「ほっ」と。キャンペーン

欲しい言葉

只今、トム君滞在中。トム君とは次女のボーイフレンド。今回もイギリスからわざわざ娘に会いに来た。

何処で知り合ったか、といえば、ネットである。そういうと、かなり危ない響きがあるが、今の子にしてみると、いたって普通の事のようである。あ、今の子というより、うちの娘にとってなのかも、、、。

前回の明るいブログを書いた後、夫の心無い一言で簡単にドロドロ状態になった娘。私にしてみれば、どっちもどっちのけんかで、売り言葉に買い言葉。でも、キーワードを言っちゃった夫。

「そんなのしらねーよっ!」と、息巻く夫に、言い含めようったって無理。私は1年近く彼女の「鬱」に付き合って多少のノウハウは会得したつもりだが、初心者の夫が知る由も無い。

キーワードとは。過去を思い出させるような言葉。あと、いじめが多少なりとも彼女のせいのような言葉。

これを言われると、娘はドロドロになる。記憶と共に感情まで呼び起こされるのだと。
明るくはなってきたが、まだまだ紙一重なのね。

とは言え、今回のドロドロも1日で立ち直った。目を見張る早さである。やっぱり明るい兆し。

数日後、「脱ヒッキー宣言」をした娘。

「別にね、したくてヒッキーしてたわけじゃないもの。出かけたくたって、出かける相手がいなかっただけだもん。」と。

今はそうは仰るが、あの頃は、美味しい餌をぶら下げたって、家から出て行く元気が無かったじゃないか。「喉もと過ぎれば、なんとやら」である。

夫といえば、娘とのケンカの後、「俺は絶対謝らないからなっ!」と言っていた。その割には、次の日に娘にちょっかい出していたのは誰でしたっけ?

娘も娘で、自分の言ったことは棚に上げ、夫に言われた事だけ根に持っていた。「ダディーが誤らなければ許さない」とまで言っていたが、これまた、新しい携帯電話で釣られていた。

なんなんだ、君たちはっ!

これまた、昔からそう。夫はどんなに自分が悪くても謝らない。その代わり、悪いと思っている時は、その後の気の使いが可愛いくらい。

今回、果たして娘にそれが伝わったのだろうか?

でも、夫。分かってはいるけど、「ごめん」の一言が欲しい時もあるのよね。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-08-22 23:45 | 暮らし | Comments(4)
Commented by きっしゅ at 2007-08-23 01:23 x
Yちゃんどんどん変わっていっているのね。やっぱり友達ができて楽しくなったのでしょうね。人間関係を求めていたっていうことはとても正常なことだからぜったいこれから今までの分を取り返すくらい幸せになるはずです。かげながらいつも応援しているすずめさんには本当に頭が下がります。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-08-23 04:07
きっしゅさん、私はいつも間に入って、あっちに気を使い、こっちに気を使いで、好い加減クテクテです。一生に一回で良いから、感情を剥き出しにして、この身勝手な奴らを慌てさせてみたいです。ああ、でも出来ないんだろうなー。
そんな事を常に考えてる私です。頭は下がりませんって。
Commented by ポポ手 at 2007-08-23 11:05 x
きっしゅさんに同じく、私も頭が下がります。
時が熟してきたっていうのもあるんだろうけど、一日で立ち直りっていうのは、心の耐性ができてきた証しでいい傾向ですね。小さな波があるにしても、確実にいま、いい方向に行っているんだと思いますよ。すずめさん親子のことを思って、私も自分に負けないよう頑張ります。最近は本当に自分との闘いに尽きるので。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-08-23 18:03
ポポ手さん、そう言って頂けると、少しは報われた感じがします。ありがとうございます。娘もこのまま波に乗ってくれるといいんですが、私はいつもビクビクです。

ポポ手さんも、頑張りすぎないようにしてください。
<< 趣味がいい犬 マルシェ・デビュー >>