熱病

日本にいる長女から電話が来た。

元気にしてるの?うん、元気。と一通りの挨拶をした後、近況報告。

バイト先の大阪出身の20才の女の子との会話。
5月から働き始めた彼女に、東京に来た理由を聞いたら、彼がこっちに来たから、と。
えー、彼を追いかけてきたなんて、かわいい、と娘が言ったら、反対に彼はいないの?と質問された。

彼なんて、面倒くさくていらない、と言う娘。
ふーん、そうなんだ。そういう時もあるよね。と私。
いいんじゃないの。そうね~、マミーも今は彼なんて要らないもの。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。

んっ!? 何を言ってるんだ、私はっ!
結婚していたんだった。 夫もいたんだった。 しかも、大きな娘がふたりもっ!

暑さでトチ狂ってしまったのか。
でも、時々ある。娘と話していると、気分がハタチになる事が。でも、それは、いつも一瞬の事なのに、今回は引きずり込まれてしまった。

マミーかなり疲れてるね~! と娘に大笑いされた。

少し休もう。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-07-29 00:52 | 暮らし | Comments(0)
<< 私はメイド? ミラノの引越し >>