趣味がいい犬

ミラノに越してきて、はや1ヶ月。なんとなく「ああ、我家」感が出てきたところ。

そんな中、夫とトフィーとでパリに行ってきた。元ヒッキーの娘は、イギリスから家族旅行に来ている友人と1年以来の再会とか言うのでミラノに居残り。

トフィーと一緒なので、今回ももちろん電車。7時間の長旅も難なくこなす。はずだった。

だいたい、怒りのハードルの低い人ほど、とんでもない事に出会う確率が高い気がしている今日この頃。単に運の悪い奴って事なんだろうけど。

よりにもよって夫同伴の電車の旅で普段なら起きないことが起きるなんてね。

ミラノ中央駅から電車に乗り込んだとき、トフィーが少し落ち着かなかった。気がつくとちょっと離れた所に大型犬が。それでも、離れていたので、彼はすぐ落ち着いた。が。数時間後、その大型犬連れが席を移動し、トフィーの視界に入ってきた。その上、すぐ後の座席にダルメーションまで乗って来た。

そうなると、もう気が気じゃないトフィー。隙あらば、彼らのところに遊びに行ってしまいそう。それを抑える事数時間。トフィーが落ち着かなくなると、もっと落ち着かなくなった我が夫。横で夫が落ち着かないと、それ以上に落ち着かなくなる私。

なんで私って、いつも他人の機嫌に振り回されなきゃならないんだろう、、、。

好きな本をふんだんに読んで、景色を堪能して、残りはぐっすり眠る筈だった電車の旅。
チッ! 完全に当てが外れた。

疲れきってパリに到着。滞在するホテルはリポリ通りにあるSt.James & Albany。1週間の長期滞在の予定だったので、私の希望でスパつきのホテルにした。

これが大失敗。

観光ポイントとしては最高の場所だったが、部屋がショボイ。うるさい。パリは早朝に清掃車が来る。防音がきちんとされていない窓は、毎朝5時ごろの清掃車の騒音をじかに伝えてくれる。夜更かしの出来ないホテルである。

外国人観光客相手だというのに、レセプションの英語力の無さ。分かった振りして違う事をし始める。ついでに、やる事がすごくトロイ。一応ここは、日本のガイドブックによると高級ホテルに属するらしい。ありえないっつーのっ!

それでも、それ以外はかなり上質。プールやハマム、フィットネスセンターの設備は二重丸だし、バーやレストランのスタッフもいい。ランドリーに関しては、これぞ高級ホテルって感じの仕上がりだった。

でも。

到着してから帰るまで、落ち着かなかった夫とトフィー。
夫はそれでも、途中から諦めてくれたものの、トフィーは常に興奮状態。窓から見える景色が気になるのか、まるでヤクをやってハイになっているみたい。(よくは知りませんが)ヒーヒーハーハー言い通し。心臓に悪いんじゃないかと心配するほど。

2回ばかり(朝晩)部屋に彼を置いていったら、その間中吠えていたらしい。次の日にはコンプレインが来てしまった。

トフィーが我家に来てから7年余り。どちらかと言うと吠えない犬で、そんな問題とは縁が遠かった。こんなの初めて。

その後、ピアノの京子先生のアドバイスで獣医に行き、彼女のヘルプで安定剤入りの首輪とクスリをゲット。こんな首輪効くのかなー?と半信半疑で使い始めたが、思ったより効果あり。そうなると、一体何が入っているのかとちょっと心配になってくる。

エレベーターで一緒になったイギリス人のカップルに「よいご旅行でしたか?」と聞かれ、思わず「うちの犬が部屋が嫌いでね」と答えたら、「彼はよい趣味をしてらっしゃる」と。

聞くと、「私たちも部屋が嫌いです」って。

そうか、部屋が気に入らないのはトフィーだけじゃなかったんだ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-09-04 21:48 | 暮らし | Comments(6)
Commented by まふぃん at 2007-09-05 18:51 x
ミラノへお引越しされたのですね!

>怒りのハードルが低い人、横で夫が落ち着かないと、それ以上に落ち着かなくなる私

私と夫のことを言っているのかと思いました(・・;)
O型の性ですわね(O型でいらっしゃいましたよね?)。
相手の心の動きが手に取るようにわかり、動揺が伝染してしまうんですよね・・・
昔、ロンドンに駐在していた叔父夫婦の家に滞在していた頃、叔父の車に乗る度に感心しました。
やはり怒りのハードルの低い叔父は、ハンドルを握りながら悪態をつくことしばしば・・・でも、隣に座る叔母はいつも、な~んにも聞こえないかのようにすま~して座っていました。B型同士のカップルです。

わんこちゃんとの電車での旅は、日本ではカゴに入れるのが普通なので・・・そうか!そちらでは通路も普通に一緒に歩けるのですね!?
Commented by suzume-no-oyado at 2007-09-05 22:24
まふぃんさん、ご苦労なさっているのですね(笑)。
叔父様の奥様、達人ですね。でも、本当にいちいち反応していたらこちらが持ちません。適当にかわす技はどんどん磨かれていっている気がしてますが、それでも、まともに受けてしまうこともしばしば。

こちらの電車は大型犬もOKです。なので、フロアでながなが寝ています。ひとりのマダムは2匹連れてらして、一匹はシートの下、もう一匹は廊下で寝てました。通る人は皆、またいでいましたが、犬嫌いの人からクレームが来るんじゃないかと、他人事ながら心配してしまいました。
Commented by ポポ手 at 2007-09-06 12:43 x
安定剤入りの首輪が気になります。そんなのあるんだ。なんか、着けてみたい。って、もちろんうちのシバに、ね。
最後のイギリス人夫婦との会話もオシャレでいいですね。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-09-06 16:52
ポポ手さん、私も知りませんでした。便利なものがあるんですね。飛行機に乗る前などに落ち着かせるクスリも貰いました。でも、クスリの前に首輪で試したら、案外よかったので驚きました。

イギリス人って、ちょっとした一言がうまいんです。ってフランス人はよく知らないけど。久々に、それに触れられて、懐かしく楽しかったです。
Commented by Nicole at 2007-09-10 20:47 x
 お久しぶりです。
 とうとうサンクルーではお会いできずに、フランスを発ちました。
本当に、ご縁がないのでしょうか・・・私も、8月末から9月7日までパリ(実際はVal d'Orの友人宅ですが)に滞在していました。
 うちの愛犬も、吼えることは殆どなく、まあ、たぶん夢を見ているときに小さくワンと言う位なのですが、そういうこともあるのですね・・・。
 それにしても、お引越しで忙しくても、更新を続けてらして・・・すごいと思っています。 
 本当に、サンクルーでゆっくりお話ができず、残念です。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-09-11 01:41
Nicoleさん、本当に、すれ違いでしたね。残念です。
でも、来年から日本に滞在する日数が増えそうなので、今度こそ日本であいましょうね。
<< デート イン ルーブル 欲しい言葉 >>