内覧会

超ハードスケジュールで一時帰国してきた。

夜9時の便でミラノを出発し、翌夕方5時過ぎ日本到着。
ホテルに着いたのが7時過ぎで、8時半にきっしゅさんと待ち合わせ。

久々の居酒屋。はしゃいだ私は、チューハイを3杯。でも、疲れている割には、酔いは回ってこない。

きっしゅさんとは、6月にパリで別れて以来だったが、電話やメールで連絡を取っているせいか、お互い久々とは感じなかった。

相変わらず話は途切れず、案の定お店を出たのは私たちが一番最後。そう、いつもの事。お昼のランチでも、大抵私たちが最後の客。昼だというのに3時過ぎまで座り込み、それでも話し足りずに、店を変えて話し込む。いい年しているのに、まるで女子高生のノリ。本当は、ソレイユさんも巻き込みたかったが、まさか平日に午前様にさせるわけにいかないので、今回はがまん。ソレイユさん、次はぜひ。

きっしゅさんと別れたのが、既に12時過ぎ。それでも、銀座はまだまだ明るい。
久々日本を満喫したくて、ホテルのある丸の内まで歩く事にした。

が。

選んだ道がなんとも寂しい。銀座のメインロードを離れたらこんなに人通りが無いなんて思いもしなかった。しかも、明るさもかなり違う。

とぼとぼとぼ。

エンジョイ日本!のつもりが、だんだん恐くなってきた。そういや、日本も最近かなり物騒な事件が、と頭をよぎる。 ゾクッ! 後は、一目散にホテルに舞い戻る始末。

すぐ寝れば良いのに、そのあとも日本のテレビに釘ずけ。 対して面白くは無かったのに、言葉が全部わかる嬉しさを堪能。

翌朝。 銀行めぐり。行く先々で、5分も座るとインスタントばく睡。
あら?横に座っていた夫は何処?とキョロキョロする事数回。

事が済んだのが、2時過ぎ。涙が出るくらい、美味しいおそばをつるっとお昼に。
そして、横浜に移動。

今回の帰国の目的は翌日のマンション内覧会。
2年前に購入したマンションがやっと出来上がった。

「2年後日本に帰ってもらう」と会社に言われたのが丁度2年前。結婚後すぐジプシー生活の私たちに住む家は無い。考えてみると、夫もいい年。「買うなら今しかない!」と思い込み購入した物件。

そして、今その2年後。 どう言う訳かミラのにいる私たち。 なんなんだ。

でも、こんな事も無ければ、不安定な生活をまだまだ続けていたんだろう。
日本に帰るところがあるって、ものすごい安心感。

横浜に移動した翌朝、いざマンションへ。

販売会社の担当女性と建設会社の若いお兄さんと部屋に案内される。

「ちっちゃーい!」 が第一印象。

分かってはいたけど。外国の家の広さとは比較しちゃいけないって。
天井の高さだってかなり違うし。 しょうがないって。

それでも、今時のハイテク設備を目の当たりにしたら、「量より質」って思えてくる。

すべて希望した通りになっているかチェック。事前に用意しておいた膨大な項目のチェックリストを全ぶ確認するなんて無理、と確認。

担当の女性もよかったが、建築担当の若いお兄さんがすこぶる感じがいい。
だって、なんだか、とっても正直者。

「この隙間って、普通じゃないですよね?」と訪ねると、
「普通か普通じゃないかといえば、、普通ではないですが、問題というわけではありません。気になるか、気にならないか、と言う事になりますね。」と。

