲れ様!きっしゅさんも片付いたかしら。そろそろ少しずつ準備ですね!!きっとまだまだいっぱいありそう。でもワイワイ楽しそうだな~♪
Commented by binnette at 2006-10-16 13:10
お誕生日おめでとうございます!
ご家族の方はもちろん,お友だちにも誕生日を覚えていてもらえて,お祝いしてもらえるって,本当にお幸せなことですよね。
私も幸せ気分をおすそ分けしていただいたような気持ちです♪

フリーマーケット,うちも出店してみたいと以前から考えているのですけれど,その前に必要なものと不用なものとを分別するのに何ヶ月もかかりそうです(涙)小学生の長女には,お店やさんごっこのようで楽しいんじゃないかと思っているのですけれど。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-10-16 15:08
ポポ手さん。ありがとうございます。
年の分ろうそく立てたら、ケーキを埋め尽くしたって足りませんって。だから、白いろうそくを10の桁分、青いろうそくを1の桁分飾ってくれました。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-10-16 15:14
ソレイユさん、ありがとうございます。
フリマ、疲れたけれど、けっこう楽しめました。
誕生日って、覚えてもらえてて「おめでとう」って声をかけられるだけで嬉しいんですよねー。
プラス、手作り物なんていったら、心から"ビッグ・キス"です。
え?いりません?
Commented by suzume-no-oyado at 2006-10-16 15:23
binnetteさん、ありがとうございます。
夫からも、ミラノからバースデー・コールがありました。
でも、ちょうど、あけみさんのケーキに立てたろうそくに火を消す寸前。
ありがとう、ごめん、ごめん、と言いながら切ってしまいました。
ちょっと、可哀想だったかも。

フリマは、パリに移ってくる前に、イギリスで何回か経験しました。
その時は、子供が張り切って、「難波の商魂」を見る思いでした。
売っていて面白いのは、こちらの思い入れのある品物じゃない物が売れてく事。やっぱり、商売には向かないんだな―って改めて思い知らされます。

大変だけど、家は片付く、子供は喜ぶで、お勧め行事です。
Commented by studiopinot at 2006-10-17 21:20
おたんじょうびおめでとう。
いくつになっても嬉しいものですね。

そして素敵なお友達が焼いてくださったケーキは、飛び切りおいしかったことでしょう。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-10-17 23:37
pinotさん、ありがとうございます。
やっぱり誕生日はスペシャル・ディですね。
素直に喜んで、ひとつ年をとったって、考えないようにしてます。

焼いていただいたケーキは、娘に殆んど食べられた物の、最後の一切れは「それ、私のだからねっ!」って、リザーブ。
大人気なかったですかねー。 ふふ。
<< カクテル・パティー・メニュー リベンジ >>