自分が一番

大阪育ちの夫と結婚して、ちょっとびっくりした事があった。
ま、びっくりと言うより「へぇ~」って感じ。

因みに私は関東出身。辻堂育ちの鎌倉出身。

ナニに驚いたかと言うと、当時彼の両親は大阪に住んでいて、よく「○○の人は、、、」と表現していた事。例えば、「京都の人は、、、」とか「岡山の人は、、、」と、はっきり言って悪口である。

神奈川出身の私は、もしかしたら聞かなかっただけかもしれないけど、あまりその類の話はした事が無い。そりゃ、東京に隣接している県出身者を「田舎もん」呼ばわりしているくらいなら知っているけど。(きゃ~、ごめんなさい、隣接県の方)

そういう事を、イギリスで聞くとは思わなかった。

国民性を揶揄した小噺はよくある。

例えば、ハイジャック、はたまた遭難とかの緊急場面で、これからどうしようと言う時、
日本人ビジネスマンは本社にファックスして指示を仰いでた、なんていうのはお決まりパターン。

ここでは、イギリス人がスコットランド人、アイルランド人をばかにした小噺がいくつかある。

「おい、アイルランド人が天井のライトが切れた時、どうやって電球を替えるか知ってるか?」
「ただ、電球を回して替えるんだろ?」
「いやいや、奴らは、家を回すんだよ。」

とか。

イギリス人、スコットランド人がアラジンの魔法使いジニーに出会いました。
「滑り台を滑り降りる時、望みのものを言ったら、それが本当になる」
そう言われて、イギリス人は「ゴールド!」と言い、黄金の中に滑り落ちました。
スコットランド人は、滑り始めたら、つい気持ちよくなって「Whee~!(わ~い!)」と言ってしまったのです。なので、彼は、wee(おしっこ)の中に滑り落ちましたとさ。
チャンチャン。

他にも色々聞いたけど、スコティッシュ、アイリッシュを馬鹿にした話はあっても、ウェールズ人の話はあまり聞いていない。だれか知っていたら教えて欲しい。

しかし。どれもこれも、中心になっている人が一番良い人・賢い人。
つまりは、自分が一番!って事。 う~ん、なんだかな~。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-10-23 14:41 | 暮らし | Comments(10)
Commented by ゆっこ@トリノ at 2007-10-23 18:09 x
スコットランド話しが続いていますね。楽しく読んでいます。
というのは、今、アパートをシェアしているのが、純イタリア人ですが、彼の家族以外の親戚一同が、スコットランドにいるという人。
で、彼も時々向こうに親戚の集まり(洗礼式とか)で行き、先日も、ハギスを持ってきたからって、初ハギス体験をしたところ。
なるほど〜、スコットランド人って、こんな感じ?・・・ふむ、ふむ。
自分が一番・・・大学から東京に行った私は、東京の人がこう言っているのをよく聞いて、「お?!」と思った覚えが。
ま、この手の話をさせたら、イタリア人の右に出る人はいないと思いますけどね(^_^;)
Commented by suzume-no-oyado at 2007-10-24 00:30
ゆっこさん、イタリア人も「ローマの奴は」とか「ナポリの奴は」とか「ミラノの奴は」なんて言うのですか?う~ん、おもしろそう。ご存知なら教えて下さい。

それにしても、偉そうに言っている人はともかく、言われている人たちも反対に「イギリス人は、、、」なんて言ってるんでしょうかね。一方的にしか話を聞いてないのでよく分かりませんが、、、。ちょっと首を突っ込んでみたくなりました。
Commented by ゆっこ@トリノ at 2007-10-26 04:45 x
こんばんは。suzumeさんのコメントを見てから、うう〜んと考えていました。どれを書いていいものか、と。
というのは、(たぶんイタリア人だけじゃないと思うのですが)
「○○のヤツは・・・」ってのが、強い郷土愛の裏返しというか、
それって、もう差別の域に入ってるのでは?というぐらい、すごいものが多い気がして、なんだかここに書けない。
・・・ので、サラッといけそうなのを、書きますね(笑)
例えば、「トリノ人はせっかち」「ジェノヴェーゼ(ジェノヴァの人)は、ケチ」とかですかね・・・。
こういうのは、そのうち、嫌でも耳に入ってきますので、お楽しみに(^_^;)
Commented by project-beppin at 2007-11-01 20:17
日本人も・・・自分との違いみたいなことを強調する時に・・・メンタリティーを比喩?揶揄?したりすることがありますよね・・・例えば、「佐賀人が通ったあとには草も生えない」とか「中国人は“商人”、日本人は“職人”だね」っとか・・・。非常に大雑把な捉え方で、結果的には悪口であったりしますし・・・あたっているのかどうかは誰もわからないんですが、なんとなくそんな感じに思えたりします・・・(笑)。

