クリスマス・ラブ

なんとも間の抜けたクリスマス・グリーティングになってしまったが、このままやらずに終わるのもなにかと。 なので、、。
f0095873_1622224.jpg

A merry Christmas !!

Joyeux Noel !!

Buon Natale !!



と、とりあえず英・仏・伊語で、ご挨拶。こう書いて、フッと思った。願わくば、これ以上国を変わりたくない。また、新しい言葉なんて、、、う~っ!考えただけで恐ろしい、、、。 

怖い事は考えない、と言う人生のポリシーを守り、ちょっとステキなお話へ。

クリスマスには色々なドラマがつきもの。
特に空港や駅のような出会いと別れの場所なら尚更。

クリスマス前の12月20日、ロンドンから帰ってくる長女を迎えにリナーテ空港へ。
30分遅れの到着。アライバルの扉の前で待つ。

何を考えているのか、通路のマン真中に突っ立っている女性ふたり。中から出てくる人の邪魔になるって考えられないんだろうか?あ、考えられてたら、そんな所に立っていないだろうって?そりゃ、そうだ。

クリスマスの再会。久しぶりに会う娘や息子、両親。何処の国も一緒。
孫娘がおじいちゃん、おばあちゃんをお出迎え。満面の笑み。可愛いキス。

たくさんの微笑ましいシーン。
おや?でてくる人の感じが変わった。やっとロンドン便の乗客が出てきた模様。
全身黒ずくめの女性。長い黒髪、濃い化粧。アダムス・ファミリーの奥さんに似ている。
恐ろしく大きい男性。どう考えても軍人タイプ。
絵に描いたような、気取った英国紳士も登場。

まだ、出てこないうちの娘。

若い女性登場。迎えに来ている彼を発見。ちょっと泣きだしそうな笑顔。
遠距離恋愛なのかなー?と勝手に想像。お決まりのチュッチュッが始まるんだろうな、とこれまた勝手に想像。

ふたりは歩み寄り、抱き合う。言葉は無い。キスも無い。ただ、ただ抱き合う。
彼の手には、一輪のバラの花。
無言の抱擁はまだ続く。お互いの存在を確かめるような、そんな静かな抱擁。
なんだか、ステキ。
いつしか、待っている全員が観客になっていた。
ウルッとするおばあさん。私の目にもつい涙が。

そして、静かなカップルは立ち去っていった。

ドラマを感じてしまった瞬間。そんな感動の時を打ち破るように、呼び捨てで呼ばれた我が名前。失礼な、誰よ、誰ッ?

ぽ~っとしていた時に出てきた長女。 私を見つけて、ニッコリ笑って手を振ったが全然反応無し。「アホか、うちの母親はっ!」と半ばあきれて、呼び捨てにして叫んだ母の名前だった。

一瞬、ムッとして、我に帰った。

お帰り。

f0095873_16393.jpg

今年から参加したサンタの音楽隊。


長女が5歳くらいのときに、粘土で作ったナティビティー・ドール。
f0095873_1613794.jpg



ロゴの天使の人形は、あけみさんがくれたリモージュのアンティーク。
本当はTOOTH FAIRYだけれど、キラキラしてクリスマスっぽい。そこの蓋を開けると、中の絵がまた可愛いのが好き。
f0095873_16102590.jpg

[PR]
by suzume-no-oyado | 2007-12-27 16:00 | 暮らし | Comments(2)
Commented by nozomina-n at 2007-12-29 07:41
今日はこちらから、、こんばんは~!

クリスマスラブ、いいですね~。
最後のおちに、ぷっと笑いました!

ロンドンといえば、1月中旬にちょこっとだけロンドンに行くのです。
また、オススメのレストランなどありましたら教えてくださいね。
また新年にでもお会いできたら嬉しいです!
Commented by suzume-no-oyado at 2008-01-02 05:45
nozominaさん、明けましておめでとうございます。
忙しそうなクリスマスでしたね。でも、楽しそう。 
私たちは、年開けをローマで過ごしてきました。さっき帰って来たところです。今、お茶漬けを食べて、胃も心もホッとした所。

ロンドンですか。いいですねー。その前に、お会い出来たらいいですね。
近いうちに連絡します。
<< 明けましておめでとう! 反省デー >>