「ほっ」と。キャンペーン

テーブルマナー

先日、娘の家庭教師と日本レストランで食事をした。

去年まで、ミラノで教えていた彼女、レベッカは23歳のアメリカ人。
なんとなく育ちの良さが伝わってくる感じ。
痩せ過ぎもせず、太っている訳でもなく、健康的で明るく、可愛く、素直で、限がないほど誉め言葉を並べてしまいそうな、最上級のキュートな女の子。

娘も私も彼女が大好き。

数年前に両親と日本旅行に行って以来、日本食が大好きだと言う。
そこで、「行こうか」 「じゃ、今週末」 ってな具合で、すぐ決行。
こう言うノリって、すごく好き。

そんな彼女、自分ですごく気を付けていることがあるという。

「母は何でも教えてくれました。
でも、たった一つ彼女が教えなかったのは、食べ方です。」と、仰る。

そう言われれば、食べ方がちょっと子供っぽい感じはしていた。
女の子と言うより、男の子のような豪快な食べッぷり。

ある時、4,5歳の子供のクラスと食事をした事があった彼女。
楽しく食べていたら、突然、子供達がすっごい勢いでガツガツ食べ始めた。
びっくりしていた彼女に、子供たちが「先生の真似をして食べたんだよ~。」って。
この時ほど、自分が情けなくなった事はなかったと。

確かに、食事のマナーはお里が知れる。
どんなに知識人だろうと、どんなに美しかろうと、クッチャクッチャ音を鳴らして食べたり、ガツガツ汚く食べたら、知識も美貌もへったくれもなくなってしまう。

イギリス人もナイフやフォークの使い方で、お里が知れると言っていた。
だから、食事のマナーはかなりうるさい。
スプーンを上から握ってスープを飲む奴なんて、言語道断。
しかし、この手の輩はかなりいた。

娘達が行っていた学校も、ものすごくマナーにうるさかった。
ナイフやフォークがきちんと使えるようになって、こりゃ良いわ、なんて思っていたら、当てが外れた。
ある日、家で食事をしていたら、いきなり袖口で口を拭いた我が娘。
目を疑った。
コラッ!何やってるの!と怒ったら、学校では、いつもこうだもんって。
その為にティッシュを身につけているわけもなく、ハンカチをもつ文化もなく、学校は食事のたびにナプキンを出してくれる訳もなく、だから、当然、子供達は皆、汚れた口をスモックの袖口で拭く。

なーにがマナーよねー、と呆れた。
それ以外は、さすがにきちんとしたマナーを身につけさせていただいたので、
ま、良しとしよう。
贅沢言ったら、バチが当たるってね。

そう言えば、以前日本のテレビ番組で、テーブルマナーをゲームにして、正しく食べれたら、その一皿食べさせてもらえるって言うのをやっていた。
フランス料理のマナーだったのだけれど、見ていて???と思ったことがあった。

ライスをフォークの背に載せて食べたゲスト。
途端に、ブザーが。

マナー評論家の方に言わせると、それはまちがった知識だと。

私が高校のとき習ったイギリス式のテーブルマナーは、こうだったのに。
それは、間違いだったの??

いえいえ、本当です。
イギリス人は、本当にフォークの背に載せて何でも食べるんです。
ライスはもちろん。 千切りキャロットも落とさず、上手に食べます。
グリンピーズなんて、半分マッシュ状態で背に載せたり、フォークに串刺しのようにして、本当に器用に食べます。
彼らのマナーでは、フォークの内側を使うのは、お里が知れる、と。

とは言え、そんなしちめんどくさい事、私は致しません。
臨機応変に両方を使います。
コロコロ、ポロポロするものをフォークの背になんて載せてられませんって。

大英帝国。
いつまで、古き良き(?)物を守って行けるでしょうか?
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-02-09 03:25 | 暮らし | Comments(6)
Commented by きっしゅ at 2007-02-09 09:05 x
イギリスでは食事中おてては膝の上。おフランスはひじから先はテーブルの上。なぜでしょうか。。フランス人は見えないところに手があるとなにをしでかすかわからないからだそうです。ホント
Commented by soleiljap at 2007-02-09 12:27
そうそう、フランスでは両手は相手に見せていなくてはならないそうですね。私はあなたに危害を与えませんって。
高校のテーブルマナーで、ホテルにいってコース料理を食べる授業があった時、指導を家庭科の先生がなさったのですが、ライスはやはりフォークの背でした。皮付きバナナもお皿で出てきて、フォークとナイフで食べさせられました。卒業後、一度もバナナをフォークとナイフで食べたことないわよ。(笑)
Commented by suzume-no-oyado at 2007-02-09 15:54
きっしゅさん、食事中の手の位置の事は知りませんでした。娘達もそれは習ってないような、、。後で聞いてみます。
でも、イギリスとフランスのマナー、同じ欧州だからって同じとは限らないですよね。食事が終わった時のナイフとフォークの位置だって、英は6時半、仏は5時25分の位置です。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-02-09 16:01
それいゆさん、食べないです、バナナをお皿の上では。「花男」道明寺になってしまいます。
私は、こちらのツアーでピーチをお皿の上で食べさせられました。でてきた時には「えっ?!」。だって、まるまるピーチの食べ方なんて知りませんもん。回りをキョロキョロして、それでもみようみまねで食べた記憶があります。やればできるものです。でも、私もそれっきりです。(笑)
Commented by kagatas-table at 2007-02-13 14:55
食事中の手の位置のマナーなんてあるんですね。知りませんでした。
バナナをナイフとフォーク?ピーチも?私はメロンしか食べたことない!
だめですね~
Commented by suzume-no-oyado at 2007-02-13 16:05
kagatasさん、私も手の位置までは知りませんでした。
この後、娘に聞いたら、習ったかどうかは覚えてないようでしたが、使っていない手は「膝の上」と言ってました。ふむ。やっぱりそうなんですかね。
<< クグロフ チョコ・バナナ・ムースケーキ >>