涙の罰金

今日は、クリスマスのデコレーションを全て片付けた。
ああいう大きい物は、出した時は存在感があっていいものだけど、最後はいつも少しだけうっとうしくなってくる。
なので、なくなると淋しいというより、すっきり。

爽やかな思いで、一週間が始まると思いきや、とんでもないことが我が身に!

次女の家庭教師を迎えに行こうと家を出た。
先ず最初に、エレベーターが来ない。
ここから、何かに取り憑かれていたのか。
数分待っては見たが、来そうもないので階段を駆け下りる。
時間が押してきてたので、少し焦って車に飛び乗り、地下駐車場から外へ。

すると、ポリス・カーが出口を塞ぐように停まっているではないか!
な、なんで??
それも、急いでいる時に。

警察といえども、こんなところに停めてもいいのだろうか??
他に停める所があるのに、何も出口を塞がなくたって。
多少の腹立たしさで、クラクションを鳴らしてみた。

プップー  プップー

待てど暮らせど、誰も来ない。
そこで、管理人さんに頼めばよかったのにね。

プップープップー

何回か繰り返して、やっとポリスマンが来た。
が、すごい剣幕でまくしたてられた。

え?
クラクションを鳴らしてはいけないの?
それとも、業務中に邪魔をしてはいけないの?

「すみません。知らなかったもので。」と平謝りしても取り付く島もない。
なんだか分からないうちに、免許証と車の証明書を出せと。
奴は、それを持ってポリス・カーへ行ってなにやら書いている。

完全パニック状態。
だって、なんか犯罪者扱いなんだもの。
涙がポロポロ出てきた。

そこへ、一階に住むジル氏がやって来たので、助けを乞う。
一応話はして貰ったが、奴は罰金用のチケットを私に突きつけた。
泣きながら、免許証等を返して貰う。

ジル氏は、「仕方がないね。」と、かわいそうに、、と言う顔で立ち去った。

納得がいかない。
進路を塞いでる迷惑車があると、みんなクラクションを鳴らして、運転者を呼ぶ。
そんな、日常茶飯事にされてることが、イリーガルだったとは。
お釈迦様でもご存知あるめい。(なんて、茶化してる場合じゃないって)

これが、イギリスだったら、「注意」で済んでいたのに、、なんて頭をかすめる。

ヒックヒックと小娘のように泣いた。
管理人さんも、後で事を知って、一緒になって怒っていてくれた。
「そんなの払う必要ないよ!!」 「あなたに落ち度なんてないじゃないか!」

嬉しかった。そう言ってもらえるだけで。
横暴な警官にたまたま当たってしまったのだろう。
約3500円。
車の事故だったら、この額じゃ済まない。
いいよ、いいよ。 くれてやるよっ! ふ~んだっ!

あけみちゃんが、自分の「もっと悔しい経験」をひとしきり話してくれて慰めてくれる。
美味しいお茶とようかんで、少し気分が落ち着く。

罰金は、夜すぐ送った。
早く忘れてしまおう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-01-09 07:24 | 暮らし | Comments(6)
Commented by ポポ手 at 2007-01-09 11:38 x
悔しい思い伝わってきます。3500円で済むなら安いものだけど、金じゃないもんね。でもイヤなことは「早く忘れてしまおう」ってすずめさんの思いはこの場合もっとも賢いやり方ですよね。
「切り替え」の早さって、結局、楽しく生きてく上で重要な要素ですよね。私はこれが遅くて泣き続けてきた半生といっても良いのですが、最近年とって和すレっぽくなってきたせいか、以前よりは早くなってきた気がします。それにしても
>ああいう大きい物は、出した時は存在感があっていいものだけ
>ど、最後はいつも少しだけうっとうしくなってくる。
ってほんとそうですよねぇ。出した当初はわくわくしてるのに、うちなんか狭いせいもあるんでしょうが、最後のほうは早くすっきりさせたいと思ってしまうんですよ。すごーく共感しました。
Commented by kish-paris at 2007-01-09 12:18
怒りがふつふつと沸いてきました。またまたフランスがイヤになったわ。フランスの警察はタチの悪さでは文明国一じゃないかしら。ろくにまともな仕事もしないくせに自分たちが気に入らないと権力を振りかざす。(;`O´)o

帰ったらしっかりすずめさんの悔しさ受けとめてあげるからね。
こっちは太陽がさんさんと照っていて穏やかな日々です。
帰りたくないよ~~。でも20日に帰ります。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-01-09 15:34
ポポ手さん、一晩たった今朝、実はまだ悔しいです。
自分がしている迷惑を棚に上げて、こちらがした事だけ責められるなんて。あ、でも、こうして書いてたら、良くある事でした。そうだった。
こちらの迷惑なんて考えないのが殆んどだったんだ。
当たり前の事が当り前に通らないのがこの国だったのを忘れていました。
でも、、、普通の人ならともかく、やっぱり警官にされたのがショックの原因なんですよね。ぢぐじょ~!!
Commented by suzume-no-oyado at 2007-01-09 15:40
きっしゅさ~ん。あの顔が夢に出てきそうですー。
次見たら、卵でも投げてやりたいっ! 
でも、また罰金かな? ふん、いくらでも払ってやるよーだ。
生卵でぐちゃぐちゃになったあいつの顔を見れるのなら、払ってもいいやって気分です。ああ、危険な発想ですね。
Commented by mirabellier at 2007-01-09 19:40
なんていう話!でも警察もわざと挑発するようなことを言って罰金とろうとしているからもう無視。私も何度か助手席に乗せてもらっている時に、運転手が何も悪い事をしていないのにわざと人の神経を逆撫でするような口調で尋問する警察を見ました。ば○は無視するに限ります!!
「お願い助けて~今日は特別だったの。見逃して~ピティエ!」と猫撫で声で頼んでみる、というのが上手くいった試しもありした・・・・。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-01-10 04:02
みらさん、身分の低い警官ほどたちが悪いそうです。
でも、これもあたりはずれなんですよね。
猫なで声が効くやつと効かないやつ。でも、若ければそれも可能でしょうが、私の年じゃそれも難しいかも、、。
<< コテージ・パイ 「功名が辻」症候群 >>