怒りの功名

週明けの月曜日はいつも疲れている気がするが、なぜか今日は爽やかな目覚め。
ああ、そうだった。
先週の水曜日の夜、突然吐き気と腹痛に襲われ、その晩はゲロ用のボウルを抱えて苦しんだ。朝方、思いっきりゲロって、少し楽になったものの、おなかの痛みは消えず、何も食べれず、声も出せず、久々に辛い思いをした。

2日間で、食べたものは水とクラッカー。
娘に「痩せるかもね」と言われたが、病気で減った体重は、いつも、ほぼ1日で戻ってしまう、恐ろしいほどの健康体。期待はしていない。

結局、週末を含め、4日間。欲しいままに寝た。
こんなに寝たのは、何年ぶりだろう。

なので、すっかり元気。

学校に行く前に、いつものようにトフィーのお散歩。
週末は雨だったので、とっても天気はいいわけじゃないけれど、ちょっとすっきり。
傘を持ってのウンチ取りは、かなり面倒くさい。

家の周りをぐるっとまわって、もうすぐ終わりという時。
トフィーが電柱でポーズだけのおしっこをしていたら、なにやら怒鳴り声が。

何かしら?と思ったら、電柱の横の家の中の男が叫んでいるのは、なんと私に。
え?なにか悪い事をしたかしら?って急に不安になる。

よく聞いてたら、家の前で犬におしっこをさせるな!って。
家の前って、その家の外の歩道に立っている電柱。
その家の塀にしているならいざ知らず、歩道の電柱。

なにか問題?!

そう思った途端、理不尽に怒鳴られた事にむかっ腹が立ち始め、口から出たのが
「この電柱、あんたのかいっ?」って。

さらに、まくしたてる男。終いには、「この日本人がっ!」って罵られた。
思わず、この○○人がっ!(イタリア人ではありません)ってこっちも捨て台詞をしたくなったが、関わりたくなかったので無視。

そんな、超ムカツイタ朝になり、怒りがなかなか収まらなかった私は、この怒りを学校の皆と分かち合うべく、学校に行くトラムの中で必要な単語を全部調べ上げた。

クラスメート、先生、はたまた校長先生まで巻き込んでの状況説明。

「そりゃ、おかしいよ。」  「別に問題ないじゃない。」
「頭おかしいんじゃないの。」  「気にしない、気にしない。」

同調と同情と慰めいっぱいで、やっと落ち着いた。
ありがとう、みんな。

でも、怒りのお陰で、この1件はイタリア語で話せるようになった。

そう思うと、良い一日だったのかも知れない
やっぱり、物は考えようだ。
[PR]
by suzume-no-oyado | 2008-01-15 08:11 | 暮らし | Comments(2)
Commented by ポポ手 at 2008-01-23 11:20 x
今日は東京では雪降ってます。私は最近、論理的思考がますますできなくなって、頼まれてる原稿がそれを必要とするものなんで書けなくて困ってます。でもそのおかげで、なんか、以前より嫌なことが減ってきた感じ。って、なんでか分かんないでしょう。すでに論理的思考ができてないのですが、何かをなくすかわりに何かを得るってこと、あるなぁって。この日記を読んで、ますます僧感じました。イタリア語、頑張ってる雀さん、凄い偉い。
Commented by suzume-no-oyado at 2008-01-23 15:32
ポポ手さん、良いのか、悪いのかって感じですね。でも、やっぱりいい事なんですよ。うん。

最近、ロシア人の女の子のお陰で、ヘタながら喋るようになりました。変な躊躇がなくなった感じです。トロトロ、ヘロヘロですけどね。でも、近所の人とも八百屋のおっちゃんとも、「元気?」以外の会話が出来て、ちょっと嬉しい今日この頃です。

ちょうど、メールしようと思ってたところです。これから学校なので、帰ってきてから書きます。じゃ、また。
<< ささやかな喜び 小さな間違い大きな間違い >>