はじめまして・・・HN“酎州大分”と申します・・・。我が町の“竹のアルチザン”たちがミラノで“竹工芸”を披露すると聞き・・・イタリアに行ったことのない私は・・・こうして、ブログでイタリア訪問をと・・・各地に寄らせていただいております・・・。

日本の九州の田舎モンが、ミラノにアジアの自然素材“竹”の文化を持ち込むんですから・・・イタリア人から「日本人の工芸家は・・・」って感じで・・・なんと揶揄されるのか?・・・少し心配になりました・・・(笑)。
Commented by studiopinot at 2007-11-01 22:47
ご無沙汰しております。
どちらの国でも、あるものなのですね。
でも日本ほど揶揄されていないような気が致しますが。
そういう自分も、学生時代の友人とお会いすると、対はしゃぎすぎるのでしょうね、近県の事を行ったりした事があるのですよ。
気をつけないといけませんね。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-11-03 02:22
project-beppinさん、初めまして。「佐賀人、、、」は初めて聞きました。しかし、ずいぶんな良い方ですよね。「○○人は、腹黒い」の方が、まだマシなような。「草も生えない」って容赦ないですね。

それより、ミラノで竹工芸を披露されるのは、一体いつ何処で?もし、間に合うのなら、ぜひ情報を教えて下さい。

ご心配はご無用だと思います。日本の工芸家は素晴らしいです!
Commented by suzume-no-oyado at 2007-11-03 02:43
pinotさん、こちらこそご無沙汰してます。なかなかコメントを残せないでいます。ピックアップ・ブロガーの時には、「おお!」と友人のように喜んでいました。

揶揄される方はむかつくのでしょうが、聞いている分には面白いです。不謹慎でしょうか、、、。

○○人の特徴もありますが、名前の特徴もある気がしてます。活発系の名前とかおとなし系の名前とか。

因みに「アレックス」という名の女の子に会うと我家は注意をしています。今までろくな子にあったことが無いので。これは相性かも知れませんが、、、。
Commented by project-beppin at 2007-11-03 14:38
ミラノで竹工芸を披露する方々の情報・・・suzumeさんのお言葉に甘えて・・・トラックバックいたしました。(こちらにてご覧いただければ幸いです・・・。)前日15日は、プレスの後、オープニングレセプションで竹籠編みも披露するとのこと・・・。多くの方に見てほしいです・・・ご紹介のほど、よろしくお願いいたします・・・。
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
URL: http://bamboo-beppu.jp/index-j.html
「Feel Japan's beauty -竹-」展
展示会場:ガレリア・デル・オルソ Galleria dell'Orso
       Via dell'Orso, 16 20121 Milano
展示会期:2007年11月16日~19日 11:00~19:00
展示会パンフレット http://bamboo-beppu.jp/2007Milan_Info.pdf
(イタリア語:PDF 3.3MB)
後援:在ミラノ日本総領事館
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

Giappone in Italia(http://www.japanitaly.com/内)でも、下記のURLで展覧会MOSTRA情報が提供されています・・・。
http://www.japanitaly.com/jp/giappone_in_italia_take.html
Commented by ポポ手 at 2007-11-04 12:07 x
スコットランドってとくべつな位置づけなのかしら。うちの猫はスコティッシュとアメリカンショートヘアのあいのこだけど、耳が折れてて顔が丸くて超可愛い。でもこれ、一種の身障猫らしくて、運動神経は悪いし、内臓が弱いって聞いたけれど、今のところとても元気。
Commented by suzume-no-oyado at 2007-11-07 22:46
ポポ手さんの猫ちゃん、かわいいですよね。種のかけ合わせによっては、弱いところが強調されてしまうようです。

うちのワンコは純血種ですが、彼の種類は歯が他に比べると弱いそうです。という割には、綺麗な歯をしてますが。

病気になってしまうと、小さいだけにかわいそうで。いつまでも元気でいてほしいですよね。
<< 風邪っぴき スコティッシュ・ブレックファスト >>