「ほっ」と。キャンペーン

タイム・トラベル

誰でも経験する事だが、音楽で記憶が呼び起こされる事がある。

片思いをしていた時によく聞いていた曲を耳にすると、あの時の気持ちがよみがえって、
胸がキュンとなる。
そんな切ない気持ちになると、気持ちは一挙にあの頃へ。

「初恋」「初キス」「初体験」「初ふられ」。
すべて、バック・グランド・ミュージックがあった。

最近の私は、音楽ではなくて「匂い」でタイム・スリップ状態。
今は、昭和30年代。 まるで「三丁目の夕日」。

近所のスーパーで買った食器洗い洗剤。
オレンジの香りを選んだら、それがなんと!
「渡辺の粉末ジュース」の匂いがするのだ!

途端、おかっぱ頭の私が、昔の家の台所で粉末ジュースを溶かして飲んでる姿が。
しかも、空っぽの袋に指を入れて、残った粉末を舐めてたりするじゃないですか。
しかも画面は白黒ときている。

この前は、これもスーパーで買った、その辺のメーカーの化粧落とし。
何気に使ってみたら、14歳の時に始めて使った資生堂の乳液と同じ匂いが。
湯船に浸かりながら、これまた、タイムスリップ。
あの頃の自分の部屋に座っている。
うす緑色に小花の絵をあしらったティーンエイジャー用の化粧品。
「ニベア」や「ウテナお子様クリーム」から脱して、ちょっと大人気分になったっけ。

ちょっと前は、お散歩コースのミニ・トンネルの中の匂い。
昔のおばさんちの台所の匂いがする。
嫌いな匂いだったんだけど、死んだ母の記憶と混じって、ちょっとウルッ。

フェイス・クリームを変えた。 ちょっと気になるシワに効くやつ。
あれ?この匂い、知ってる。 
そうだ、夫が昔つけていたアラミスの香りだ。
付きあい始めた頃のおなかの出てない細い夫の登場。
テレ屋で、あんな豪傑とは知らなかった頃。
お互いういういしかったな~。
思わず手のひらに残った匂いをむせるほど嗅いでしまった私。

匂いにまつわるエトセトラ。 楽しいタイム・トラベル。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2006-12-14 07:01 | 暮らし | Comments(11)
Commented by まふぃん at 2006-12-14 09:49 x
私も匂いには敏感で、匂いからタイムトラベルすることよくあります。
昔の恋人がつけていたコロンを連想させる匂いを嗅いでしまった日には・・・暫く家事が中断してしまいます♪
ウテナお子様クリーム・・・懐かしい♪おお、あの匂いが60%まで蘇ってきた・・・
お線香の匂いを嗅ぐと、何故か中学の時の文化祭の「おばけ屋敷」が蘇ってきます。
それから、テレビを見ていて、画像に出た物の匂いが、まるで側にあるかのように突然リアルに匂ってくることもあります。
Commented by mirabellier at 2006-12-14 10:10
匂いでタイムトラベル・・・すごい良くわかります。
朝、もの凄く早起きしたときにコーヒーの匂いが漂ってくると、初めてパリに留学してきた頃のホームステイ先で迎えた朝、に飛んでしまいます。ヨーロッパの早朝の匂いって独特な匂いなんです、私にとって。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-12-14 16:10
まふぃんさん、「昔の恋人のコロン」それはまずいですね~。実は私もクラッときちゃいます。
ウテナお子様クリームの匂いって独特でしたよね。あれ、好きでした。
CMの歌だって覚えてます。キャラの女の子もおかっぱ頭だったような、、。
テレビの中の匂い、分かります、分かります。食感ですら感じますもん。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-12-14 16:16
ミラさん、ヨーロッパの早朝の匂い、ですか。コーヒーとパンの匂いが混じったものでしょうか、、?
私は、パリに来てホームシックにかかってた時、イギリスの家の近所にあった花と同じ匂いをかいで、涙が出たのを覚えてます。
Commented by OKU at 2006-12-14 18:59 x
懐かしい!ワタナベのジュースの素。聖園のころ、修道院(むかいの山の上の)にミニ遠足?に行った時に、着いたとたん、シスターがやかんに入ったジュース(ワタナベ)を飲ませてくれたの覚えてますか?あと、私は葉巻の匂いをかぐと、「ローマ」と思ってしまいます。初めて学生のころに旅行したローマ街の第一印象(のにおい)が、これでしたよ。。。。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-12-14 19:08
覚えてます。金色のでっかいやかん。(でしたよね?)
あの粉っぽい安ッちー味が好きでした。
シスターと言えば、あのベールの中の髪がどうなってるか見てみたくって、誰かひっばった子がいましたね。そうそう、それもワタナベでした。
ちんまいお団子頭で、ベールがいかに威厳を保ってるのか思い知らされました。姿かたち、ある意味大事です。
Commented by ポポ手 at 2006-12-14 19:14 x
今回も興味深い話でうんうんとうなづきました。プルーストの『失われた時を求めて』も、たしかマドレーヌの匂いで過去を思い出すってところから始まったような……。ちゃんと読んでないからアレですが。最近では、無臭の中にもかすかなケモノくささの含まれる猫の匂いをかぐと、「我が家に帰ってきたわ〜」と思っちゃいます。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-12-14 23:46
ポポ手さん、赤ちゃんが肌身離さず持っているタオルやブランケットは自分の匂いがして落ち着くそうです。
そういや、セーターとか脱いだ後、あ、自分の匂いだ、と再確認する時があります。勿論いつものトワレの匂いだったりするのですが、妙に落ち着きます。時々なんて、危ない人のように顔を埋めて匂いを満喫するのは私だけでしょうかねー。
ああ、つまり言いたかったのは、いつもの匂いって落ち着くんですってことです。
Commented by soleiljap at 2006-12-15 17:41
にほいとノストラジー、わかるな。
私は香水とパリ、パリにいたときから今もずーっと同じ香水を使っています。帰国当初は思い出したいのもあったのだけれど、今では話せなくなりました。他のだと落ち着かないの。タオルやブランケットと同じかもしれません。
あと食べ物や花の香り、音楽もリンクするのよね。イエスタデーなんて聴くと涙が出そうになります。
Commented by soleiljap at 2006-12-15 17:43
話せない、じゃなくて離せないです。
Commented by suzume-no-oyado at 2006-12-16 03:52
それいゆさん、私も同じです。20歳くらいからついこないだまで同じコロンを使ってました。それが、、(涙)製造中止だって言うから、どうにか違和感の無い新しいコロンを見つけてやっとなじんだかと思ったら、昔のコロンは、まだ作られていたのを発見。やっぱり元にもどそうと思ってます。
色々なコロンを使ってる人もいますが、私もソレイユさん同様、別の香りをまとうと、自分じゃないみたいで落ち着きません。
でも、あれもこれも買うわけじゃないから、私たちって経済的かもっ!
<< 母の葬式 ツナマヨコーン・ロールとシナモ... >>