普通の会話なんだけど、時折、「ぶっちゃけ」な事もいってくれる。ヘタに器用にかわされるより、かえって信頼感がでてくるから不思議。

指摘した箇所は即座に直され、手際のよさに感激。何処のマンションもそうかも知れないが、何せ私たちには初めての経験で、聞く人によっては「そんなものよ」なのかも。

色々な手続を終え、残りの時間は電気屋と家具屋へ。

来年2月に鍵の引渡しだが、まだまだ本帰国にはならないので、最低限のものを購入して、取りあえず住める状態にする。

電気屋に行って、あまりの種類の多さに戸惑い。しかも、見た事も聞いたことも無い最新技術満載。 いやはや。 やっぱりすごいや日本って。

お店のはしごをしながら、途中コンビニで肉まんを買う。これって、今回の食べ物リストにいれていたので、大いに満足。

翌日に、東京に戻り、マッサージを受け、翌々日、午後の便でミラにに戻ってきた。

帰りの機内はやけに暑くて一睡も出来なかったけど、お目当ての映画「ボーン」シリーズも見れて、まずまず満足といった所。

でも、若いときならいざ知らず、この年でこのスケジュールではちょっとキツイ。

ああ、でも、やっぱり日本食は美味しかったなー。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-12-06 16:22 | 暮らし | Comments(6)
Commented by binnette at 2007-12-06 23:13
マンションの完成,おめでとうございます。

建て直す前の家と今の我が家では,建蔽率の関係で小さくなったということもあるのですが,柱が出ている造り方と壁で覆ってしまう造り方,ということでも狭くなったという感じがするんです。まして,外国の家と日本の家では,住宅というもののイメージがかなり違うのでしょうね。。。
でも,階段の幅なども狭くなってしまって,この狭さになじめるかしらと心配していたのですが,住んで間もなくなじんでしまいました(笑)。仮住まいを経験した後では,「自分の家」が本当にリラックスできるものなんだと思いました。
新しいお家,最新の設備や家電…,他人様のことながら,なんだかワクワクしてしまいます。また記事にしてご紹介くださいませ♪
Commented by suzume-no-oyado at 2007-12-07 08:29
binnetteさん、お久しぶりです。新しいおうちもすっかり我家になったのですね。お嬢さんたち、お元気ですか?

そうですよね。どうしても前の家と最初は比較しちゃいますよね。
言われてみればそうでした。イギリスからフランスに移った時も、最初は不満たらたらでしたが、じきなじんでしまいました。
大抵の場合、住み始めると愛着がでてきますよね。

最新の設備や家電。嬉しい反面、日本のハイテクを使いこなせるか心配です。インターネットサービスや携帯のパンフを読んでも、新しい言葉ばかりでなにがなにやら、、、??こんなので日本で暮らしていけるのでしょうか? 心配になってしまいました。
Commented by ポポ手 at 2007-12-08 11:21 x
日本に来ていたのねー。連絡してくれれば良かったのに。とはいえ、こんな強行軍じゃとても会う暇はなかったでしょうが。私も年末進行だし。日本の家、狭いですよね。昔、母が元気だった頃、我が家の居間を みて「通路?」って言ったものです。「死んでもお棺が入らないのでは」とも。最新の設備は羨ましいです。 『源氏』訳が一段落して、スズメさんも強行軍じゃない時にでも、ぜひ!
Commented by suzume-no-oyado at 2007-12-08 15:02
ポポ手さん、水臭くてすみません。忙しくって。でも、もうこんな強行軍は二度とイヤ。せっかく飛行機代出したのに、ああ、もったいない。

「通路?」はこりゃまた、キッツいお言葉。突っ込める余裕がないじゃないですか、、。肩がっくしですね。

今度の帰国は2月中旬ですが、その頃には「源氏」が一段落してるでしょうか? ゆっくり会いたいですね。
Commented by soleiljap at 2007-12-19 09:14
>若いときならいざ知らず、この年でこのスケジュールではちょっとキツイ。

うんうん分かる分かる。健康であればこそ。もう、体調は本調子ですか。
いやん、私はsuzumeさんに会いたかったのに~ 渡したいものもあったのに~(バタバタ)・・・(笑)

先日NZから学会でみえた友人もタイトスケジュールで、今東京から、という手紙が届いた時はもう東京にはいらっしゃらなかったです。

次回は必ずお会いしましょうね!! 

Commented by suzume-no-oyado at 2007-12-19 14:59
ソレイユさん、時間の無い時に限って、友人に連絡するのが遅くなります。「今東京、で、明日もう帰っちゃうの」ってな感じでね。「大抵、なんでもっと早くに連絡くれないのよ」と怒られます。はい。

体調は本調子とまではいきませんが、ソコソコです。
今回、前回と回復力に長けている私でも、ズルズル引きずっています。

私も次回を楽しみにしてます!
<< 犬のクスリ Moelleux au cho... >>