恨みつらみのモチ事件

2月に入った。
クリスマス、お正月、スキーホリデー、そして風邪。
なんだか一杯一杯だった1月。
次に気がついたら、ああ、7月、引っ越し、
なんてことにならないよう、地に足をつけて歩きたいものだ。

ものすごく高いパーセンテージで起こりそうで、なんだか、コ・ワ・イ。

お正月の為に20合のお餅をついたのは、大晦日前。
冷凍して、あるだけ食べて、今は勿論何にも残ってない。
キッチンには、もちつき機がど~んと出たまま。

さすがに2月。好い加減片付けなくっちゃ。
そこで、最後のもちつきを今度の日曜日にやって、もちつき機には暫く暇を出そう。

ほんとにこのもちつき機って優れもの。
スイッチをポンと押したら、約30分でお米は炊き上がり、
10分ちょっとでつきあがってしまう。

日本だったら、スーパーでもちパックをいつでも買える。
だから、普通は特別なものじゃないだけど、我家では今が旬のおもち。
もちパックは、めったに買わないので、もちつき機が出ている今だけ食べられるから。

器械を持ってるんだから、もっと作れば良いじゃない、といわれそうだが、
それは、そう、私だもの。
優れものだけど、片付けるのが面倒くさい。
ただ、それだけ。

ずいぶん前は、日本のお正月が恋しくて、2回その時期に帰ったことがあった。
娘達がまだ小さい頃で、クリスマスはいつも通り大きくお祝いした。
イギリスやフランスだったら、そこからどっぷり元旦までクリスマス休暇が続き、
日々リラ~ックス。
ワイン三昧、映画三昧、でろでろでろり~ん。

だけど、日本じゃそうは問屋が卸さない。
クリスマスは25日じゃなくて、24日に祝ってお終い。、
それが終わったら、後は師走に向かって突っ走り。

やれ大掃除だ、お正月の準備だと、オオワラワ。
ついでに夫は、昭和一桁の夫に完全変身を遂げ、
やれビール持ってこい、つまみ持ってこい、と自分じゃちっとも動かなくなる。
すっかりカルチャーショックで、わたしゃ、ぐってりである。
それ以来、クリスマス・お正月はヨーロッパって決めている。

そんな数少ないお正月の帰省の時の出来事。
何気に言った「おもちをつきましょうねー。」が自分の首を絞めようとは、、、、。

何が大変かは、人それぞれ違うって分かってはいたけど。

私にとってもちつきは、「スイッチ・ポン」のいたって簡単なお仕事。
だけど、姑にとっては、一大行事だったらしい。

この何気にお願いしたもちつきが、彼女の背中に重くのしかかり、
口を開けば「もちつかなきゃ、、、。もちつかなきゃ、、、。」と、取り付かれたよう。
舅は手早く、もち米を大量に取り寄せてしまったたし。
頼まなきゃよかった、と思った時には、「時、既に遅し、、、」状態。
「後悔先に立たず」が頭の中でぐるぐる。

そして、ついにもちつきの日。
頼んだ割には、そんなこんなでイニシアチブを取れず、
「おもち、いつつきますか?」の一言が恐くて言えずじまい。
気がついた時には、既に舅がお米を洗っておいてくれていた。

ありがたや、と思って、米を見てあ然。
大きなバケツいっぱいのモチ米。
え、、、???? 一体何合あるんだろう。

我家はせいぜい20合が1回の量。
それ以上やったって冷蔵庫や冷凍庫に入らなくなっちゃうから。

家庭が変われば、そりゃ量だって違う訳だ。
それにしたって、なんでまた、こんな大量??
姑が尻込みするのも、少しは理解が出来た。

やりたくも無い「もちつき」に付き合わされた姑。
くそったれってな顔をしながらの作業。
私も私で、「頼まなきゃ良かった」とシュンとしながらの作業。
だから、お互い楽しい訳が無い。

