明けましておめでとう!

気がつけば、既に年明け3日目。

年明けは、我家では珍しく外で向かえた。何処かと言うと、法王のお膝元ローマである。
おおっ!と思う方がいると思うが、何てこと無い、しこたま食べて飲んだ後、夫婦でベッドで寝っ転がりながら、ホテルの部屋のわびしいくらい小さなテレビを見ながらのカウントダウン。レストランでの外食も悪くは無いが、やはり年越し蕎麦を食べて、シャンパン片手のカウントダウンの方がやっぱり「晴れて年越し」の感がある。

ローマで年越しを思いついたのは、たまたまロンドンから帰って来た長女がたまたまローマに遊びに来ている友人と年越しをしたいと言い出したから。娘の口実に親が乗っかった、と言う所。そうでもなければ、「おうち大好き夫婦」は、なかなか外に出ない。

大晦日の夜は、カジュアルなレストランで食事。ほぼ地元の人たちで埋め尽くされていたので、なんとなく私たちは借りてきた猫状態。

大晦日のコースメニューがスタート。

これでもか、と出てきた前菜とプリモは3種類のパスタ。そしてセコンドはお魚とお肉の両方。量が多いのは予め分かっていたので、少しずつ残しながら食べて、おなかに余裕を持たせていたが、ふたつ目のセコンドのお肉料理が来た時には、臭いだけでご馳走様。でも、まったくの手付かずではシェフに申し訳無いので、味見程度にいただく。

気合を入れて食べていた夫でも、さすがに最後はギブアップ。

もう、匂いをかぐのも嫌っと思ってたところに、とどめのレンズマメとソーセージの煮込みが、、。
皆、泣きだしそうだった。「もう無理」と意思表示をしてみたが、一口だけでも、と薦められる。聞けば、幸運を呼ぶ縁起物らしい。なので、喉元までギッチリ詰まっているお料理を抑えながら、涙目でいただいた。これでこなかったら許さない。「カモン、幸運!」である。

最後にシャンパンとケーキ、コーヒーで、水攻めの刑ならず食い攻めの刑が終了。
美味しかったが辛かった。

食べすぎでよれよれの夫と私はそのままホテルへ。
長女は友人と待ち合わせて、ポポロ広場へ。

ロンドンはトラファルガー広場、パリはコンコルド広場、そしてローマはポポロ広場でたくさんの人が集まって年越しをする。

続きはまた。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-01-03 20:08 | 暮らし | Comments(8)
Commented by mitoko at 2008-01-03 22:46 x
明けましておめでとうございます。
イタリア風年越しは、豪食なのですね。
細く長く生きようね、ってお蕎麦をすする日本とは、なんと対照的!
本年もスズメさんとご家族の皆様のお幸せを、心から祈っております。
Commented by suzume-no-oyado at 2008-01-03 23:56
mitokoさん、明けましておめでとうございます。豪食がイタリア風というわけじゃないんです。殆んどのレストランは大晦日の日コースメニューになってました。ってもしかしたら、やっぱりそうなんでしょうかねー。
まだニセコですか?今年はこちらは去年と打って変わって雪がたくさん。日本もそうですか?ああ、はやくスキーに行きたいです。
本年も宜しくお願い致します。
Commented by kagatas-table at 2008-01-04 22:45
suzumeさん
あけましておめでとうございます。
ご無沙汰してます。 
このコース料理読んでいるだけでもお腹いっぱい!
でもおいしそうだわ~
ロンドンではテムズの花火をBBCで見ながら年越ししました。そういえばおそばも食べなかったけど、今年はくれの29日にカレーに買出しにいって初めてフレンチな牛タンを食べました。これが美味しかったぁ~ 
Commented by suzume-no-oyado at 2008-01-04 23:21
kagatasさん、明けましておめでとうございます。本年もよろしくね。
イタリアンのフルコースをいいとこレストランで食べてみたい気がしますが、食べきれる自信が無く断念しています。ほんと、イタリア人ってよく食べます。イギリス人もよく食べると思いますが、イタリア人には負けそうです。

恒例のカレー買出しですね。そういや、ミラノにも1件だけ「ピカール」がありました。嬉しい♪とはしゃいだ割にはまだ行ってません。パリと同じ物が置いてあるといいんだけどなー。

テムズの花火綺麗だったのでしょうね。カウントダウンのビックベンが懐かしいです。
Commented by soleiljap at 2008-01-09 10:20
一月いっぱいはお正月とも言いますが、松の内を過ぎると、町はすっかり平常モードです。
年賀状でご挨拶したけれど、こちらでも、

明けましておめでとうございます。
爆竹といえば、大昔パリにいたときはかなりの量の爆竹を投げていました。規制されたのね。
ローマで迎える新年。素敵だわ。本年もよろしくお願いします♪
Commented by suzume-no-oyado at 2008-01-09 15:06
ソレイユさん、本年も宜しくお願いします。
そう、パリでも爆竹でしたか。私は本質的にヒッキー系なので、大晦日にそんな人のたくさん集まる所は行った事がありません。だから、娘からの情報ですが、コンコルドの真中に市の担当者達が花火の場所を設けて、一般の人が近寄れなくしてあるそうです。だから、わんさと人がいるのは広場の回りとなるわけですね。
そういう事をとってもパリはきちんとしていますが、イタリア特に南は無法地帯って感じです。ナポリはゴミダメ状態だし、、。

パリもミラノも、まだクリスマスの飾り付けがあります。イギリスは、年明け最初の日曜日に殆んど撤去されますが、この2都市に関しては、かなりひっぱります。

イギリスの場合、クリスマスは前後2週間と基本的にされていて、前はともかくクリスマス後にクリスマスのものがあるとバッドラックとされているせいかもしれませんが。それをきちんと守っているってことは、けっこう迷信深いのかもしれませんね。
Commented by ポポ手 at 2008-01-10 16:45 x
ローマで年越しいいですねぇ。ポポロ広場ってことばにポポ手としては魅かれました。今年もよろしくお願いします。
Commented by suzume-no-oyado at 2008-01-13 17:51
ポポ手さん、お元気でしたか? 今年は貴方にとって大きな年になりそうですね。陰ながら応援してます。
こちらこそ今年も宜しくお願い致します。
<< 恐い年越し クリスマス・ラブ >>