「ほっ」と。キャンペーン

自分の部屋

最近、とても嬉しい事がある。大きな事ではないが、ささやかな喜び。

それは。

夜寝る前の読書が好きなだけできるようになった事。

なぜかって?

ふふ。実は、、、。念願の夫婦別寝室になったのでありますぅ。

とても神経質な夫を持つワタクシ。舌打ち事件もありました。 
紆余曲折を経て今日のこの日となりました。

最近、夜中や朝方の変な時間に目が覚める彼。
1度目が覚めると、次の眠りを本を読みながら待たなきゃならない彼。
横で眠る私の事などお構い無しに、平気で明かりをつけてた若い頃。
少しは成長したのか、気を使い始めた50代。
だからと言って、明かりをつけないということではない。
一応「悪いな、、」と気遣いながらスイッチを入れる。

どちらにしても、妻の眠りは妨げられる。

去年一年間、ほぼ別居状態だった私たち。お互い、ひとり寝の気楽さを味わってしまった。
自分だけの静かな眠り。あ、私はトフィーとの穏やかな眠り。

ミラノでの生活が始まってから、私の「静かな眠り」は、夫の咳払いやイビキ、はたまた無神経な明かりで妨げられ、彼の「平和な眠り」は、私の時間差ベッドタイムや長々読書タイムにより妨げられた、ってわけ。

ある日、夫のイビキから逃れる為、隣の部屋で寝た。ああ、なんて静か、、、。
そして、その早朝、目覚めた夫。気を使いながら明かりをつけたら、隣にいるはずの私がいない。途端、気が楽になった。

急に「自分の部屋」が出来て、なんだかすごく嬉しい。結婚前は、「自分の部屋」があるのは当然だったけど、結婚後は「夫婦の部屋」だったもの。それはそれで、嬉しかったけれど、こうしてまた「自分の部屋」が戻ってくると、すごく新鮮。

ただ、ひとつだけ不満が。

彼に明渡した「夫婦の部屋」は、「私の部屋」より、ちょっと、いや、かなり大きい。
旅館の男風呂が女のより広いのみたいに、少し悔しい。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-11-24 08:05 | 暮らし | Comments(4)
Commented by mitoko at 2007-11-27 07:54 x
Suzume様、夫婦別室で安眠できるようになって、よかったですね。
夫婦別室から夫婦別居へ移行する人も少なくないけど・・・
もちろんSuzumeさんに限ってそんな、滅相もない!!!
お元気そうで何よりです。(ところでメールは?)
Commented by suzume-no-oyado at 2007-11-27 15:32
mitokoさま、そうか、そういうパターンもあるのですよね。
でも、安眠はお互いの心を平和にしてます。(いまのところ)
Commented by まふぃん at 2007-11-28 23:22 x
お久しぶりです♪
2~3年前の私と全く同じ状況なので、suzumeさんがゲットなさった、
心の平和を、心から祝福いたします!(*^^*)
私など、夫に比べて睡眠時間がずっと少ないのに、目覚ましを止めそこなって、「うるさい!」
誤って目覚まし時計を床に落とし、「いい加減にしろ!!」
夫に気兼ねしながらの眠りは、それはつらいものでした。
すごいストレスですよね!!
「夫婦別室」がいけないと言われているのは、理由によると思います。
suzumeさんにしても私にしても、正当な理由がありますものね!
別室になってから、お互いにストレスがなくなり、前より良い関係になったように思います。
きっと良い方向へいくと思いますよ♪
Commented by suzume-no-oyado at 2007-12-04 14:53
まふぃんさん、睡眠不足はストレスの源です。それが改善されたので、要らぬ怒りが生まれず、いい感じです。

そうですよっ!なんで寝るときまで気を使わなくちゃならないんだって、怒りと悲しみでしたもん。一番のリラックスタイムなのに、、、。

でも、お互い勝ち取りましたよねー。ばんざ~い!
<< Moelleux au cho... ハゲふたつ >>