つきあがったおもちを丸めながら、
「あ~あ、いつもなら箱根駅伝をゆっくり見れてるのに。」と、もひとつ恨み言。

たかがモチ、されどモチ。
恨みつらみのモチ事件。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-02-01 23:49 | 暮らし | Comments(8)
Commented by mira at 2007-02-02 07:04 x
その大量のもちはスイッチポンじゃなくて肉体を使ってついたんですよね?うわ~大変そう・・・。肉体がというよりもその気まずい雰囲気に、よくぞめげなかったですね。私もかれこれ8年、日本のお正月を過ごしていませんが、こっちの、元旦が終わったらもういつも通りの生活っていうのが結構気に入っています。お節料理は食べたいですが。(特に栗きんとん。黒豆。)
Commented by きっしゅ at 2007-02-02 08:14 x
悩ませてくれるわね、お義父さま、お義母さま。20合のもち米ってどれだけのおもちができるのでしょう。想像しただけでおながいっぱい。
Commented by soleiljap at 2007-02-02 15:22
餅つき機、パリでお持ちなのね。この機械私も欲しくてここ2年ほど電気屋にいくと必ずみます。実家の母が元気なときは毎年送ってくれていたのですが、そう2年ほどは歳とか看病で疲れていたのでなし、東京では買っていました。
餅つき機、シーズンものなので後はしまいっぱなしでしょ。でも、今パンを発酵、捏ねまでやってくれる餅つき機もあるのですよ。suzumeさんのもそう? 

私の田舎でも、ご近所や親戚、知人らが手伝って、朝から総出でお餅つきしていました。臼や杵、せいろもいくつも出して、外でも、薪でもち米を蒸していました。そこらじゅう、焚き火のにおいと、もち米を蒸すにおいが立ち込めていたのよね(懐かしい) 役割分担、男と女に分かれて流れ作業で木の入れ物(名前を忘れた)にどんどんできていくんです。

子ども時代は、お祭りみたいな餅つきも楽しかったけれど、妻は前日、いえもっと前から計画&準備するわけだから、それはそれは頭も労力も使うと思います。
義母さまが気合を入れられるのも分かります。今は便利になって機械ですぐつけるけれど。連帯感は希薄になってきていますね。でもやはり私も機械を選ぶだろうな。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-02-02 15:44
きっしゅさん、20合(2升)は、さほどの量ではありません。それは、我家のもちの量です。
器械では、一度に10合までできるので、この量だと2回で終わります。
でも、夫の実家では、この倍はやったような気がしてます。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-02-02 16:01
それいゆさん、なんであの量なのか、いまだ理解ができません。
いつもの20合ぐらいなら、ひとり作業でもすぐです。倍の量といっても、ふたりですから、高々しれていましたが、冷凍庫も冷蔵庫もいっぱいの状態で、あのもちを何処に保存するのか疑問でした。
保存の方はお任せしたら、案の定、カチカチにしてしまい、「こんなカチカチになっちゃって」と、これまた一言ありました。
ほっといたら、カチカチになるのは当り前じゃん、と一瞬クラッときたのを覚えてます。

我家のもちつき機も、パンからうどんまで作れます。でも、300gぐらいまでの粉なら、手捏ねもそう辛くは無いので、いまだ使った事がありません。じつは、ホームベーカリーももっているんです。こちらは、柔らかさにかけるので、やっぱり手捏ねになってしまいます。
うどんは、中力粉を使うのですが、こちらでは手に入らないので、これまたやってません。薄力粉と強力粉を混ぜたってだめですよね?
Commented by suzume-no-oyado at 2007-02-02 17:00
minaさん、もちろん「スイッチ・ポン」です。
いくらなんでも、こんなオトボケの私ですが、「杵・臼」では頼みませんって。

元旦のみのお正月、私も気に入ってます。
クリスマスから、かなり引っ張ってますから、あれで十分です。
元旦というより、大晦日から年越しして、おめでとうで終わりですよね。
昔は、3が日にこだわってましたが、今は別に。
あ、今年ははじめておせちを頼んじゃいました。
25種類も食べれて、幸せでした。でも、ソレイユさんとかal17さんたちの素晴らしいおせちを見ていたら、次はお手製で頑張ってみようかと思ってます。別に無くたってって思ってたけど、やっぱりおせちは美味しい!!
Commented by polepolephoto at 2007-02-02 21:40
はじめまして。
ネームカードのマイランキングから気ました^^
フランスでもちっていうのがまた新鮮ですね!
そっかー、いまは餅つき機ってのがあるんですね、便利だなー。
しかし、お姑さん、なんでそんなに餅つきが重荷なんでしょうか。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-02-02 22:48
polepolephotoさん、はじめまして。でも、以前にもいらしてくださった気がしますが。
姑にとってもちつきは、器械を使ったとしても重労働に入るのだと思います。
私にとっては、スイッチ・ポンで、もちを丸めるだけの軽労働なんですけどね。人それぞれです。
<< ワンプレート・メニュー 呟き整体師 >>